インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年でのネットワーク コネクタを介して企業ネットワークに接続されているときユーザーが企業ネットワークのほかに他のネットワークにアクセスできます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:955082
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ユーザーは、ネットワーク コネクタ機能インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007年を使用して、企業ネットワークに接続します。 既定では、IAG を制限しませんユーザー アクセス、企業ネットワークに。 代わりに、ユーザーは企業ネットワークのほかに他のネットワークをアクセスできます。
原因
ネットワーク コネクタ機能、企業ネットワークへのレイヤー 3 VPN トンネルを作成します。 既定では、ユーザーのアクセスは、特定のネットワークに制限はありません。 したがって、ユーザー アクセスできます、企業ネットワークとインターネットの両方、企業ネットワークに接続している間。 この構成を"トンネリング分割"と呼びます。
解決方法
特定のネットワークへのユーザー アクセスを制限するには、次の手順分割トンネリングを無効にするに従います。
  1. IAG 2007 を実行しているサーバーで IAG 構成コンソールを開きます。 これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 クジラ通信 IAG ] をポイントし、 構成 します。
  2. パスワードを入力されたら、してから [OK] ボタンをクリックするとします。
  3. [ 管理 ] メニューの [ ネットワーク コネクタ サーバー ] をクリックします。
  4. アクセス制御 ] タブで、[いずれかに応じて次のオプションをクリックします。
    • 非-分割トンネリング (ルート インターネット トラフィック企業内のゲートウェイを使用)
    • インターネット アクセスのないです。
    メモ ない分割トンネリング オプションが選択されている場合、ユーザーは、インターネット、企業のゲートウェイを介してのみアクセスできます。 インターネット アクセスのなし オプションが選択した場合ユーザー インターネットにアクセスできません。 また、企業ネットワークにアクセスできないようにする、[ ローカル エリア ネットワーク アクセスの無効にする ] チェック ボックス選択できます。
  5. [ OK] をクリックします。
  6. [ ファイル ] メニューの [ ライセンス認証を行う を] をクリックします。
  7. [ アクティブ化 アクティブ化の操作を確認する] をクリックし、 [OK] を実行します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:955082 - 最終更新日: 01/15/2015 10:13:26 - リビジョン: 1.0

Intelligent Application Gateway 2007

  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt KB955082 KbMtja
フィードバック