SQL Server 2000 で無効になっている SQL Server のインスタンスを確認して有効にする方法

はじめに
この資料では、Microsoft SQL Server 2000 で、無効になっている Microsoft SQL Server サービスのインスタンスを確認して有効にする方法について説明します。
詳細
: Microsoft Windows には複数のバージョンが存在するため、使用中のコンピュータによっては以下の手順が異なる場合があります。この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。

SQL Server 2000 で、SQL Server サービスのインスタンスが無効になっているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に Services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインの [名前] 列で、[MSSQL$(InstanceName)] を見つけます。

    : InstanceName は、インストール時に SQL Server のインスタンスに付けられた名前です。
  3. SQL Server サービスのインスタンスが無効になっているかどうかを確認するには、[スタートアップの種類] 列を参照します。

    [スタートアップの種類] 列には次の値が表示されます。
    • 自動
    • 手動
    • 無効
SQL Server 2000 で SQL Server サービスのインスタンスを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に Services.msc と入力し、[OK] をクリックします。
  2. サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、[MSSQL$(InstanceName)] をダブルクリックします。

    : InstanceName は、インストール時に SQL Server のインスタンスに付けられた名前です。
  3. [MSSQL$(InstanceName)] ダイアログ ボックスの [全般] タブをクリックします。
  4. [自動] または [手動] をクリックします。[スタートアップの種類] ボックスの一覧では、以下のオプションを設定できます。
    • 自動
    • 手動
    • 無効
  5. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
関連情報
SQL Server の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server のバージョンとエディションを確認する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法
Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000) をインストールする方法の関連情報を参照するには、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:953740 - 最終更新日: 06/26/2008 02:25:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition

  • kbexpertiseadvanced kbhowto KB953740
フィードバック