現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クライアント接続で Windows Server 2008 または Windows Vista では、[NTLMv2 応答のみを送信] の認証レベルを使用すると、"STATUS_INVALID_PARAM"のエラー コードを返す

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:957441
エラー メッセージの説明
LAN Manager 認証レベルを設定するNTLMv2 応答のみ送信-ベースの Windows Server 2008 または Windows Vista ベースのコンピューターにします。クライアントの拡張セキュリティをサポートしていないコンピューターに接続するときに、接続は失敗して、"STATUS_INVALID_PARAM"のエラー コードを返します。

このシナリオでは、 SmbSessionSetup()関数が失敗します。この資料では、この問題を解決することができます。

メモ この問題は、同一の LAN Manager 認証レベルを構成する場合は、Windows Server 2003 ベースまたは Windows XP ベースのコンピューターでは発生しません。
原因
この問題は、Windows Vista および Windows Server 2008 では、追加のセキュリティ チェックのため発生します。この問題は、拡張セキュリティせず NTLMv2 認証を使用するクライアントに制限されます。
解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用してください。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

重要な Windows Vista と Windows Server 2008 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、これらの製品の 1 つだけが、「修正プログラムの要求」ページに表示されます。Windows Vista と Windows Server 2008 の両方に適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページに記載されている製品を選択します。

前提条件

この修正プログラムをインストールするための必要条件はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムが、他のいかなる修正プログラムも置き換えることはありません。

レジストリ情報

以下のレジストリ変更する必要があります。このようにレジストリを変更する、進んでする、 「私の修正」 セクション。ではなく自分でを行う場合は、 自分自分で解決する」 セクション。

Fix it で解決する

このレジストリの変更は、自動的にこの問題を解決するリンクをクリックします。その後 [ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。



メモ このウィザードは英語版のみ提供されています。ただし、自動修正他言語バージョンの Windows でも動作します。

メモ 問題のあるコンピューターと、自動的な修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存できます、問題のあるコンピューターで実行することができます。

ここに移動します 「この問題は解決しましたか?」 セクション。

自分で解決する


重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. レジストリ エディターを開きます。これには、開始] をクリックしての種類 regedit検索の開始ボックス、および ENTER キーを押します。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを右クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa\MSV1_0
  3. [編集] メニューで、新規作成をポイントし、[ DWORD (32 ビット) 値] をクリックします。
  4. タイプ AllowLegacySrvCall、し thenpress 入力します。
  5. Usbehci.sys AllowLegacySrvCall、し変更を] をクリックします。
  6. タイプ 1セグでボックスし、[ OK] をクリックします。
  7. レジストリ エディターを終了します。

問題が解決されたかどうかの確認

問題が解決したかどうか確認します。問題が解決された場合、この資料の作業は完了したことになります。もし解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) を、次の表に一覧表示します。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示する際に、ローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロールパネルの日付と時刻の項目で、[タイム ゾーン] タブを使用します。
Windows Vista と Windows Server 2008 のファイル情報のメモ
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP を適用するファイルn) 次の表では、ファイルのバージョン番号を調べることにより識別できます。
    バージョン製品マイルストーン区分
    6.0.600 020xxxWindows RTM LDR
    6.0.600 122xxxWindows Vista SP1 と Windows Server 2008 SP1SP1 LDR
  • Service Pack 1 (SP1) は、Windows Server 2008.Therefore に統合されて、RTM マイルス トーン ファイルは Windows Vista のみに適用されます。バージョン番号は 6.0.0000、RTM マイルス トーン ファイル。xxxxxx バージョン番号です。
  • マニフェスト ファイルと各環境にインストールされている .mum ファイルは 別に記載 その他ファイル情報」の Windows Server 2008 と Windows Vista の場合に記載します。これらのファイルと関連付けられている .cat (セキュリティ カタログ) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために重要です。.Cat ファイルは、マイクロソフトのデジタル署名で署名されています。これらのセキュリティ ファイルの属性は表示されません。
すべてのサポートされている x86 ベース バージョンの Windows Server 2008 と Windows Vista
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Msv1_0.dll6.0.6000.20939213,5042008 年 10 月 18 日03: 21x86
Msv1_0.dll6.0.6001.22290210,4322008 年 10 月 18 日03:32x86
サポートされている x64 ベース バージョンの Windows Server 2008 と Windows Vista のすべての
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Msv1_0.dll6.0.6000.20939266,7522008 年 10 月 18 日03: 36x64
Msv1_0.dll6.0.6001.22290265,7282008 年 10 月 20 日12:47x64
Msv1_0.dll6.0.6000.20939213,5042008 年 10 月 18 日03: 21x86
Msv1_0.dll6.0.6001.22290210,4322008 年 10 月 18 日03:32x86
Itanium ベース バージョンの Windows Server 2008 をサポートされているすべての
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Msv1_0.dll6.0.6001.22290562,6882008 年 10 月 18 日04: 50IA-64
Msv1_0.dll6.0.6001.22290210,4322008 年 10 月 18 日03:32x86
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。そうすることで、問題が発生した場合でもレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
新しいバージョン オペレーティング システムのには機能が含まれます。"AllowLegacySrvCall"の動作を有効にするレジストリ エントリを設定する必要があります。

