現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ハードウェア仮想化環境で実行している Microsoft SQL Server 製品のサポート ポリシー

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:956893
はじめに
この資料では、ハードウェア仮想化環境で実行している Microsoft SQL Server 製品のサポート ポリシーについて説明します。
詳細
マイクロソフトのテクニカル サポートに SQL Server 2005 およびそれ以降のバージョン次のサポート対象ハードウェア仮想化環境を提供します。
  • Windows Server 2008 とそれ以降のバージョンの HYPER-V で
  • Microsoft HYPER-V Server 2008 とそれ以降のバージョン
  • 構成、サーバー仮想化検証プログラム (SVVP) によって検証されます。

    認定ベンダーおよび SVVP の構成の詳細については、次の SVVP web サイトを参照してください。メモ SVVP のソリューションは、Windows Server 2008 R2 またはそれ以降のバージョンが正しい SVVP の構成を考慮するが認定済みのハードウェアを実行してください。
マイクロソフトは、SQL Server 2008 のテクニカル ・ サポートおよびそれ以降のバージョン次のサポート対象ハードウェア仮想化環境を提供します。
  • (詳細については、よく寄せられる質問」を参照してください) Windows Azure 仮想マシンと Windows Azure の仮想ネットワークが含まれている Windows Azure インフラストラクチャ サービス

マイクロソフトのない技術的な制限は次の環境をサポート可能性があります。
  • SQL Server の場合、仕入先の仮想化や構成を実行している SQL Server 2005 (SQL Server 2000年など) より前のすべてのバージョン。
  • SVVP プログラムで検証する構成されていない、Microsoft 以外の仮想化ソフトウェア

このポリシーの制限されたサポートは、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料に基づいています。
897615 マイクロソフト以外のハードウェア仮想化ソフトウェアでマイクロソフトのソフトウェアを実行する場合のサポート ポリシー

制限事項と制限事項

次の制限事項と制限事項上記のサポート構成のサポート ポリシーに影響を与える可能性があります。
  • ゲスト フェールオーバー クラスタ リングは、SQL Server 2005 でサポートされてし、それ以降のバージョンが以下の要件のすべてを提供上記のサポートされているハードウェアの仮想化環境の仮想マシンが満たされています。
    • オペレーティング システム、仮想マシン (、「ゲスト オペレーティング システム]) は、Windows Server 2008 またはそれ以降のバージョンです。
    • 次の記事で、マイクロソフト サポート技術情報に記載されているようには、仮想化環境 Windows 2008 または Windows の 2012年のフェールオーバー クラスタ リングの要件を満たしています。
      943984 Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターのマイクロソフトのサポート ポリシー
      2775067 Windows Server 2012 フェールオーバー クラスターに対するマイクロソフトのサポート ポリシー
  • SQL Server 製品は、現在のマイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシーでサポートされているバージョンをする必要があります。マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシーの詳細については、次のマイクロソフト サポート web サイトを参照してください。
  • ハイパー-V または仮想化ベンダーの仮想化のスナップショットは、仮想マシンの SQL Server でを使用するのにはサポートされていません。スナップショットおよび SQL Server を使用すると問題が発生可能性がありますいないが、マイクロソフトのテクニカル サポートにスナップショットから復元された仮想マシンの SQL Server ユーザーがあることができます。
  • ハイパー-V のレプリカ上の SQL Server でサポートされていれば、 EnableWriteOrderPreservationAcrossDisks フラグが設定されています。

    メモ EnableWriteOrderPreservationAcrossDisks フラグを設定するのには、次のコマンドレットを実行します。

    VMName のセット VMReplicationvm 名> - EnableWriteOrderPreservationAcrossDisks 1

    例外

    複数の SQL 仮想マシン密接に互いに結合する場合は、個別の仮想マシンのフェイル オーバー、災害復旧 (DR) サイトにすることができますが、VM 内の高可用性 (HA) 機能の SQL を削除し、VM のフェールオーバー後に再構成する必要があります。このため、次の SQL Server 機能ハイパー VM レプリカに対してはサポートされていません。
    • 可用性グループ
    • データベースのミラーリング
    • フェールオーバー クラスターのインスタンス
    • ログ配布
    • レプリケーション

よく寄せられる質問

年第 1 四半期: を Microsoft 以外のベンダーによる構成が SVVP で認定されている場合どのようなレベルのテクニカル ・ サポートされます。

A1:マイクロソフト カスタマー サービス & サポート (CSS) が、お客様と認定のバーチャル マシンで実行されている SQL Server の問題を調査するのには、仕入先、SVVP で機能します。マイクロソフト CSS または SVVP 仕入先に TSANet プログラムと共に、お客様の許可を使用して、問題を解決するのには以下の SVVP サイト上に記載されているプロセスに従います。
第 2 四半期: が、SVVP を通じて、Microsoft 以外のベンダーの仮想化構成をどう証明してされていません。

A2:マイクロソフト CSS は、サポート技術情報記事 897615 で記載されているサポート ポリシーに従います。 詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
897615マイクロソフト以外のハードウェア仮想化ソフトウェアでマイクロソフトのソフトウェアを実行する場合のサポート ポリシー
マイクロソフト CSS の仕入先の仮想化ソフトウェアに問題がある可能性があることを決定した場合は、マイクロソフト CSS お客様の仮想化環境外問題を再現する必要があります。慎重に、SVVP の以下の SVVP web サイトでサポートされている構成について説明することが重要です。すべてのベンダーの構成は、仕入先、プログラムに含まれている場合でも SVVP で認定と見なされます。検証済みの構成のリストをベンダー送信変更をこのプログラムに更新されます。

