Excel 2007 または Excel 2010 でピボット テーブルを更新すると、特定の範囲に設定された条件付き書式が削除される場合がある

現象
Microsoft Office Excel 2007 または Microsoft Excel 2010 でピボット テーブルを更新すると、ピボット テーブルのデータ範囲を超えた範囲に条件付き書式を設定している場合、条件付き書式が削除される場合があります。
回避策
ピボット テーブルの条件付き書式を設定する際、以下のいずれかの設定をしてください。なお、Microsoft Office Excel 2003 以前のバージョンの Excel と共有する必要がある場合は、方法 1 で対処する必要があります。

方法 1 : ピボット テーブル上のデータが表示されているセル範囲のみに条件付き書式を設定

  1. ピボット テーブル上のデータをクリックします。
  2. [ホーム] タブの [条件付き書式] をクリックして [新しいルール] をクリックします。
  3. [新しい書式ルール] ダイアログで、[ルールの適用対象] に [選択したセル範囲] を選択しデータが表示されているセル範囲を指定します。
  4. [ルールの種類を選択してください] と [ルールの内容を編集してください] に必要なルールと書式を設定して [OK] をクリックします。
注 : 既にセル範囲に対して条件付き書式を設定してある場合は、[ホーム] タブの [条件付き書式] をクリックして [ルールの管理] をクリックし、[適用先] をピボット テーブル上のデータが表示されているセル範囲に変更してください。

方法 2 : 条件付き書式の [ルールの適用対象] に [値が表示されているすべてのセル] を選択して設定

  1. 既にセル範囲に対して条件付き書式を設定してある場合は、[ホーム] タブの [条件付き書式] の [ルールのクリア] からルールをクリアします。
  2. ピボット テーブル上のデータをクリックします。
  3. [ホーム] タブの [条件付き書式] をクリックして [新しいルール] をクリックします。
  4. [新しい書式ルール] ダイアログで、[ルールの適用対象] に 2 番目の [<計算の種類> 値が表示されているすべてのセル] または 3 番目の [<フィールド名> の <計算の種類> 値が表示されているすべてのセル] を選択します。
  5. [ルールの種類を選択してください] と [ルールの内容を編集してください] に必要なルールと書式を設定して [OK] をクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順

  1. データを A2:C5 の範囲に以下のように入力します。

    ABC
    1
    2担当者商品名数量
    3AX10
    4AY20
    5BZ30
  2. データを入力した A2:C5 の範囲を選択します。
  3. [挿入] タブの [ピボット テーブル] をクリックし、[ピボット テーブル] をクリックします。[ピボット テーブルの作成] ダイアログ ボックスが表示されます。
  4. [テーブルまたは範囲を選択] が選択され、[テーブル/範囲] ボックスに Sheet1!$A$2:$C$5 と表示されていることを確認します。
  5. [既存のワークシート] を選択し、[場所] に Sheet1!$A$10 と入力します。または、[テーブル/範囲] の右側のダイアログ縮小ボタンをクリックして Sheet1 の A10 を選択してから、ダイアログ展開ボタンをクリックします。
  6. [OK] をクリックすると、ピボット テーブルが追加されます。
  7. 右側の [ピボット テーブルのフィールド リスト] で [担当者]、[商品名]、[数量] のチェック ボックスをオンにします。
  8. B11:B17 の範囲を選択します。
  9. [ホーム] タブの [条件付き書式] をクリックし、[セルの強調表示ルール] をクリックして [指定の値に等しい] をクリックします。
  10. [指定の値に等しい] ダイアログ ボックスで以下の通り設定し、[OK] をクリックします。
    • [次の値に等しいセルを書式設定] に 10 と入力します。
    • [書式] に [濃い赤の文字、明るい赤の背景] が設定されていることを確認します。
  11. [ホーム] タブの [条件付き書式] をクリックし、[ルールの管理] をクリックします。
  12. [書式ルールの表示] で [このワークシート] を選択し、以下のルールが指定されていることを確認します。

    ルール書式適用先
    セルの値 = 10(赤のサンプル文字が表示)=$B$10:$B$17
  13. [書式ルールの表示] で [ピボット テーブル: ピボット テーブル1] を選択し、手順 12 と同じルールが指定されていることを確認します。
  14. [閉じる] ボタンをクリックします。
  15. [ピボット テーブル ツール] タブの [更新] ボタンをクリックします。

結果

手順 8 の条件付き書式で設定した書式が消去されます。また、[ホーム] タブの [条件付き書式] をクリックして [ルールの管理] をクリックして確認すると、[このワークシート] の [適用先] が =$B$17
$ (実際のデータが入力されていないセルのみ) に変更されています。 
プロパティ

文書番号:953275 - 最終更新日: 09/20/2016 12:58:00 - リビジョン: 3.0

,

  • kbharmony kbnofix kbbug kbtshoot kbexpertiseinter KB953275
フィードバック