IIS 7.0 では、Kerberos 認証プロトコルとの統合 Windows 認証を使用する場合にパフォーマンスが低下が発生する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:954873
現象
インターネット インフォメーション サービス (IIS) 7.0 を実行しているコンピューターを使用して、Web アプリケーションのパフォーマンスが低下が発生する可能性があります。この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • IIS 7.0 との統合 Windows 認証を使用するとします。
  • Web サイトにユーザーを認証するのにには、Kerberos 認証プロトコルを使用します。
この問題は、ユーザーがネットワーク帯域幅に制限がある場合に発生する可能性が高い。
原因
この問題は、IIS 7.0 には、Kerberos 認証プロトコルを使用する場合は、HTTP 要求ごとに再認証されるクライアントが必要なために発生します。この現象には、増加するネットワーク トラフィックが発生します。

この動作は、IIS 5.0 での動作によって異なります。IIS 5.0 では、最初の HTTP 要求後に Kerberos プロトコルによって認証されるクライアントは、HTTP キープ・アライブ セッション中に認証されたままです。
解決方法
この問題を解決するには、IIS 7.0 でサーバー レベルでは、 authPersistNonNTLMプロパティの値を設定します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 cmdと入力し、[OK] をクリックします。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    cd %SystemRoot%\System32\inetsrv

    appcmd set config /section:windowsAuthentication /authPersistNonNTLM:true
注: <b>AuthPersistNonNTLMプロパティでは、Kerberos 認証の再認証の要件を制御します。既定では、このプロパティは False に設定します。
詳細
AuthPersistNonNTLMプロパティを True に設定すると後に、同じの keep-alive 接続経由で行われるすべての要求に対しては再認証を必要ありません。別の HTTP 要求を作成する別のクライアントの TCP ポートを使用する場合にのみを再認証する必要があります。このシナリオでは、新しい HTTP キープア セッションを確立する必要がある場合に発生します。

Keep alive の HTTP セッションの詳細については、次のインターネット技術標準化委員会 (IETF) Web サイトを参照してください。IIS 7.0 では、 authPersistNonNTLMの構成プロパティには、IIS 6.0 で使用されている EnableKerbAuthPersist レジストリ キーが置き換えられます。
関連情報
917557 修正プログラム: IIS 6.0 では、Kerberos 認証プロトコルとの統合 Windows 認証を使用するとパフォーマンスの低下を発生ことがあります。
他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、この連絡先情報は予告なしに変更される場合があります。マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:954873 - 最終更新日: 06/11/2016 19:26:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Internet Information Services 7.0

  • kbtshoot kbprb kbmt KB954873 KbMtja
フィードバック