Q3: SVVP プログラムは Windows Server 2008 の有効な構成を示します。その他のゲスト オペレーティング システムとして使用するサポートされている Windows のバージョンとは

A3:[はい] します。以下の SVVP web サイトに記載されてには、Windows Server 2008 R2 の Windows サーバー 2008年と Windows Server 2003 SP2 x 86 と x64 の両方のそれ以降のサービス パックでサポートされている SVVP の要件を Windows Server 2012 渡された商品と見なされますゲスト オペレーティング システムに SQL Server を実行すると、SQL Server のバージョンをゲスト オペレーティング システムのバージョンでは、それぞれ SQL Server の製品ドキュメントに記載されている要件に従ってサポートする必要があります。

SQL Server 用のハードウェアとソフトウェアの要件の詳細については、次のマイクロソフト TechNet web サイトを参照してください。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/ms143506.aspx

年第 4 四半期: は、データベース ミラーリングがサポートされて、仮想化環境で実行するよう SQL Server 機能ですか。

A4:インストールし、仮想化環境で SQL Server を使用するのには、唯一の制限は、この資料または SQL Server 製品のマニュアルを参照してください。任意の機能または使用この資料または SQL Server 製品のマニュアルで指定されていないと見なされます同じ制限とサポートを使用して、仮想化環境でサポートするには、「ベア メタル」ハードウェア環境。SQL Server の各エディションでサポートされている機能の詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。SQL Server 2005 およびそれ以降のバージョンは、仮想化環境で実行されている同じ要件が適用されます。

Q5: 簡易およびライブの移行では、Windows Server 2012 または SQL Server でサポートされている Windows Server 2008 R2 ハイパー-V ですか。

A5:はい、ライブ移行は SQL Server 2005 および Windows Server 2008 R2 または HYPER-V およびハイパー V サーバー 2008 R2 のそれ以降のバージョンまたはそれ以降のバージョンを使用すると、それ以降のバージョンはサポートされます。クイック移行は、Windows Server 2008 HYPER-V、HYPER-V Server 2008 で導入されたは Windows Server 2008 (またはそれ以降のバージョン) での SQL Server (すべてのバージョンの SQL Server 2005 と) を HYPER-V とハイパー V サーバー 2008年またはそれ以降のバージョンでサポートされます。

Q6: スナップショットやマイグレーションなど SVVP ベンダー仮想化機能を使用する場合何を SQL Server のサポート ポリシーですか。

A6:スナップショットは仮想化ベンダーの SQL Server ではサポートされていません。他の仮想化追加機能、SVVP ベンダーの移行などの SVVP ベンダーがサポートしなければなりません。これには、SQL Server でこれらの機能を使用する場合に発生する可能性のある問題が含まれます。このリソースの仮想化製品の他の機能のサポート ポリシーに関する詳細を参照してください。
Q7: HYPER-V 動的メモリは SQL Server はサポートされますか。

A7:HYPER-V 動的メモリは、SQL Server ではありません。HYPER-V 動的メモリを使用して追加されるメモリは、SQL Server のバージョンと、ホット メモリ (エンタープライズおよびデータ ・ センター) をサポートするエディションに表示されます。SQL Server 2012年の Standard エディションは、仮想環境で実行している場合はホット アド メモリを認識します。ホット アド メモリをサポートしていない SQL Server のバージョンがサポートされています。しかし、これらのバージョンの SQL Server を起動するときに、オペレーティング システムにはメモリのみを検出します。HYPER-V 動的メモリを配置する前に、HYPER-V 動的メモリを SQL Server を使用すると、次の資料参照してください。
Q8: Windows Azure 仮想マシンで実行中の SQL Server をサポートしていますか


A8:
はい。Microsoft SQL Server 2008 とそれ以降のバージョンに Windows Azure インフラストラクチャは Windows Azure 仮想マシンと Windows Azure の仮想ネットワークが含まれているサービスでサポートされています。SQL Server 2008 以降のバージョンでは、Windows Azure バーチャル マシンを展開すると、次の考慮してください。
  • Windows Azure のストレージ 地理的レプリケーション 複数のディスクにデータベースのデータとログ ファイルが格納されている場合は、サポートされていません。
  • AlwaysOn 可用性グループがサポートされています リスナー.

    は、使用することをお勧めします。 FailoverPartner 接続文字列キーワードを。
  • 中規模または大規模な VM のサイズをお勧めします。
  • Windows Azure 仮想マシンおよび SQL Server の詳細については次を参照してください。SQL Server を Windows Azure 仮想マシンで開始します。
Q9: のお客様は Windows Azure の VM ロールで SQL Server を実行できますか?

A9:Windows Azure の VM の役割は、永続的ではないロール、ないと同じでは、Windows Azure 仮想マシンです。SQL Server の実稼働使用はサポートされていません。Windows Azure プラットフォームでは今のデータ プラットフォームの機能を導入するお客様には、Windows Azure 仮想マシンまたは Windows Azure の SQL のデータベースを使用します。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:956893 - 最終更新日: 04/16/2013 04:50:00 - リビジョン: 17.0

Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2008 R2 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 PowerPivot for Microsoft Excel 2010, Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2012 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Web, SQL Server 2012 Enterprise Core

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbmt KB956893 KbMtja
フィードバック
aScript" async=""> var varAutoFirePV = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("