特定のハードウェア構成で Windows プレインストール環境 2.x を実行すると、ネットワーク パフォーマンスが低下

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

953700
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ときに Windows プレインストール環境 (PE) 2。 x が次のハードウェア構成で実行されて、低速なネットワーク パフォーマンスが発生します。
  • システムは、Broadcom NetXtreme のギガビット イーサネットで ASIC BCM5704 B0 のバージョンを使用するコントローラー
  • 3 つ以上の Intel 拡張メモリ 64 のあるシステムでインストール テクノロジ (EM64T) プロセッサ
メモ 次のコンピューター、この問題を受けます。
  • Dell PowerEdge 6850
  • IBM xSeries 3850
回避策
この問題を回避するには、次の手順に従います。
  1. ハイパースレッディングがコンピューターの BIOS で無効にします。
  2. Windows PE 2 で、ブート構成データ (BCD) ストアを変更します。 x が 1 つだけの CPU が、オペレーティング システムに表示します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 Windows PE 2: x
    2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します:
      bcdedit Path を格納/{既定} onecpu を設定/
      メモ Path のプレースホルダーは、BCD ストアのパスを表します。 既定では、BCD ストアは、次の場所に存在します。
      Windows PE 2.x で c:\winpe\iso\boot\bcd フォルダー
詳細
1 つの場合、この問題は発生しませんまたは複数、次の条件に該当。
  • コンピューターが ASIC BCM5704 B0 以外のバージョンを使用する Broadcom NetXtreme の 1 イーサネット コントローラーをインストールします。
  • コンピューターがない-Intel EM64T プロセッサに装備されています。
  • Windows PE 1: x が Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているシステムは、上で使用します。
この資料で説明するサードパーティ製品が他社はマイクロソフトとは無関係です。 Microsoft いかなる責任も負わないものと、明示または黙示、これらの製品の信頼性やパフォーマンスに関するします。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:953700 - 最終更新日: 01/16/2015 03:01:35 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows Preinstall Environment (WinPE) 32-bit
  • Microsoft Windows Preinstall Environment (WinPE) 64-bit
  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB953700 KbMtja
フィードバック