現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows SharePoint Services 3.0 では、遅延アクティビティがトリガーされる場合は、ワークフローに自動的に再開されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:953630
現象
Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 では、スケジュールされた時刻の終了後も後アンロード ワークフロー、遅延アクティビティがトリガーされると自動的に再開されません。「中」での SharePoint Services のワークフローの状態ページに表示されるワークフローの状態します。
原因
この問題は、次の原因のため発生します。

原因 1

(Microsoft Knowledge Base) 資料 932394 に記載されている修正プログラムは、コンピューターにはインストールされていません。

原因 2

ワークフローは、ワークフローを再開するのには、タイマー イベントがスケジュールされる前にことがありますアンロードします。タイマー イベントがスケジュールされていない場合は、ワークフローを再開します。

原因 3

問題は、SharePoint タイマー サービスが発生します。その他のタイマー サービス機能をテストすることによって、問題を確認できます。たとえば、リスト アイテムを作成するのには、受信メールをテストします。

原因 4

SharePoint のタイマーが正しい時刻に実行するのには構成されていません。ワークフローの遅延活動、SharePoint タイマー サービスによって処理されワークフロー タイマー ジョブのスケジュールに従ってワークフローを再開します。既定では、タイマー ジョブが 5 分ごとに実行する構成されています。たとえば、5 分以内に再開するように構成するワークフロー 9 分と 59 秒後に戻ります。

原因 5

ワークフロー アセンブリをグローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) が上書きされます。この問題は、ワークフロー アセンブリを更新し、既存のワークフロー アセンブリを上書きする場合に発生します。この例では、タイマー プロセスは、古いバージョンのワークフロー定義を使用します。古いバージョンのワークフロー アセンブリは上書きされます、もう存在しないため、ワークフローは再開されません。

通常、GAC 内のワークフローは次の場合に上書きされます。
  • GACUtil を使用して、アセンブリをコピーするのには、ツールします。
  • 手動で Windows エクスプ ローラーを使用して、アセンブリをコピーします。
  • Microsoft Visual Studio 2008 に含まれている、ワークフロー展開関数の Microsoft Office システム (VSTO)、Visual Studio のツールを使用します。

原因 6

ワークフローが再開しない場合でも SharePoint Services で表示される、ワークフローの状態を「処理中」です。

原因 7

  • ワークフローには、ループ停止することはありませんにはが含まれます。たとえば、ワークフロー、カウンターをインクリメントされませんするループ中に載っています。
  • レプリケーター アクティビティ、ワークフローではありませんが InitialChildData プロパティを設定します。
解決方法

原因 1 の解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムをインストールします。
    932394 Microsoft Windows Workflow Foundation で、ワークフローを再読み込みした後、タイマーの操作は再開されません。

    また、Microsoft をインストールすることができます。NET Framework 3 Service Pack 1 (SP1) または、します。NET Framework 3.5。詳細については。NET Framework SP1 の 3 は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。詳細については。NET Framework 3.5 には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. インターネット インフォメーション サービス (IIS) をリセットします。
  3. SharePoint タイマー サービスを再起動します。

原因 2 の解決方法

以下の Knowledge Base の資料に記載されている Windows SharePoint Services の 3.0 更新プログラムをインストールします。
953749 Windows SharePoint Services 3.0 Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムで修正される問題

Windows SharePoint Services 3.0 インフラストラクチャ更新プログラムは、タイマー イベントをスケジュールすることにより、この問題を解決します。

原因 3 の解決方法

タイマー サービスに関連する問題のトラブルシューティングを行うには、以下の方法を使用できます。
  • SharePoint タイマー サービスを再起動します。
  • SharePoint Timer サービス (Owstimer.exe) が実行されていることを確認するのには、作業のモニター (Taskmon.exe) プログラムを使用します。
  • ユニファイド ログ サービス (ULS) ログ ファイル タイマー サービス エラーのエントリが含まれているし、問題のトラブルシューティングを行うことを確認してください。
  • タイマー サービスの問題は、ウイルス対策プログラムが原因でないことを確認してください。

    Windows SharePoint Services 3.0 および Office SharePoint Server 2007 のウイルス対策スキャンの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    952167Windows SharePoint Services 3.0 または SharePoint Server 2007 でファイル レベルのウイルス対策プログラムを使用すると、ウイルス対策スキャンから除外する必要がありますフォルダー

原因 4 の解決方法

この問題を回避するには、ワークフロー タイマー ジョブの適切な間隔を設定するのには、次のコマンドを実行し、SharePoint タイマー サービスを再起動します。
Stsadm – o setproperty –pn ジョブ ワークフロー –pv ワークフロー タイマー ジョブの実行間隔

原因 6 の解決方法

SharePoint タイマー サービスを再起動します。

メモ この解像度は新しく作成されたワークフロー インスタンスに適用されます。既に影響を受けて、既存のワークフロー インスタンスを修正することはできません。新旧のワークフロー インスタンスを追跡するために作成された各アセンブリのバージョン番号を使用できます。

原因 6 の解決方法

ユニファイド ログ サービス (ULS) ログ ファイルのエラー メッセージを確認し、それに応じて問題を解決します。通常は、ワークフローで例外が処理されないし、クラッシュする場合この問題が発生します。

原因 7 の解決方法

ワークフロー定義でループ コンストラクトの問題を確認してください。確認、 InitialChildData レプリケーター アクティビティのプロパティをデータ オブジェクトにバインドされています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:953630 - 最終更新日: 08/11/2011 13:11:00 - リビジョン: 3.0

  • kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt KB953630 KbMtja
フィードバック