現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

ルーティングとリモート アクセス サービスの暗号化オプション、L2TP と IPSec プロトコルで、Windows Server 2008 ベース ネットワーク ポリシー サーバー (NPS)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:954394
概要
この資料では、ルーティングとリモート アクセス サービスの暗号化のオプション、レイヤー 2 トンネリング プロトコル (L2TP/IPSec) を IPsec でについて、Windows Server 2008 ベースのネットワーク ポリシー サーバー (NPS) とも、IPsec ポリシーの最強の暗号化を構成する方法について説明します。
詳細
次に L2TP と IPSec の使用可能なルーティングとリモート アクセス サービスの暗号化オプションを示します。

暗号化なし

  • ESP sha1
  • ESP md5
  • そうそう sha1
  • そうそう md5

暗号化は省略可能

  • ESP aes_128 SHA
  • ESP 3_des md5
  • ESP 3_des SHA
  • null の HMAC と ESP の AES_128 で AH SHA1
  • NULL の HMAC と ESP の 3_DES で AH SHA1
  • null HMAC、提案なしの有効期間と ESP の 3_DES で AH MD5
  • ESP 3_DES SHA1、なしの有効期間での AH SHA1
  • ESP 3_DES MD5、なしの有効期間での AH MD5
  • ESP DES md5
  • ESP DES SHA1、なしの有効期間
  • AH で ESP DES null HMAC、SHA1 なしの有効期間提案
  • AH で ESP DES null HMAC、MD5 なしの有効期間提案
  • ESP DES SHA1、なしの有効期間での AH SHA1
  • ESP DES MD5、なしの有効期間での AH MD5
  • ESP の SHA、なしの有効期間
  • ESP MD5、なしの有効期間
  • AH SHA、なしの有効期間
  • AH MD5、なしの有効期間

暗号化が必要です。

  • ESP aes_128 SHA
  • ESP 3_des md5
  • ESP 3_des SHA
  • null の HMAC と ESP の AES_128 で AH SHA1
  • NULL の HMAC と ESP の 3_DES で AH SHA1
  • null HMAC、提案なしの有効期間と ESP の 3_DES で AH MD5
  • ESP 3_DES SHA1、なしの有効期間での AH SHA1
  • ESP 3_DES MD5、なしの有効期間での AH MD5
  • ESP DES md5
  • ESP DES SHA1、なしの有効期間
  • AH で ESP DES null HMAC、SHA1 なしの有効期間提案
  • AH で ESP DES null HMAC、MD5 なしの有効期間提案
  • ESP DES SHA1、なしの有効期間での AH SHA1
  • ESP DES MD5、なしの有効期間での AH MD5

強力な暗号化

  • ESP AES_256 SHA、なしの有効期間
  • ESP 3_DES MD5、なしの有効期間
  • ESP 3_DES SHA、なしの有効期間
  • null HMAC で ESP AES_256 で AH SHA1 なしの有効期間の提案
  • null HMAC、提案なしの有効期間と ESP の 3_DES で AH SHA1
  • null HMAC、提案なしの有効期間と ESP の 3_DES で AH MD5
  • ESP 3_DES SHA1、なしの有効期間での AH SHA1
  • ESP 3_DES MD5、なしの有効期間での AH MD5

最強の暗号化

  • ESP AES_256 SHA、なしの有効期間
  • ESP 3_DES MD5、なしの有効期間
  • ESP 3_DES SHA、なしの有効期間
  • null HMAC で ESP AES_256 で AH SHA1 なしの有効期間の提案
  • null HMAC、提案なしの有効期間と ESP の 3_DES で AH SHA1
  • null HMAC、提案なしの有効期間と ESP の 3_DES で AH MD5
  • ESP 3_DES SHA1、なしの有効期間での AH SHA1
  • ESP 3_DES MD5、なしの有効期間での AH MD5

IPsec ポリシーの最強の暗号化の構成方法

IPsec ポリシーの最強の暗号化を構成するには、手順します。
  1. ネットワーク ポリシー サーバー (NPS) コンソールを起動します。 これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 ネットワーク ポリシー サーバー 検索の開始 ボックスに入力し、 ネットワーク ポリシー サーバー
  2. NPS(Local) 、[ ポリシー ] の順に展開左側のナビゲーション ウィンドウで、 ネットワーク ポリシー をクリックして、右ナビゲーションのペインで、関連するポリシーを選択します。
  3. ポリシーをダブルクリックして、[ 設定 ] タブをクリックします。
  4. [ の設定 </a0>] [ ルーティングとリモート アクセス 暗号化 を [します。
  5. 最強の暗号化 (MPPE 128 ビット) 暗号化 (MPPE 128 ビット) チェック ボックスをクリックします。
  6. [ 適用 ] をクリックし、最強の暗号化を適用するには、 [OK] を実行します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:954394 - 最終更新日: 07/15/2008 17:04:00 - リビジョン: 1.1

  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB954394 KbMtja
フィードバック
ow.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>"); &t=">