FIX、セキュリティで保護された環境での ClickOnce の導入を使用してアプリケーションを展開する際、.application ファイルをダウンロードできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:952324
現象
次のシナリオを検討してください。
  • アプリケーションを配置するには、セキュリティで保護された環境での ClickOnce の導入を使用しています。
  • クライアント コンピューターは、プロキシを使用する設定します。サーバーです。
  • クライアント コンピューターでプロキシ サーバーをバイパスする設定します。ローカル アドレス。
  • クライアント コンピューター上にある Machine.config ファイルに、設定します。は、 有効になっています。 false は、defaultproxy 機能の属性。
このシナリオでは、.application ファイルをダウンロードできません。また、次の情報は ClickOnce 展開のエラー ログに記録されます。
プラットフォームのバージョン情報
Windows: 5.1.2600.131072 (Win32NT)
共通言語ランタイム: 2.0.50727.832
System.Deployment.dll: 2.0.50727.832 (QFE.050727-8300)
mscorwks.dll: 2.0.50727.832 (QFE.050727-8300)
dfdll.dll: 2.0.50727.42 (RTM.050727 4200)
dfshim.dll: 2.0.50727.42 (RTM.050727 4200)

ソース
配置 url: http://DeployServerName: 8000/YourClickOnceApplication.application

エラーの概要
これらのエラーの詳細がログに後で記載されているエラーの概要を次に示します。
* Http://のアクティブ化DeployServerName: 8000/YourClickOnceApplication.application で例外が発生しました。次のエラー メッセージが検出されました。
+ オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。

コンポーネント ストア トランザクション失敗の要約
トランザクション エラーは検出されませんでした。
警告

この処理中に警告がありません。

操作の進行状況
* [2008/1/11 1時 01分: 25 PM]: http://のアクティブ化DeployServerName: 8000/YourClickOnceApplication.application を開始しました。

エラーの詳細
この操作中に次のエラーが見つかりました。
* [2008/1/11 1時 01分: 25 PM] System.NullReferenceException
オブジェクト参照がオブジェクト インスタンスに設定されていません。
-ソース: System.Deployment
スタック トレース:
System.Deployment.Application.SystemNetDownloader.DownloadSingleFile(DownloadQueueItem next) で
System.Deployment.Application.SystemNetDownloader.DownloadAllFiles() で
System.Deployment.Application.FileDownloader.Download (SubscriptionState された下位状態) で
System.Deployment.Application.DownloadManager.DownloadManifestAsRawFile (Uri & sourceUri、文字列ターゲット パス、IDownloadNotification の通知、DownloadOptions オプション、ServerInformation & serverInformation) は
System.Deployment.Application.DownloadManager.DownloadDeploymentManifestDirectBypass (SubscriptionStore subStore、Uri & sourceUri、テンポラリ & テンポラリ、SubscriptionState & された下位状態、IDownloadNotification 通知、DownloadOptions オプション、ServerInformation & serverInformation) は
System.Deployment.Application.DownloadManager.DownloadDeploymentManifestBypass (SubscriptionStore subStore、Uri & sourceUri、テンポラリ & テンポラリ、SubscriptionState & された下位状態、IDownloadNotification 通知、DownloadOptions オプション)
System.Deployment.Application.ApplicationActivator.PerformDeploymentActivation (ブール値 isShortcut Uri activationUri) は
System.Deployment.Application.ApplicationActivator.ActivateDeploymentWorker (オブジェクトの状態) で

コンポーネント ストア トランザクションの詳細
トランザクション情報はありません。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。この問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストが表示されます。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、次のマイクロソフトのリリースを待つことをお勧めします。NET Framework 2.0 サービス パックこの修正プログラムが含まれています。

この問題を解決するには、マイクロソフト カスタマー サポート サービス、修正プログラムを入手するに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新で問題が解決されると判断した場合は特殊なケースでは、料金が通常のサポート免除されるキャンセルする可能性があります。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。

メモクライアント コンピューターにこの修正プログラムを適用する必要があります。

前提条件

ありますが。この修正プログラムを適用するのには NET Framework 2.0 Service Pack 1 をインストールします。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
System.deployment.dll2.0.50727.1829933,8882008 年 5 月 02-00: 24x 86
回避策
この問題を回避するには、次の手順を実行します。

重要です 次の手順、セキュリティ上のリスクが増加します。これらの手順は、コンピューターまたはネットワークの脆弱性により悪意のあるユーザーまたはウイルスなど悪質なソフトウェアによる攻撃をもことがあります。説明が設計どおりに動作するために、または特定のプログラム機能を実装するのには、プログラムを有効にするのにはすることをお勧めします。これらの変更を行う前に、使用している環境でこのプロセスを実装するのに関連付けられているリスクを評価することをお勧めします。このプロセスを実装する場合は、システムを保護するために、適切な追加手順を実行します。本当にこのプロセスを必要とする場合は、このプロセスを使用することをお勧めします。
  1. 次のコードは、Machine.config ファイルに見つかりません。
    <defaultProxy enabled="false" useDefaultCredentials="false">
    次に、するには、次のコードを変更します。
    <defaultProxy enabled="true" useDefaultCredentials="false">
    メモ このファイルは、通常、次のパスにあります。
    %WINDOWS%\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\CONFIG
  2. クライアント コンピューターを再起動します。
メモ この回避策は、クライアント コンピューター上のセキュリティ レベルが減少します。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
917952FIX で作成した ClickOnce アプリケーションをインストールしようとするとエラー メッセージの。プロキシ サーバーを使用するように構成されたクライアント コンピューターの NET Framework 2.0:「プロキシ認証が必要」
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 952324 - 마지막 검토: 08/11/2011 14:56:00 - 수정: 3.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt KB952324 KbMtja
피드백