Outlook 2007 の入力を求める繰り返し特定のネットワーク条件下でのパスワード

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:956531
現象
ネットワークの特定の条件下で Microsoft Office Outlook 2007年の入力を求める繰り返しパスワードです。パスワードを入力しない場合、または正しくないパスワードを入力する場合は、Outlook 2007 がオフライン モードをサイレント モードで入力します。この例では、エラー メッセージまたは通知を受け取らないし、メールボックスに接続されていないが。
解決方法
重要 アカウント ロックアウトのポリシーが適用されている場合、この修正プログラムは適用されません。

アカウント ロックアウトのポリシーの概要については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。

修正プログラムを入手する方法

この問題は、Outlook 2007 修正プログラム パッケージ 957909 で修正します。詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
957909 Outlook 2007 Service Pack 1 の修正プログラム パッケージの説明: 2008 年 9 月 24 日

修正プログラムを有効にする方法

重要 このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. Outlook 2007 を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。
    • Windows Vista で [開始] をクリックします[スタート] ボタン、種類 regedit検索の開始] ボックスで、ENTER キーを押します。

      ユーザー アカウント制御の許可 管理者のパスワードまたは確認を求められる場合は、パスワードの入力、または確認を行います。
    • Windows XP で [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditオープンでボックスし、[ OK] をクリックします。
  3. 見つけて次のレジストリ キーを選択する] をクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
    <b>RPCキーが存在しない場合は、手順に従います。
    1. Outlookキーを右クリックし、新規作成] をポイントし、[キー] をクリックします。
    2. タイプ RPC、し、ENTER キーを押します。
  4. 手順 3 で [編集] メニューで、新規のポイントで指定されているキーを選択して、[DWORD 値] をクリックします。
  5. タイプ UseWindowsUserCredentials、ENTER キーを押しますし。
  6. UseWindowsUserCredentialsを右クリックしでは、変更をクリックします。
  7. [値データ] ボックスを使用して、値ごとの目的を入力し、し、[ OK] をクリックします。

    <b>UseWindowsUserCredentials値 1 を設定すると、ユーザーのデスクトップの資格情報のみが使用されます。次の scenariosmay ヘルプを使用する値を決定します。
    • アカウント: ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 0 (または存在しない)
      プロトコル: TCP、HTTP で NTML 認証
      結果: ユーザーの資格情報のプロンプトを表示せずに Microsoft Exchange に接続します。
    • アカウント: 非ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 0 (または存在しない)
      プロトコル: TCP、HTTP では、NTLM 認証
      結果: ユーザーの資格情報の入力を求めると、Microsoft Exchange に接続します。
    • アカウント: ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 1
      プロトコル: TCP、HTTP では、NTLM 認証
      結果: ユーザーの資格情報のプロンプトを表示せずに Microsoft Exchange に接続します。
    • アカウント: 非ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 1
      プロトコル: TCP、HTTP では、NTLM 認証
      結果: ユーザーの資格情報を要求していないと、Microsoft Exchange に接続できません。状態のままに、切断、接続を試みている場合があります。
    • アカウント: ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 1
      プロトコル: HTTP 基本認証で
      結果: ユーザーの資格情報、および正常にメッセージが表示されます Microsoft Exchange に接続します。さらに、引き続きパスワードを誤って入力した場合にメッセージを表示します。
    • アカウント: 非ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 1
      プロトコル: HTTP 基本認証で
      結果: ユーザーの資格情報、および正常にメッセージが表示されます Microsoft Exchange に接続します。さらに、パスワードを誤って入力した場合、引き続きを入力します。
    • アカウント: ドメイン
      UseWindowsUserCredentials: 1
      追加手順: プロファイルを構成するときは、常にユーザー名とパスワードを入力を選択します。
      結果: ユーザーの資格情報、および正常にメッセージが表示されます Microsoft Exchange に接続します。
  8. ファイル] メニューの [レジストリ エディターを終了する終了をクリックします。
資格情報で認証エラーが発生したときに資格情報のプロンプトを無効にするのには、次のレジストリ エントリを使用できます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC\DisableTransientFailureAuthPrompts (DWORD)


(1 が false の場合、既定では TRUE であり、0 は FALSE を)

タイムアウト期間を設定するのには、次のレジストリ エントリを使用できます。認証エラーが表示されることは、このレジストリ エントリで設定された期間のタイムアウトの時間を別の資格情報のセットを取得するのには試行が失敗します。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC\TransientFailureBackoff (DWORD)


[既定値は 10000 ミリ秒 (0x2710)、最大値は、2147483648 (0x8000000)]
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
次の条件に該当する場合、この修正プログラムはこの問題を解決できません。
  • 複数の Microsoft Exchange Server アカウントを使うようなさまざまなユーザーの資格情報があります。
  • UseWindowsUserCredentialsの値を 1 に設定するには、レジストリにします。
として Windows にログオンするなど、 Fourthcoffee\User1.ただしのメールボックスのプロファイルで Outlook を起動します。 Fourthcoffee\User2.

このシナリオでは、Outlook は、最初に紹介リモート プロシージャ コール (RPC) に対して、Exchange Server を実行して Active Directory に接続します。紹介情報を提供する Active Directory に 2 つ目の RPC でこの後に。これらの Rpc のどちらもには、メールボックス アカウントについての情報が必要です。メールボックス アカウントは、この例では、します。 Fourthcoffee\User2.

既定で Outlook 常にしようとすると、資格情報をログオンするコンピューターに最初に、ここで使用します。 Fourthcoffee\User1.したがって、この接続が成功したと見なされます。コンピューターの資格情報は、 Fourthcoffee\User1.Outlook がメールボックスに接続しようとした、 Fourthcoffee\user2.の資格情報 Fourthcoffee\User1 Active Directory 参照のプロセス、バック グラウンドのメールボックスにログオンするこれらの同じ資格情報の中に正常に使用されました。 Fourthcoffee\User2.ため Fourthcoffee\User1 メールボックスにアクセス許可がありません。 Fourthcoffee\User2、メールボックスのログオンは失敗します。アクセスが拒否されました。UseWindowsUserCredentialsは、この例では 1 に設定されているため Outlook はデスクトップの資格情報のみを使用し、資格情報のプロンプトを表示しません。したがって、サイレント モードで失敗繰り返しします。
outlook2007 outlook2k7 outlook"12"ol2007 ol2k7 ol12

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:956531 - 最終更新日: 08/06/2016 05:09:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Office Outlook 2007

  • kboffice2007presp2fix kbexpertiseinter kbqfe kbbug kbfix kbmt KB956531 KbMtja
フィードバック