現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

MS08-059: Host Integration Server の RPC サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される

はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS08-059 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
解決方法

Host Integration Server 2006 の最新の Service Pack を入手する方法

この問題を解決するには、Host Integration Server 2006 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
979497 Host Integration Server 2006 の最新の Service Pack を入手する方法
詳細

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法:

ホーム ユーザーの場合、無料サポートが提供されています。米国およびカナダのユーザーは電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、マイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。 北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから電子メールによる無制限の無料サポートまたはチャットによる無制限の個別サポートにアクセスすることもできます。 企業ユーザーの場合、セキュリティ更新プログラムに対するサポートは、通常のサポート窓口を通じて提供されます。

このセキュリティ更新プログラムの既知の問題

無人アンインストールの実行中は、進行状況ダイアログ ボックスを表示しないようにすることはできません。

現象
このセキュリティ更新プログラムの無人アンインストールを実行すると、進行状況ダイアログ ボックスが表示されます。無人アンインストールの実行中は、進行状況ダイアログ ボックスを表示しないようにすることはできません。
原因
修正プログラム インストーラーは、進行状況ダイアログ ボックスを表示しないというオプションをサポートしていません。

このセキュリティ更新プログラムの日本語版をアンインストールするときに、元のインストール メディアを要求するメッセージが表示されることがあります。

現象
このセキュリティ更新プログラムの日本語版をアンインストールする場合、元のインストール メディアを要求されることがあります。このセキュリティ更新プログラムの日本語版をアンインストールするときに、元のインストール メディアの場所を入力するように求められることがあります。
原因
この問題は、更新されたバイナリの 1 つが影響を受けるシステムでローカルにキャッシュされないことが原因で発生します。アンインストール処理中に、Windows インストーラーはファイルを復元するために元のインストール メディアにアクセスする必要があります。
回避策
この問題を回避するため、このセキュリティ更新プログラムをアンインストールする前に、システムが元のインストール メディアにアクセスできることを確認します。

SNA Server サービスがマルチノード システムで停止する

現象
この更新プログラムは、マルチノード構成で追加の Microsoft SNA Server サービスを使用する Host Integration Server 2006 ベース サーバーの以下のサービスを停止します。
  • SnaSrv02
  • SnaSrv03
  • SnaSrv04
: この問題は SNAServer ノード (SnaServr) に影響を及ぼしません。
原因
この問題は、これらのサービスが Host Integration Server 2006 で更新された SNARPC バイナリと同じ機能の一部であるために発生します。
回避策
作業が中断されないようにするために、この更新プログラムは追加のノードを停止できる場合にのみ適用される必要があります。この更新プログラムのインストールを完了した後、これらのサービスを手動で再開する必要があります。

Host Integration Server がシステムにインストールされているかどうかを判定する方法

Host Integration Server がシステムにインストールされているかどうかを判定するには、以下のいずれかの方法を使用します。

レジストリを使用して Host Integration Server がシステムにインストールされているかどうかを判定する

  • Host Integration Server 2000
    Host Integration Server 2000 がインストールされている場合、以下のサブキーがレジストリに存在します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Host Integration Server\5.0
  • Host Integration Server 2004
    Host Integration Server 2004 がインストールされている場合、以下のサブキーがレジストリに存在します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Host Integration Server\6.0
  • Host Integration Server 2006
    Host Integration Server 2006 がインストールされている場合、以下のサブキーがレジストリに存在します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Host Integration Server\7.0

Active Directory サービス接続ポイントを使用して、Host Integration Server 2006 がインストールされているシステムを確認する

サービス接続ポイント (SCP) は、Host Integration Server 2006 のインストールの間に Active Directory で作成されます。このサービス接続ポイントを使用して、エンタープライズ内のすべての Host Integration Server 2006 サーバーを識別できます。Active Directory Explorer などのツールを使用して、Active Directory に対してこれらのサービス接続ポイントを照会できます。 Active Directory Explorer の詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 以下の表を使用して、Host Integration Server 2006 サービス接続ポイントの詳細を確認できます。
プロパティ説明
serviceClassNameHISServer
serviceBindingInformationHIS サブドメインの名前。SNA Gateway がインストールされていない場合、この部分は空白です。
serviceDNSNameType'A' これはホスト タイプです。
serviceDNSNameNETBIOS ホスト名
ファイル情報
セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、セキュリティ情報 MS08-059 の「ファイル情報」セクションをご覧ください。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE WinNT Win2000
プロパティ

文書番号:956695 - 最終更新日: 02/10/2010 02:23:47 - リビジョン: 3.0

Microsoft Host Integration Server 2006 Enterprise Edition, Microsoft Host Integration Server 2006, Microsoft Host Integration Server 2004 Service Pack 1, Microsoft Host Integration Server 2000 SP2

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability KB956695
フィードバック
ml>