現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP または Windows Server 2003 ベースのコンピューター上のディスク領域を解放する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:956324
概要
Windows の実行中に、通知領域に「ディスク領域不足」メッセージが表示される可能性があります。これは、能力をダウンロードして Windows の更新プログラムをインストールできなくなります。この資料は、Windows XP または Windows Server 2003 ベースのコンピューター上のディスク領域を解放する方法について説明します。

注: <b>詳細については、次のサイトを参照できます。Vista の上にフォーカスがある、情報は Windows XP および Windows Server 2003 の適切です。
詳細
その他の Windows 更新プログラム、service pack、およびプログラムをインストールできるように、コンピューター上のディスク領域を解放する必要があります。または、その他の個人用ファイルを保存するためにこれを行うに必要があります。

ディスク クリーンアップ ツールを実行します。

ディスク クリーンアップ ツールは、ハード ディスクのファイルを安全に削除することができますを検索します。一部を削除することができます。 またはすべてのこれらのファイルします。

ディスク クリーンアップ ツールの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
310312 Windows XP のディスク クリーンアップ ツールの説明
ディスク クリーンアップ ツールを起動するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • [スタート] ボタン、実行をクリックして型 cleanmgrファイルを開くボックス、および ENTER キーを押します。
  • [スタート] ボタン、すべてのプログラム] をポイントし、アクセサリシステム ツール] をポイントおよび、[ディスク クリーンアップ] をクリックします。
  • Windows エクスプ ローラーまたはマイ コンピューターでは、ディスク領域を解放するドライブを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [全般] タブをクリックし、[ディスク クリーンアップ] をクリックします。
ハード ディスク上の領域を再利用するには、]、[ディスク クリーンアップ] タブをクリックして、削除する 1 つまたは複数のファイルを選択および [ OK] をクリックします。

注: <b>既定では、いくつかのファイルが自動的に選択します。[Ok]をクリックして、既定の設定が可能です。

ファイルの一覧から、次の項目を含めることができます。
  • 一時セットアップ ファイル
    これらは実行を終了する、セットアップ プログラムによって作成されたファイルです。
  • ダウンロードされたプログラム ファイル
    ダウンロードされたプログラム ファイルは、ActiveX コントロールおよび特定の Web ページを表示したときにインターネットから自動的にダウンロードされる Java プログラムです。これらのファイルは、一時的にハード ディスク上のダウンロードされたプログラム ファイル フォルダーに格納されます。一時的なセットアップ ファイルの項目をクリックすると、ファイルをディスク クリーンアップでは、それらを削除する前に確認することができるファイルの表示] を参照してください。このボタンは、C:\Winnt\Downloaded Program Files フォルダーを開きます。

