現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Excel でデータが入力されているセルの個数を簡単に数えたい

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

blurb
Excel (エクセル) で COUNTA や COUNTIF 関数を使ってセルの個数を調べる方法を画面写真と会話でご紹介します。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/a-b_co-worker-panic.gif
アンケートの有効回答数を数えているんすが、データが多くて……。何かいい方法、ありませんか?
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/q-g_co-worker-notice.gif
それなら COUNTA という関数を使うといいわよ。COUNTA は、指定したセル範囲にある空白以外のセルを数える関数なの。

簡単だから、早速、試してみましょう。まず、集計結果を表示させるセルを決めて、「=COUNTA(」と入力してみて。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/a-b_co-worker-question.gif
これでいいですか?
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/q-g_co-worker-explain.gif
ええ。そうしたら、続けて、集計の対象となるデータが入力されているセルの範囲を入力するの。

このとき、列や行の見出しなどデータ以外の文字列が入力されている部分は範囲に含めないこと。この表では、A 列や 3 行目がそうよ。

それと、見た目には何も入力されていなくても、半角や全角のスペースが入力されていたりすると、空白以外のセルとしてカウントされてしまうから、注意してね。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/a-b_co-worker-standard.gif
はい。アンケートの回答は、左上がセル B4、右下がセル M53 の範囲に入力されているんですが……。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/q-g_co-worker-smile.gif
その場合、"=COUNTA(" に続けて、「B4:M53)」と入力してから、Enter キーを押して確定してみて。

http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/a-b_co-worker-yes.gif
関数を入力したセルに "450" と表示されました。これが有効回答の総数か。こんなに簡単に集計できちゃうんだ……。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/q-g_co-worker-explain.gif
"=COUNTA(B4:M53)" という式のセル範囲、つまり "B4:M53" の部分を変更すれば、四半期ごとや、顧客 ID ごとの有効回答数を集計することもできるわよ。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/a-b_co-worker-smile.gif
関数って、使ってみるとすごく便利ですね。もしかして、回答が A の数や B の数をそれぞれ集計したりすることも、できたりして?
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/q-g_co-worker-standard.gif
もちろん、できるわよ。特定の値が入力されているセルの数を集計するときは、COUNTIF という関数を使うの。

COUNTIF の場合、集計対象のセル範囲の後に続けて、検索条件を指定するのよ。たとえば、セル範囲 B4:M53 で、"A" という値が入力されているセルの数を集計したい場合は、「=COUNTIF(B4:M53,"A")」と入力すればいいの。


検索条件は、「"A"」や「"B"」のように、二重引用符で囲んで入力する必要があるので、注意してね。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/a-b_co-worker-say.gif
式を入力して Enter キーを押すと……。"220" と表示されました。これが、"A" の数か。あっという間に集計できて、数え間違える心配もないなんて、関数を使わない手はないですね。
http://support.microsoft.com/library/images/support/kbgraphics/public/ja/pctalk/faces/q-g_co-worker-explain.gif
応用編として、たとえば、検索対象が 1、2、3、……などの数値の場合に、"3 より大きい値が入力されているセル" を集計することもできるのよ。その場合、検索条件のところに「">3"」と式を入力して、「=COUNTIF(B4:M53,">3")」というようにすればいいの。今度、試してみてね。
プロパティ

文書番号:952196 - 最終更新日: 10/29/2014 07:14:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Excel 2013, Microsoft Excel 2010, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office Excel 2003, Microsoft Excel 2000 Standard Edition

  • kbtypenonkb kbhowto kbexpertisebeginner KB952196
フィードバック