SQL Server 2008 で syspolicy_purge_history SQL Server エージェント ジョブが失敗することがある

現象
Microsoft SQL Server 2008 のクラスタ化されたインスタンスで syspolicy_purge_history SQL Server エージェント ジョブを実行すると、syspolicy_purge_history ジョブが失敗することがあります。syspolicy_purge_history ジョブの履歴ログ ファイルに次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。
日付 datetime
ログ ジョブ履歴 (syspolicy_purge_history)

ステップ ID 3
サーバー SQLVirtualName\instancename
ジョブ名 syspolicy_purge_history
ステップ名 Erase Phantom System Health Records.
実行時間 00:00:33
SQL 重大度 0
SQL メッセージ ID 0
メールを受け取るオペレータ
Net Send 通知を受け取るオペレータ
ポケットベル通知を受け取るオペレータ
再試行の回数 0

メッセージ
次のユーザーとして実行: user。ジョブ ステップで次のエラーが発生しました。このエラーでは、スクリプトは停止しませんでした: ジョブ ステップは、PowerShell スクリプトの 1 行目でエラーを受け取りました。対応する行は '(Get-Item SQLSERVER:\SQLPolicy\SQLVirtualName\instancename).EraseSystemHealthPhantomRecords()' です。

スクリプトを修正し、ジョブのスケジュールを設定し直してください。PowerShell によって返されたエラー情報: 'SQL Server PowerShell プロバイダ エラー: 'SQLVirtualName\instancename' に接続できませんでした。[サーバー SQLVirtualName\instancename に接続できませんでした。--> サーバーへの接続確立時にエラーが発生しました。

接続先が SQL Server 2005 である場合は、既定の設定では SQL Server がリモート接続を許可していないことが原因である可能性があります。(provider: 名前付きパイプ プロバイダ, error: 40 - SQL Server への接続を開けませんでした)] SQLVirtualName\instancename に接続できませんでした。サーバーへの接続確立時にエラーが発生しました。接続先が SQL Server 2005 である場合は、既定の設定では SQL Server がリモート接続を許可していないことが原因である可能性があります。(provider: 名前付きパイプ プロバイダ, error: 40 - SQL Server への接続を開けませんでした) '

ジョブ ステップは、PowerShell スクリプトの 1 行目でエラーを受け取りました。対応する行は '(Get-Item SQLSERVER:\SQLPolicy\SQLVirtualName\instancename).EraseSystemHealthPhantomRecords()' です。スクリプトを修正し、ジョブのスケジュールを設定し直してください。PowerShell によって返されたエラー情報: 'パス 'SQLSERVER:\SQLPolicy\SQLVirtualName\instancename' が存在しないため検出できません。' ジョブ ステップは、PowerShell スクリプトの 1 行目でエラーを受け取りました。対応する行は '(Get-Item SQLSERVER:\SQLPolicy\SQLVirtualName\instancename).EraseSystemHealthPhantomRecords()' です。スクリプトを修正し、ジョブのスケジュールを設定し直してください。PowerShell によって返されたエラー情報: 'null 値の式ではメソッドを呼び出せません。'. プロセス終了コード -1。. ステップは失敗しました。
原因
この問題は、syspolicy_purge_history ジョブでクラスタ インスタンスとして仮想サーバー名ではなくコンピュータのノード名を使用する場合に発生することがあります。
解決方法
この問題を解決するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1 : syspolicy_purge_history ジョブを編集する

syspolicy_purge_history ジョブのステップ 3 を編集します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. SQL Server Management Studio を起動します。
  2. [SQL Server エージェント] を展開し、[ジョブ] を展開します。
  3. [syspolicy_purge_history] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [ステップ] をクリックします。
  5. [Erase Phantom System Health Records] をクリックし、[編集] をクリックします。
  6. [コマンド] ボックスで、クラスタ インスタンスに仮想サーバー名を使用してコンピュータのノード名を置き換えます。
  7. [OK] を 2 回クリックします。

方法 2 : syspolicy_purge_history ジョブを再作成する

syspolicy_purge_history ジョブを再作成するには、次の Transact-SQL ステートメントを実行します。
DECLARE @jobId uniqueidentifier-- Obtain the current job identifier that is associated with the PurgeHistorySELECT @jobId = CAST(current_value AS uniqueidentifier)FROM msdb.dbo.syspolicy_configuration_internalWHERE name = N'PurgeHistoryJobGuid'-- Delete the job identifier association in the syspolicy configurationDELETE FROM msdb.dbo.syspolicy_configuration_internalWHERE name = N'PurgeHistoryJobGuid'-- Delete the offending jobEXEC msdb.dbo.sp_delete_job @job_id = @jobId-- Re-create the job and its association in the syspolicy configuration tableEXEC msdb.dbo.sp_syspolicy_create_purge_job
詳細
SQL Server 2008 セットアップでは、セットアップ スクリプトによってデータベース エンジンに対してコンピュータ名のクエリが実行されます。セットアップ スクリプトでコンピュータ名のクエリが実行されるとき、データベース エンジンはクラスタを認識していません。そのため、データベース エンジンはクラスタ名ではなくコンピュータ名を返します。
"SQL Server 2008 Tools" SQL2008RelNoteTools
プロパティ

文書番号:955726 - 最終更新日: 10/08/2008 07:46:11 - リビジョン: 1.2

Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Developer

  • kberrmsg kbtshoot kbprb KB955726
フィードバック