    注: <b>既定では、ダウンロードされたプログラム ファイルが選択されます。
  • インターネット一時ファイル
    このフォルダーに Web ページすばやく表示するには、ハード ディスクに保存されているにはが含まれています。ディスク クリーンアップこれらのページを削除が、Web ページ用の個人用設定をそのまま残します。インターネット一時ファイルの項目をクリックすると、ファイルの表示] を参照してください。このボタンは C:\Documents と Settings\ ユーザー名 \Local Settings\Temporary インターネットの Files\Content.IE5 フォルダーを開きます。
  • オフラインの web ページ
    オフライン ページは、インターネットに接続しなくても表示することができますので、コンピューターに格納されている web ページです。今すぐこれらのページを削除した場合も表示できます、お気に入りをオフライン後で同期。Web ページ用の個人用設定はそのまま残ります。
  • 古い Chkdsk ファイル
    Chkdsk ツールは、ディスクのエラーをチェックするときにディスクのルート フォルダー内のファイルと破損ファイルの断片を保存それ可能性があります。これらのファイルは必要ありません。
  • ごみ箱
    ごみ箱にファイル システムから削除したにはが含まれています。恒久的にごみ箱を空にするまで、これらのファイルは削除されません。ごみ箱のアイテムをクリックすると、ごみ箱を開く、ファイルの表示] を参照してください。
  • セットアップ ログ ファイル
  • Windows によって作成されるファイル。
  • 一時ファイル
    プログラムがあります、Temp フォルダーに一時的な情報を保存します。プログラムを終了する前に通常この情報を削除します。過去 1 週間以内に変更されていない一時ファイルを安全に削除することができます。
  • 出版社の WebClient 一時ファイル
    出版社の WebClient サービスは、このディスク上のアクセス ファイルのキャッシュを保持します。これらのファイルはパフォーマンス上の理由により、ローカルに保存し、安全に削除することができます。
  • 一時オフライン ファイル
    一時オフライン ファイルは最近使用されたネットワーク ファイルのローカル コピーです。これらのファイルは、ネットワークから切断した後使用できるように自動的にキャッシュされます。一時オフライン ファイル項目をクリックすると、[オフライン ファイル] フォルダーに表示されるファイルの表示] を参照してください。
  • オフライン ファイル
    オフライン ファイルは、具体的には利用可能なオフライン、ネットワークから切断した後に使用できるようにするネットワーク ファイルのローカル コピーです。オフライン ファイルの項目をクリックすると、[オフライン ファイル] フォルダーに表示されるファイルの表示ボタン表示されます。
  • 古いファイルを圧縮します。
    Windows は、最近使用していないファイルを圧縮できます。古いファイルを圧縮するとディスク領域を節約します。ただし、これらのファイルを引き続き使用でき、ファイルは削除されません。圧縮率が異なるため表示により得られるディスク領域の量は概算です。ディスク クリーンアップで使用しないファイルを圧縮する前に待機するのに日数を指定するには、[オプション] ボタンを使用できます。
  • コンテンツ インデクサーのカタログ ファイル
    インデックス サービスは、高速かつディスク上にあるファイルのインデックスを保持することによってファイルの検索を向上させます。以前のインデックスからこれらのカタログ ファイルが残ります操作、および、安全に削除できます。
[ディスク クリーンアップ] ダイアログ ボックスの [詳細オプション] タブで Windows コンポーネントをクリーンアップするためのオプションが含まれています。 またはインストールされているプログラム。これらのオプションを使用すると、コンピューター上の他の領域を再利用することができます。
  • [ Windows コンポーネント] オプションを使用しないオプションの Windows コンポーネントを削除して空き領域を作成します。Windows コンポーネント ウィザードを開始する、 [クリーンアップ] をクリックします。
  • インストールされているプログラム] オプションを使用しないプログラムを削除してディスク領域をクリアします。、 [クリーンアップ] をクリックしてプログラム追加と削除] ツールで、変更または削除するプログラムのオプションを開始します。
  • システムの復元オプション、最も最近の 1 つを除くすべての復元ポイントを削除して空き領域を作成します。
スケジュールし、ディスクのクリーンアップを自動化する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
315246 Windows XP のディスク クリーンアップ ツールを自動化する方法
注: <b>次のパス名に使用される環境変数は、次の手順を使用して決定できます。
  1. [スタート] をクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに REGSVR32 C:\WINDOWS\SYSTEM\MSXML cmd、し、ENTER キーを押します。
  3. タイプ 設定、し、ENTER キーを押します。

メモリ ダンプ ファイルを削除し、スタートアップおよび回復オプションを変更します。

システム障害が発生し、障害の原因を特定するために使用できますメモリ ダンプ ファイルが作成されます。それらが不要になった場合は、これらのファイルを安全に削除します。

メモリ ダンプ ファイルを削除して、以下の手順を実行します。
  1. %AllUsersProfile%\ApplicationData\Microsoft\Dr、ワトソンのフォルダー内のファイルを削除します。これらのログし、アプリケーションは動作を停止するときにメモリ ダンプ ファイルが作成されます。
  2. %Windir%\minidump フォルダー内のファイルを削除します。Windows が応答を停止またはクラッシュこれらミニダンプ ファイルが作成されます。
  3. %SystemRoot%\MEMORY.dmp ファイルを削除します。これは、完全メモリ ダンプ ファイルは、Windows が応答を停止またはがクラッシュしたときに作成されます。
システム、将来的に完全なメモリ ダンプ ファイルを作成することを防止できます。完全メモリ ダンプ ファイルは、コンピューターが応答を停止またはがクラッシュしたときに、システム メモリの内容を記録します。これら完全メモリ ダンプ ファイルは非常に大きくなることができます。領域を節約するには、最小メモリ ダンプ ファイルのみを作成するに、スタートアップおよび回復オプションを変更できます。

