現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

FIX SQL Server 2005 または SQL Server 2008 で SQL Server エージェント ジョブのステップでは、TRANSACT-SQL スクリプトを実行すると、TRANSACT-SQL スクリプトの結果が切り詰められます

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:955695
重要な レジストリを変更する方法についての情報を掲載しています。これを変更する前にレジストリのバックアップを作成することを確認してください。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を知っていることを確認してください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
Microsoft Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムを 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2005 または SQL Server 2008 では、SQL Server エージェントのジョブ ステップで TRANSACT-SQL スクリプトを実行します。
  • この手順では、最初のステートメントでエラー メッセージを返します。
  • 以降のステートメントは、1 つまたは複数のエラー メッセージも返します。
SQL Server エージェント ジョブを実行するときこのシナリオでは、以降のステートメントが処理され、ステップが誤って成功状態を返すことを見つける可能性があります。それ以降のステートメントの結果が切り捨てられます。
原因
SQL Server 2005 エージェントは、SQL Server 2005 のインスタンスに接続するのには、SQL Native Client ドライバー (Sqlncli.dll) を使用します。SQL Server 2000 のエージェントは Microsoft SQL Server 2000 に接続するのには、SQL Server ODBC ドライバー (Sqlsrv32.dll) を使用します。2 つのドライバーの間で動作の違いは、SQL Server エージェントを SQL Server から返される、表形式のデータ ストリーム (TDS) エラー トークンを変更します。これは 2 つのバージョンの SQL Server エージェントの動作の違いになります。
解決方法

SQL Server 2005

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 9 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2005 Service Pack 2 を入手する方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
953752 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
特定の SQL Server service pack を Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 2 の修正プログラムを適用する必要があります。既定では、次の SQL Server service pack に SQL Server のサービス パックで提供されている修正プログラムがあります。

SQL Server 2008

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 RTM の versiom に組み込まれています。ただし、修正プログラムを有効にするにはは「関連情報」に記載されているレジストリの変更する必要があります。
回避策
この問題を回避するには、手順の最初のステートメントとしてダミー SELECT ステートメントを追加します。
状況
Microsoft では、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
警告 深刻な問題が発生するは、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別のメソッドを使用して変更する場合可能性があります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。
この修正プログラムを有効にするには、次のレジストリ エントリを作成し、このレジストリ エントリを 0 に設定する必要があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<mssql.x>\SQLServerAgent\TruncateJobResultOnError<b00></b00></mssql.x>

メモ このレジストリ エントリで、 <mssql.x></mssql.x>SQL Server のインスタンスの ID を表します。インスタンスの適切な値に変更する必要があります。

この修正プログラムを無効にする場合は、TruncateJobResultOnError のレジストリ エントリを 1 に設定します。

この問題を再現する手順

  1. 拡張ストアド プロシージャを作成します。たとえば、サンプルの xp_hello というストアド プロシージャを拡張を作成します。
  2. SQL Server エージェント ジョブを作成し、次のステートメントは、SQL Server エージェント ジョブのステップで追加します。
    declare @txt intexec xp_hello @txt OUTPUTRAISERROR('One or more operations failed to complete.', 16, 1)
  3. SQL Server エージェント ジョブを実行します。
エラーの重大度レベル 1 のストアド プロシージャの xp_hello を拡張し、TruncateJobResultOnError のレジストリ エントリを 0 に設定すると、ジョブ ステップが失敗としてフラグが。拡張ストアド プロシージャと、RAISERROR ステートメントの xp_hello の結果は、ジョブの履歴にキャプチャされます。ジョブの履歴を確認する場合は、手順の重大度レベル 16 であることを見つけます。

エラーの重大度レベル 1 のストアド プロシージャの xp_hello を拡張し、TruncateJobResultOnError のレジストリ エントリを 1 に設定すると、ジョブ ステップが成功としてフラグが設定されています。拡張ストアド プロシージャの xp_hello の結果のみが、ジョブの履歴にキャプチャされます。RAISERROR ステートメントの結果が切り捨てられます。ジョブの履歴を確認する場合は、手順の重大度レベルが 1 であるを検索します。

エラーの重大度レベル 11 のストアド プロシージャの xp_hello を拡張し、TruncateJobResultOnError のレジストリ エントリを 0 に設定すると、ジョブ ステップが失敗としてフラグが。ストアド プロシージャの xp_hello の結果を拡張し、ジョブの履歴に、RAISERROR ステートメントをキャプチャします。ジョブの履歴を確認する場合は、手順の重大度レベル 16 であることを見つけます。

エラーの重大度レベル 11 のストアド プロシージャの xp_hello を拡張し、TruncateJobResultOnError のレジストリ エントリを 1 に設定すると、ジョブ ステップが失敗としてフラグが。ジョブの履歴には、拡張ストアド プロシージャの xp_hello の結果のみがキャプチャされます。RAISERROR ステートメントの結果が切り捨てられます。ジョブの履歴を確認すると、手順の重大度レベルが 11 であるを検索します。

エラー メッセージの重大度の違いの詳細については、「サポート技術情報」資料を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
309802FIX RAISERROR ステートメントは、TRANSACT-SQL のバッチ内への呼び出しは、SQLAgent ジョブが失敗して、出力では、SQL Server が失われる可能性します。
903086 FIX を実行、バッチ ジョブを停止し、TRANSACT-SQL スクリプトは、SQL Server 2000 で SQL Server エージェント ジョブとして実行するときにジョブの出力が切り捨てられます
変更されるファイルの詳細については、このサポート技術情報の資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
953752 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 9
関連情報
SQL Server Service Pack 2 後利用可能なビルドの一覧の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
新機能と機能強化では、SQL Server 2005 Service Pack 2 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SQL Server の更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:955695 - 最終更新日: 06/16/2011 07:15:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbpubtypekc kbhotfixrollup kbexpertiseadvanced kbsql2005tool kbmt KB955695 KbMtja
フィードバック