現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Excel 2007 または Excel 2010 で作成したファイルを Excel 2003 以前のバージョンで開くと設定した色が変更される

現象
Microsoft Office Excel 2007 または Microsoft Excel 2010 でファイルを作成し、Microsoft Office Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開いた際に、以下に記述する操作を実行した場合、設定した色が変更されます。

セルの塗りつぶしの色、フォントの色

Excel 2007 または Excel 2010 でセルの塗りつぶしの色またはフォントの色に指定した色が、Excel 2003 以前のバージョンで使用される標準の色の一覧に存在しない場合があります。その場合は Excel 97-2003 ブック形式でファイルを保存する時に実行される互換性チェックによって、Excel 2003 以前のバージョンの Excel でサポートされていない書式が設定されていることを知らせる、次の警告メッセージが表示されます。

互換性チェック 警告メッセージ

そのままファイルを保存し、Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開きなおすと、Excel 2003 以前のバージョンで使用される標準の色の中から最も近い色が自動的に割り当てられます。そのため、Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開いた際に Excel 2007 または Excel 2010 で設定した色とは異なる色で表示される場合があります。

また、Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開き、標準の色に近い色に変更された状態でファイルを上書き保存すると、次回 Excel 2007 または Excel 2010 でファイルを開いた際にも Excel 2003 以前のバージョンで変更された標準の色で表示されます。

グラフや図形のフォントの色

Excel 2007 または Excel 2010 でグラフを作成して、グラフ タイトルなどのグラフ オブジェクトのフォントの色を設定した場合や、図形を作成してテキストを追加し、文字列のフォントの色を設定した際に指定した色が、Excel 2003 以前のバージョンで使用される標準の色の一覧に存在しない場合があります。その場合、Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開きなおすと、Excel 2003 以前のバージョンで使用される標準の色の中から最も近い色が自動的に割り当てられます。そのため、Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開いた際に Excel 2007 または Excel 2010 で設定した色とは異なる色で表示されます。

ただし、Excel 2007 または Excel 2010 にて Excel 97-2003 ブック形式でファイルを保存する時、互換性チェックの警告メッセージは表示されません。

Excel 2003 以前のバージョンでファイルを開き、標準の色に近い色に変更された状態でファイルを上書き保存しても、Excel 2003 以前のバージョンで意図して色の変更作業をしなければ、次回 Excel 2007 または Excel 2010 でファイルを開いた際に Excel 2007 または Excel 2010 で設定した色で表示されます。

補足 : グラフのデータ系列やグラフ エリアに塗りつぶしの色を設定した場合、および図形に塗りつぶしの色を設定した場合は、Excel 2007 または Excel 2010 で設定した色が Excel 2003 でも保持されて表示されます。
原因
この現象は、Excel 2003 以前のバージョンでは、塗りつぶしの色やフォントの色を設定する際に、標準の色から選択しますが、Excel 2007 および Excel 2010 では、Microsoft Office 2007 および Microsoft Office 2010 で新たな描画エンジンが導入されたため、セルやオブジェクトの書式を適用する方法が変更され、テーマに基づいた色のギャラリーおよび標準の色から選択するため発生します。
回避策
Excel 2007 または Excel 2010 と Excel 2003 以前のバージョンで、同じ色の設定をするには、次の手順を実行し、ファイルごとに保持している標準の色を変更します。

ここでは、Excel 2007 の手順を記載します。
  1. Excel 2007 を起動します。
  2. A1 セルの上で右クリックし、[セルの書式設定] をクリックします。

    セルの書式設定
  3. [塗りつぶし] タブの [その他の色] ボタンをクリックします。

    その他の色
  4. [色の設定] ダイアログ ボックスで任意の色を設定します。

    色の設定
  5. [色の設定] ダイアログ ボックスの [ユーザー設定] タブをクリックし、[カラー モデル] が [RGB] に設定されていることを確認します。

    カラー モデル
  6. [赤]、[緑]、[青] のそれぞれの数値を確認し、記録します。

    カラー値
  7. [OK] ボタンを 2 回クリックして、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを閉じます。
  8. Microsoft Office ボタン (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Excel のオプション] をクリックします。

    Excel のオプション
  9. [Excel のオプション] ダイアログ ボックスの左側のメニューから [保存] をクリックし、右側に表示されている [ブックの外観の保持] から [色] ボタンをクリックします。

    ブックの外観の保持
  10. [色] ダイアログ ボックスの [標準の色] の一覧から、新しい色に置き換わっても問題ない色を選択し、[変更] ボタンをクリックします。

    標準の色
  11. [色の設定] ダイアログ ボックスが起動したら、[ユーザー設定] タブで、手順 6 で記録した RGB 番号を入力します。

    ユーザー設定
  12. [OK] ボタンを 3 回クリックして、開いたダイアログ ボックスを閉じます。
  13. Microsoft Office ボタン (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[名前を付けて保存] メニューの [Excel 97-2003 ブック] メニューを選択して保存します。

    ファイルの種類
  14. 手順 13 で保存したファイルを Excel 2003 以前のバージョンで開きます。
  15. Excel 2007 で設定したセルの塗りつぶしの色が変更されずに表示されることを確認します。
プロパティ

文書番号:953536 - 最終更新日: 08/20/2010 07:57:00 - リビジョン: 3.1

Microsoft Excel 2010, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2000 Standard Edition, Microsoft Excel 2002 Standard Edition

  • kbharmony kbnofix kbbug kbtshoot kbexpertiseinter kbexpertisebeginner KB953536
フィードバック