を設定する、LAN Manager 認証レベルをNTLMv2 応答のみ送信する Windows Server 2008 ベースまたは Windows Vista ベースのコンピューターで以下の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを開きます。これには、開始] をクリックしての種類 regedit検索の開始ボックス、および ENTER キーを押します。
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを右クリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa
  3. 詳細ウィンドウで、[LMCompatibilityLevelをダブルクリックします。
  4. セグでは、次のように入力します。 3、し [ OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディターを終了します。
拡張セキュリティ サポートなし NTLMv2 認証を使用するサンプル ネットワーク パッケージを次に示します。「機能」の下で「ExtenedSecurity」値は、拡張 securitysupport 有効になっているかどうどうかを示します。
 Frame: + Ethernet: Etype = Internet IP (IPv4)+ Ipv4: Next Protocol = TCP, Packet ID = 30978, Total IP Length = 293+ Tcp: Flags=...PA..., SrcPort=63869, DstPort=Microsoft-DS(445), Len=253, Seq=153239946 - 153240199, Ack=1782260649, Win=49640 (scale factor not found)+ Nbtss: SESSION MESSAGE, Length = 249- Smb: C; Session Setup Andx, Account = ADMINISTRATOR    Protocol: SMB    Command: Session Setup Andx 115(0x73)  + DOSError: No Error  + SMBHeader: Command, TID: 0x0000, PID: 0x8875, UID: 0x0000, MID: 0x0000  - CSessionSetupAndXNTLMNoESS:      WordCount: 13 (0xD)     ANDXCommand: No Secondary Command 255(0xFF)     AndXReserved: 0 (0x0)     ANDXOffset: 247 (0xF7)     MaxBufferSize: 4096 (0x1000)     MaxMpxCount: 1 (0x1)     VcNumber: 0 (0x0)     SessionKey: 0 (0x0)     CaseInsensitivePwdLen: 24 (0x18)     CaseSensitivePwdLen: 70 (0x46)     Reserved: 0 (0x0)   - Capabilities: 0x00000054      RawMode:            (...............................0) No Support for SMB_COM_READ_RAW and SMB_COM_WRITE_RAW (CAP_RAW_MODE)      MpxMode:            (..............................0.) No Support for SMB_COM_READ_MPX or SMB_COM_WRITE_MPX (CAP_MPX_MODE)      Unicode:            (.............................1..) Supports Unicode Strings (CAP_UNICODE)      LargeFiles:         (............................0...) No Support for large files with 64-bit offsets (CAP_LARGE_FILES)      NTSMBs:             (...........................1....) Supports SMB NTLM 0.12 dialect commands (implies CAP_NT_FIND) (CAP_NT_SMBS)      RPCRemoteAPIs:      (..........................0.....) No Support for remote API requests using RPC over named pipe connections (CAP_RPC_REMOTE_APIS)      NTStatus:           (.........................1......) Can respond with 32-bit NT status codes in Status (CAP_NT_STATUS)      LevelIIOplocks:     (........................0.......) No Support for Level II oplocks ( CAP_LEVEL_II_OPLOCKS)      LockAndRead:        (.......................0........) No Support for SMB_COM_LOCK_AND_READ and SMB_COM_WRITE_AND_UNLOCK (CAP_LOCK_AND_READ)      Reserved_bits9_11:  (....................000.........) Reserved      Dfs:                (...................0............) This server is NOT Distributed File System (Dfs) aware (CAP_DFS)      InfolevelPassthru:  (..................0.............) No Support for Windows NT information level pass-through requests [SMB_INFO_PASSTHROUGH] (CAP_INFOLEVEL_PASSTHRU)      LargeReadx:         (.................0..............) No Support for large read operations (CAP_LARGE_READX)      LargeWritex:        (................0...............) No Support for large write operations (CAP_LARGE_WRITEX)      Reserved_bits16_22: (.........0000000................) Reserved      Unix:               (........0.......................) No Support for UNIX CIFS Extensions (CAP_UNIX)      Reserved_bits24_28: (...00000........................) Reserved      BulkTransfer:       (..0.............................) No Support SMB_BULK_READ or SMB_BULK_WRITE (CAP_BULK_TRANSFER)      CompressedData:     (.0..............................) No Support compressed data transfer (CAP_COMPRESSED_DATA)      ExtenedSecurity:    (0...............................) No Support for extended security exchange (CAP_EXTENDED_SECURITY)     ByteCount: 186 (0xBA)     CaseInsensitivePwd: Binary Large Object (24 Bytes)     CaseSensitivePwd: Binary Large Object (70 Bytes)   + UnicodeParameters:      ANDXPadding: Binary Large Object (1 Bytes)

