現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Outlook を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントを構成しようとすると、エラー メッセージ:"この実装は、Windows の一部ではないプラットフォーム FIPS 暗号化アルゴリズムの検証"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:955745
現象
証明を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントを構成するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
この実装は、Windows プラットフォームの検証 FIPS 暗号化アルゴリズムの一部ではありません。
この問題は、連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2 のセキュリティ ポリシー オプションの Windows Vista または Windows XP の有効な場合に発生します。

Outlook を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントを構成した後で、FIPS 140-2 セキュリティ ポリシー オプションの Windows Vista または Windows XP を有効にすると、クライアントを使用できません。 また、オプションは無効になっています。

Outlook を Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントを構成し、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントでは、Outlook をオフライン モードを使用した後、FIPS 140-2 のセキュリティ ポリシー オプションの Windows Vista または Windows XP を有効する場合は、Cassini Web サーバーが正常に機能できないため、オプションは無効になります。
解決方法
Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の最新の累積的な更新プログラムのロールアップでこの問題を解決します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
949256Microsoft Dynamics CRM 4. 0 更新プログラムおよび修正プログラム

インストール情報

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。 ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。 変更する前に追加された保護のために、レジストリをバックアップします。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 バックアップを作成し、レジストリを復元する方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
322756バックアップを作成し、Windows レジストリを復元する方法

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバー コンポーネントまたは Microsoft Dynamics CRM クライアントがコンポーネントを実行しているコンピューターでは、この累積的な更新プログラムのロールアップをインストールします。

また、次のレジストリ サブキーを対応するコンピューターに追加します。 データ移行クライアントでは、次のレジストリ サブキーを追加します。
\SOFTWARE\Microsoft\Data 移行 Wizard\MSCRMFIPSCompliance = 1
CRM 電子メール ルーターが実行されている Exchange サーバー上で、次のレジストリ サブキーを追加します。
\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM\MSCRMFIPSCompliance = 1
Microsoft Dynamics CRM Server では、次のレジストリ サブキーを追加します。
\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM\MSCRMFIPSCompliance = 1
証明を Microsoft Dynamics CRM では、次のレジストリ サブキーを追加します。
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\MSCRMClient\MSCRMFIPSCompliance = 1
レジストリのサブキーを追加するには、次の手順を実行します。
  1. スタート ボタンをクリックして、実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
  2. 検索し、特定のレジストリ サブキーは、コンピューターをクリックします。 たとえば、Microsoft Dynamics CRM Server では、Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM\ を探します。
  3. レジストリ サブキーを右クリックし、[新規作成] をクリックします。
  4. DWORD 値] をクリックし、MSCRMFIPSCompliance を入力します。
  5. MSCRMFIPSCompliance をマウスの右ボタンでクリックし、[変更] をクリックして、1 と入力し、[OK] をクリックします。

前提条件

Microsoft Dynamics CRM 4. この累積的な更新プログラムのロールアップを適用するのにはインストールされている 0 を持っている必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
948917Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の場合、セットアップの更新プログラムを入手する方法
マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される用語の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の記事を表示するのには、以下資料番号をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェア修正プログラムおよび更新プログラムの名前付け標準をパッケージ化します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:955745 - 最終更新日: 10/27/2009 14:47:00 - リビジョン: 3.1

Microsoft Dynamics CRM for Microsoft Office Outlook, Microsoft Dynamics CRM 4.0

  • kberrmsg kbfix kbqfe kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB955745 KbMtja
フィードバック
varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("