現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP SP3 上の Excel 2007 または Excel 2010 でコピーなどの特定の操作をすると、操作直後にセルに入力した最初の 1 文字が変換前に確定される

現象
Microsoft Windows XP Service Pack 3 をインストールしたコンピュータで Microsoft Office Excel 2007 または Microsoft Excel 2010 を起動して次の操作を行うと、操作直後にセルに入力した最初の 1 文字が意図せずに確定されます。 

ショートカット メニューから以下の機能を使用する
  • 切り取り
  • コピー
  • 貼り付け
  • ドロップダウン リストから選択
  • ふりがなの表示
ショートカット メニューまたはリボンから以下の機能を使用する
  • 並べ替え
  • フィルタ
  • クリア
  • コメントの挿入
  • 行の挿入
  • 行の削除
  • 列の挿入
  • 列の削除
解決方法
この問題を解決するには、詳細なテキスト サービスを無効にします。Excel.exe のプロパティを開き、[互換性] タブにある [このプログラムでは詳細なテキスト サービスを無効にする] チェック ボックスをオンにします。既定では、Excel.exe は以下の場所にインストールされています。

Excel 2007 の場合 : C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\Excel.exe
Excel 2010 の場合 : C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\Excel.exe

回避策
詳細なテキスト サービスを有効にしたまま Excel 2007 または Excel 2010 を使用する場合、次のいずれかの方法で操作します。

方法 1 : 入力し直す

意図せずに入力された文字を削除してから、あらためて適切な文字を入力し直します。

方法 2 : 編集モードで入力する

文字を入力するセルをダブルクリックして編集モードにするか、文字を入力するセルを選択して F2 キーを押して編集モードにしてから、文字を入力します。

方法 3 : コピーと貼り付ける方法を変更する

セルのコピーと貼り付けで問題がある場合、ショートカット メニューを使用せずに以下の操作へ変更します。
  • セルのコピーには Ctrl + C キーを押下する、または [ホーム] タブの [コピー] ボタンをクリックします。
  • セルの貼り付けには Ctrl + V キーを押下する、または [ホーム] タブの [貼り付け] ボタンをクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
プロパティ

文書番号:956425 - 最終更新日: 09/20/2016 12:55:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Excel 2010

  • kbharmony kbinput kbtshoot kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbnofix KB956425
フィードバック