現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] SQL Server 2005 または SQL Server 2008 で、ストアド プロシージャのレプリケーションのスナップショット エージェントを実行すると、エラー メッセージ "このバージョンの SQL Server では、Name プロパティに値 @param_name を指定できません" が表示される

Bug # : 50003735 (SQL Hotfix)
Bug # : 50003135 (SQL Hotfix)

SQL Server 2008

マイクロソフトでは、Microsoft SQL Server 2008 の修正を 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。 修正は累積的であるため、新しいリリースの修正には、以前のリリースの SQL Server 2008 の修正に含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれます。

SQL Server 2005

マイクロソフトでは、Microsoft SQL Server 2005 の修正を 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。 修正は累積的であるため、新しいリリースの修正には、以前のリリースの SQL Server 2005 の修正に含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれます。
現象
Microsoft SQL Server 2005 または Microsoft SQL Server 2008 で、パラメータ名に全角のアンダースコア文字 (_) が含まれたストアド プロシージャがあるとします。 このストアド プロシージャのレプリケーションを作成します。 このとき、スナップショット エージェントを実行すると、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー: 14151、重大度: 18、状態: 1。

レプリケーション-Replication Snapshot Subsystem: エージェント <AgentName> は失敗しました。 レプリケーション エージェントで、例外が検出されました。

ソース: 不明

例外の種類: Microsoft.SqlServer.Management.Smo.WrongPropertyValueException

例外メッセージ: このバージョンの SQL Server では、Name プロパティに値 @param_name を指定できません。
原因
スナップショット エージェントは、Microsoft.SqlServer.Replication.Snapshot.SmoScriptingManager.GenerateStoredProcedureArticleScripts メソッドを呼び出します。 このメソッドは最終的に、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.ParameterBase.CheckParamName メソッドを呼び出します。 パラメータ名に全角のアンダースコア文字 (_) が使用されていると、CheckParamName メソッドで WrongPropertyValueException 例外が発生します。
解決方法

SQL Server 2008 の場合

この問題に対する修正は、累積的な更新プログラム パッケージ 2 で最初にリリースされました。この SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
958186 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 2 について
: ビルドは累積的であるため、新しくリリースされたパッケージには、それ以前の SQL Server 2008 更新プログラムのリリースに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれています。 この修正プログラムが含まれている最新リリースの修正の適用を検討することを推奨します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956909 SQL Server 2008 のリリース以降にリリースされた SQL Server 2008 のビルドについて

SQL Server 2005 の場合

SQL Server 2005 Service Pack 2

重要 : SQL Server 2005 Service Pack 2 を実行している場合は、この修正プログラムを使用する必要があります。

この問題に対する修正は、SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ 10 で最初にリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956854 SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ 10 について
: ビルドは累積的であるため、新しくリリースされたパッケージには、それ以前の SQL Server 2005 更新プログラムのリリースに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれています。 この修正プログラムが含まれている最新リリースの修正の適用を検討することを推奨します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 以降にリリースされた SQL Server 2005 のビルド
Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムは、特定の SQL Server Service Pack 用に作成されています。 SQL Server 2005 Service Pack 2 の修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストール環境に適用する必要があります。デフォルトでは、ある SQL Server Service Pack で提供される修正プログラムは、すべて次の SQL Server Service Pack に含まれます。

SQL Server 2005 Service Pack 3

重要 : SQL Server 2005 Service Pack 3 を実行している場合は、この修正プログラムを使用する必要があります。

この問題に対する修正は、その後 SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 でもリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
959195 SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 について
: ビルドは累積的であるため、新しくリリースされたパッケージには、それ以前の SQL Server 2005 更新プログラムのリリースに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ更新プログラムが含まれています。 この修正プログラムが含まれている最新リリースの修正の適用を検討することを推奨します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 以降にリリースされた SQL Server 2005 のビルド
Microsoft SQL Server 2005 の修正プログラムは、特定の SQL Server Service Pack 用に作成されています。 SQL Server 2005 Service Pack 3 の修正プログラムは、SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストール環境に適用する必要があります。デフォルトでは、ある SQL Server Service Pack で提供される修正プログラムは、すべて次の SQL Server Service Pack に含まれます。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

SQL Server 2008 の場合

変更されるファイル、およびこの「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている修正プログラムが含まれる累積的な更新プログラム パッケージを適用するための必要条件の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
958186 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 2 について

SQL Server 2005 の場合

この修正プログラムを適用すると、全角のアンダースコア文字 (_) を使用できるようになります。

変更されるファイル、およびこの「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されている修正プログラムが含まれる累積的な更新プログラム パッケージを適用するための必要条件の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956854 SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージ 10 について
関連情報
SQL Server 2008 以降にリリースされたビルドの一覧を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
956909 SQL Server 2008 のリリース以降にリリースされた SQL Server 2008 のビルドについて
SQL Server 2005 以降にリリースされたビルドの一覧を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 以降にリリースされた SQL Server 2005 のビルド
SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手する方法
SQL Server 2005 Service Pack 2 の新機能および機能強化の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。SQL Server の増分サービス モデルの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデル (ISM) について
SQL Server の更新プログラムの命名方式の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
プロパティ

文書番号:956889 - 最終更新日: 06/24/2009 09:20:55 - リビジョン: 4.1

Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition

  • kbautohotfix kbhotfixrollup kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver KB956889
フィードバック
;