Windows Server 2008 および Windows Vista 用の追加ファイル情報

すべてのサポートされている x86 ベース バージョンの Windows Server 2008 と Windows Vista のファイルを追加
ファイル名Package_1_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,781
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_2_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,948
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_3_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,786
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_4_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,786
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_5_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,786
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_6_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,782
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_client_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,426
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_client_1 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,367
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_client ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,713
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_sc_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,421
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_sc ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,423
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_server_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,425
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_server ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,431
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpesrv_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,422
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpesrv ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,430
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpe_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,420
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpe ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,424
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_6a79d85075a103d6c007590bab6f4c03_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_ee4b7de6cb7735e9.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ701
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_ab2e23407eb52600fe6900c3434c2e55_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20939_none_d5d620ac8d4bb3e3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ701
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20939_none_7b3ee19a7e920421.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,890
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)03: 39
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_7cdb3c387bf15b82.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,890
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)04:09
プラットフォーム該当なし
追加ファイルをすべてサポート x 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 および Windows Vista
ファイル名Amd64_47d20ecef718695afb254a8325d564fb_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_7f28c6961455e09f.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ705
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_9b01840be04a6d633ba75cc9200f4803_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20939_none_b535af3de79b7913.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ705
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_d837268c5253ae762148a28d4e46b291_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_609b8acd94099c11.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,052
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_f2d943e0312d1e1ad876539dbdefb6da_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20939_none_d03cb1c555e3d7fb.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,052
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20939_none_d75d7d1e36ef7557.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,926
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)03:56
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_d8f9d7bc344eccb8.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,926
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)13:19
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_1_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,791
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_2_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,181
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_3_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,017
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_4_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,017
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_5_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,017
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_6_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,792
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_client_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,434
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_client_1 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,375
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_client ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,723
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_sc_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,429
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_sc ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,431
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_server_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,433
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_server ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,439
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpesrv_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,430
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpesrv ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,438
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpe_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,428
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpe ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,432
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6000.20939_none_e1b227706b503752.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ17,843
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)03:33
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_e34e820e68af8eb3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ17,843
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)04:00
プラットフォーム該当なし
Windows Server 2008 のすべての IA x64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル
ファイル名Ia64_99d3a59c7614089e9821c9ad25157259_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_311e6454dea3d095.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ703
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_d373563b497b5a1186f5230a7c134688_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_b6f7a734cf061a9b.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,050
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_7cdce02e7bef647e.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,908
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)05:39
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_1_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,786
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_2_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,012
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_3_for_kb957441 ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,012
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_sc_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,425
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_sc ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,426
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_server_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,429
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_server ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,434
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpesrv_0 ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,426
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Package_for_kb957441_winpesrv ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.0.1.0.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,433
日付 (UTC)2008 年 10 月 20 日
時刻 (UTC)17:40
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft windows セキュリティ ntlm_31bf3856ad364e35_6.0.6001.22290_none_e34e820e68af8eb3.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ17,843
日付 (UTC)2008 年 10 月 18 日
時刻 (UTC)04:00
プラットフォーム該当なし
その fixit を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:957441 - 最終更新日: 12/01/2013 06:06:00 - リビジョン: 8.0

Windows Vista Business, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit edition, Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Ultimate 64-bit edition, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems

  • kbmsifixme kbfixme kbsurveynew kbautohotfix kbfix kbbug kbexpertiseinter kbqfe kbmt KB957441 KbMtja
フィードバック
r="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">