ネットワーク コネクタ機能でインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) を複数の DNS サフィックスを使用しての構成方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

955106
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) を複数の DNS サフィックスを使用してネットワーク コネクタ機能を構成できます。 この構成はネットワーク コネクタ ユーザーは内部ホストにアクセスするときに完全修飾ドメイン名 (FQDN) を入力する必要が最小化します。

ここでは複数の DNS サフィックスを使用するネットワーク コネクタを構成する方法について説明します。
詳細
複数の DNS サフィックスを使用するネットワーク コネクタを構成するには、次の方法のいずれかを状況に応じて使用します。

1 つの追加の DNS サフィックスを追加するには

1 つだけ追加のサフィックスを追加する場合は、次の手順に従います。
  1. IAG を実行しているサーバーで IAG 構成コンソールを開きます。 これを行うには、 [スタート ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 クジラ通信 IAG ] をポイントし、 構成 します。
  2. [ 管理 ] メニューの [ ネットワーク コネクタ サーバー ] をクリックします。
  3. Network Segment ] タブで、[ DNS サフィックス ] ボックスに、追加する DNS サフィックスを入力し、[ OK ] をクリックします。
  4. [ ファイル ] メニューの [ ライセンス認証を行う を] をクリックします。
  5. [ アクティブ化 アクティブ化の操作を確認する] をクリックし、 [OK] を実行します。

複数の追加の DNS サフィックスを追加するには

複数の DNS サフィックスを追加する場合は、内部ネットワーク アダプターの TCP/IP 設定で、DNS サフィックスを構成できます。 これを行うには、次の手順を実行します。
  1. IAG を実行しているサーバーで 開始 ] をクリックして、 コントロール パネル ] をポイントし、 ネットワーク接続 をクリックします。
  2. 内部ネットワーク用のネットワーク アダプターを右クリックし、 プロパティ を実行します。
  3. [ この接続は、次の項目を使用 ] 一覧から [ インターネット プロトコル (TCP/IP) ] をクリックし、 プロパティ
  4. [ 全般 ] タブの [ 詳細設定 を] をクリックします。
  5. [ DNS ] タブで、 追加以下の DNS サフィックスを順) ] をクリックして、[ 追加 する DNS サフィックスを追加する] をクリックします。
  6. [OK を] を 3 回クリックします。
関連情報
DNS サフィックス検索一覧の詳細については参照の次のマイクロソフト Web サイトをしてください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:955106 - 最終更新日: 01/15/2015 16:02:02 - リビジョン: 1.0

  • Intelligent Application Gateway 2007
  • Whale Communications Intelligent Application Gateway 3.6
  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB955106 KbMtja
フィードバック