Open XML File Format Converter for Mac 1.0.1 更新プログラムについて

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS08-057 を公開しました。このセキュリティ情報には、Open XML File Format Converter for Mac のセキュリティ更新プログラムに関連する情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

更新プログラムの詳細

Open XML File Format Converter for Mac 1.0.1 更新プログラムを適用すると、攻撃者が悪質なコードでコンピュータのメモリの内容を上書きできる可能性があるという、脆弱性が修正されます。

更新プログラムの入手方法

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

ダウンロードOpen XML File Format Converter for Mac 1.0.1 パッケージ

リリース日 : 2008 年 10 月 14 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新されたファイル

この更新プログラムによって追加または変更されるファイルの完全な一覧を参照するには、更新プログラム インストーラをダブルクリックし、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。

注 :
  • Open XML File Format Converter for Mac 1.0.1 更新プログラムは、Microsoft AutoUpdate を使用して入手することもできます。AutoUpdate は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つためのプログラムです。

    AutoUpdate を使用するには、Microsoft Office プログラムを起動し、[ヘルプ] メニューの [AutoUpdate] をクリックします。

    Office 2004 for Mac に関する資料の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
プロパティ

文書番号:958304 - 最終更新日: 01/16/2015 10:38:27 - リビジョン: 2.0

Microsoft Office 2004 for Mac Standard Edition, Microsoft Office 2004 for Mac Professional Edition, Microsoft Office 2004 for Mac Student and Teacher Edition, Microsoft Entourage 2004 for Mac, Microsoft Excel 2004 for Mac, Microsoft PowerPoint 2004 for Mac, Microsoft Word 2004 for Mac

  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbbug kbsecvulnerability kbsecbulletin kbsecurity kbqfe kbexpertisebeginner KB958304
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)