障害が発生したときに、完全なダンプ ファイルの代わりに、最小メモリ ダンプ ファイルを作成するのには、システムを構成するには、以下の手順を実行します。
  1. マイ コンピューターを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  2. [詳細設定] タブをクリックし、[起動と回復] の [設定] をクリックし、します。
  3. [デバッグ情報の書き込み] で、コンピューターが応答を停止する場合は、メモリ ・ ダンプ ・ ファイルに記録する情報の種類を選択します。問題のトラブルシューティングに使用する情報の最小量を記録、最小メモリ ダンプ] オプションをオンにします。このオプションは、コンピューターのブート ボリュームに少なくとも 2 mb のページング ファイルが必要し、する Windows は新しいファイルを作成、システムが応答を停止またはクラッシュするたびに指定します。
  4. [OK] をクリックします。

リモート デスクトップ接続のキャッシュ ファイルを削除します。

キャッシュ ファイルを削除する場合は、リモート デスクトップ接続を実行しているときに画面がすぐに更新されません。

リモート デスクトップ接続のキャッシュ ファイルを削除するには %Userprofile%\Local Settings\Application Data\Microsoft\Terminal Server Client\cache フォルダーのすべてのビットマップ キャッシュ ファイル (.bmc 拡張機能を使用しているファイル) を削除します。

その他の Windows 機能を無効にします。

警告一部の Windows 機能を無効にするとディスク領域を節約できます、パフォーマンスと、コンピューターの機能に影響この可能性があります。このオプションは、コンピューター上の Windows 機能を無効にする前の効果を検討してください。

次のオプションがあります。
  • 休止状態を無効にして、休止状態ファイルを削除します。
    1. 休止状態ファイルを無効にします。 休止状態ファイルを無効にする方法についての詳細は、マイクロソフト サポート技術資料を参照するには、followingarticle 番号をクリックします。
      920730 無効にする方法および Windows Vista を実行しているコンピューターで休止状態を再度有効にします。
    2. %SystemDrive%\hiberfil.sys ファイルを削除します。
  • ページング ファイルを別のボリュームに移動して、または [削除] を無効にすることです。
    • 無効にするか、ページング ファイルを移動します。これには、Microsoft TechNet の記事「仮想メモリ ページング ファイル サイズを変更する」を参照してください。これを行うには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    • %SystemDrive%\Pagefile.sys ファイルを削除します。

Windows の更新プログラムのファイルを削除します。

警告各更新プログラムのフォルダーを削除する場合は、対応する Windows の更新プログラムはアンインストールできません。Windows の更新プログラム ファイルを削除する前に、コンピューターがこの影響を検討してください。

Windows の更新プログラムのファイルを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. これらの %Windir%/$NtUninstall だけを削除します。KBnumber$ 1 か月以上前の backupfiles として Windows の更新のため、作成されたフォルダーです。過去 30 日以内に作成されたものは削除しないでください。
  2. 削除するには、ダウンロード キャッシュに Windows の更新、deleteall %Windir%\SoftwareDistribution\download フォルダー内のフォルダーを werecreated 10 日以上前。
  3. %Windir% フォルダーに以下のログ ファイルを削除します。
    • kb*.log
    • setup*.log
    • setup*.old
    • setuplog.txt
    • winnt32.log
    • set*.tmp

Windows XP service pack のファイルを削除します。

警告各 Windows XP のサービス パックのバックアップ フォルダーを削除する場合は、することはできません Windows XP のサービス パックをアンインストールします。

インストール ファイルのフォルダーおよび Windows XP service pack 用のキャッシュを削除する場合は、することはできません破損した Windows XP service pack のファイルを復元するか、デフォルトでインストールされていない Windows XP の追加機能をインストールします。別の場所にこれらのファイルのコピーを保持することができます。 これらのファイルのコピーを保存する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
271484 ファイルとフォルダーが追加システムにサービス パックをインストールした後
このコンピューターにこれらのファイルを削除する前に、効果を検討してください。

Windows XP service pack のファイルを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. %Windir%\$NtServicePackUninstall$ フォルダーを削除するには、Windows XP のサービス パックのバックアップ フォルダーを削除します。
  2. %Windir%\ServicePackFiles フォルダーに deleteinstallation ファイルと、Windows XP の実行結果のキャッシュ フォルダーを削除します。

システム ドライブ上の領域を再利用した後、ディスクの空き容量を確認する方法

  1. [スタート] をクリックし、[マイ コンピューター] をクリックします。
  2. ドライブ C を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [プロパティ] タブで、システム ドライブの空き容量に注意してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:956324 - 最終更新日: 01/03/2015 09:59:00 - リビジョン: 8.0

, , , , ,

  • kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbmt KB956324 KbMtja
フィードバック
ync=""> var varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("