FIX SQL Server 2005 では、最後にコピーされたトランザクション ログに関するファイル情報と最後に復元されたトランザクション ログに関するファイル情報がないです。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:955693
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
# をバグ: 50002989 (SQL 修正プログラム)

Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
概要
ここにはこの修正プログラムのリリースに関する次について説明します。
  • この修正プログラム パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム パッケージをインストールするための必要条件
  • この修正プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますか
  • 修正プログラム パッケージが他の修正プログラム パッケージによって置き換えられますかどうか
  • レジストリの変更が必要かどうか
  • この修正プログラム パッケージに含まれているファイル
現象
次のシナリオを検討してください。2005 年の Microsoft SQL Server に配布する構成ログを作成します。セカンダリ サーバー インスタンスでログ バックアップが復元されると、ログ配布の構成をスクリプトします。その後、ログ配布構成を再作成するのには、スクリプトを使用します。ログ配布構成を再作成すると、ログ配布の監視サーバーのレポートを表示します。このシナリオでは、最後にバックアップされたトランザクション ログに関するファイル情報のプライマリ データベースまたはコピーされ、セカンダリ サーバーで復元された最後のトランザクション ログだけを取得できます。しかし、どちらのトランザクション ログに関するファイル情報を取得することはできません。最後にコピーおよび復元または最後にバックアップされたトランザクション ログに関するファイル情報がありません。
原因
いくつかのログ配布ジョブ、ログ配布構成のスクリプトとスクリプトされないために発生します。
解決方法
Logshipping 操作は、この不具合の影響を受けないことに注意してください。このバグは、監視およびスクリプティング機能をのみ影響します。「原因」セクションを表示するには、モニターに間違った情報が誤っている場合は、初回のセットアップから生成されたスクリプトを発生します。修正プログラムは現在 Logshipping の構成が完全に正しくするためのスクリプトに基づいてスクリプトを生成するとき Logshipping の再インストールがされます。ただし、「関連情報」に記載されている追加手順を実行する必要があります。

適切なスクリプトと、Logshipping を監視する機能があることを確認するのには、次の手順を実行します。
  1. この修正プログラムを適用します。
  2. SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、スクリプトを生成します。
  3. スクリプトを更新するには、「関連情報」セクションで、オプションのいずれかを使用して。
  4. LogShipping は、変更後のスクリプトを使用して再構成してください。

累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2005 Service Pack 2 を入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
953752 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
特定の SQL Server のサービス パックの Microsoft SQL Server 2005年の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この記事では、LogShipping 構成のスクリプトを作成する場合は、次のオプションのいずれかを確認してくださいしてください記載されている修正プログラムを適用した後、適切なスクリプトを取得します。

オプション 1

監視サーバー、プライマリ サーバーまたはセカンダリ サーバー上、既存の構成を持つ場合、このオプションを使用できます。このようなシナリオを検討してください。
シナリオ 1: モニターは、プライマリ サーバー上でです。この例では、SQL Server Management Studio (SSMS) がセカンダリ サーバーでを生成し、LogShipping を再構成する場合は、スクリプトを実行してください。

シナリオ 2: モニターは、セカンダリ ・ サーバ上でです。この例では、SQL Server Management Studio プライマリ サーバーで生成し、LogShipping を再構成する場合は、スクリプトを実行するのには. します。


オプション 2

このオプションは、任意の構成を使用できます。このオプションを使用すると、プライマリとセカンダリの両方のサーバー上のスクリプトを生成する必要があります。また、LogShipping を再構成すると、それぞれのサーバー上でスクリプトを実行する前に、それぞれのサーバーの情報を維持するためには、各スクリプトを手動で編集する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SSMS は、プライマリ サーバー上のプライマリ サーバーの LogShipping の構成のスクリプトを生成します。次に、セカンダリ ・ サーバの構成情報を削除するのには、スクリプトを手動で編集します。
  2. SSMS は、セカンダリ ・ サーバ上のセカンダリ ・ サーバの LogShipping の構成のスクリプトを生成します。次に、プライマリ サーバーの情報を削除するのには、スクリプトを手動で編集します。
  3. LogShipping の現在の構成を削除します。
  4. LogShipping を再構成するには、次のいずれかの操作を行って。
    1. SQL Server Management Studio (SSMS) を使って、プライマリ サーバーから、手順 1 からスクリプトを実行します。
    2. セカンダリ ・ サーバから SSMS を使用して、手順 2 からスクリプトを実行します。

オプション 3

次の手順を実行します。
  1. SSMS スクリプトを生成するのには、プライマリ サーバーまたはセカンダリ サーバーを使用します。
  2. 削除するのには、スクリプトを手動で編集します。 ignoreremotemonitor @ = 1 プライマリおよびセカンダリ サーバー セクションから。
  3. LogShipping を削除します。
  4. LogShipping を再構成します。これを行うには、SSMS はプライマリまたはセカンダリ サーバーで手順 2 から変更後のスクリプトを実行するのには. します。


変更されるファイルの詳細については、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
953752 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9
関連情報
SQL Server サービス パック 2 の後の可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
新機能と機能強化では、SQL Server 2005 Service Pack 2 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:955693 - 最終更新日: 01/15/2015 11:40:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems

  • kbnosurvey kbarchive kbautohotfix kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt KB955693 KbMtja
フィードバック