ユーザー データは、USMT からが予期せず、タスク シーケンス エンジンによって、オペレーティング システム展開プロセス中に System Center Configuration Manager 2007 SP1 削除されることがあります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

958808
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
以下のシナリオを考えます:
  • 既存のオペレーティング システムの展開 (OSD) イメージ パッケージをインストールするのには、タスク シーケンスを作成します。
  • 状態の移行] ページで、ローカルのユーザー設定の保存] オプションを選択します。
  • 一部のクライアントにこのパッケージを展開します。
  • 展開プロセスは失敗します。
このシナリオでは、ユーザー状態移行ツール (USMT) から取得したユーザー データが削除されることがあります。つまり、ユーザー データが含まれているハードウェア ドライブ ユーザー データをキャプチャするコンピューターを除去することがあり、[削除されたユーザー データを復元することはできません。

削除されるのではなく、OSD の処理中に別の場所に保存するには、ユーザー データを期待します。
原因
タスク シーケンス エンジンの展開を成功させるために発生したことを認識すると、タスク シーケンス System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 1 (SP1) は C:\_ SMStasksequence ディレクトリ内のすべてのデータを削除します。

タスク シーケンス処理プロセスのいずれかの手順で (特に、こと手順中に) 失敗した場合はその手順の エラーを続行 する] チェック ボックスが選択されている場合は、エラーは、タスク シーケンス エンジンに渡されません。したがって、タスク シーケンス エンジニア、ユーザー データを削除します。
解決方法

Service Pack 情報

この問題を解決するには、Microsoft System Center Configuration Manager 2007 の場合このマイクロソフトの Web サイトから入手可能な最新の Service Pack を取得: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3318741a-c038-4ab1-852a-e9c13f8a8140
この Service Pack での解決の問題の一覧については、Microsoft ナレッジベースで次の資料番号] をクリックします。
971348修正プログラムおよび System Center Configuration Manager 2007 Service Pack 2 に含まれている更新プログラムの一覧

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。

メモ別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:メモ"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、System Center Configuration Manager 2007 Service Pack インストール 1 (SP1) を持っている必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

ただし、次の手順を実行することを確認してください。
  1. System Center Configuration Manager のサイト サーバーに 958808 の修正プログラムをインストールします。
  2. 既存のオペレーティング システム展開イメージ パッケージをインストールするのには、タスク シーケンスを作成します。ローカルのユーザー設定の保存] オプションを選択します。
  3. 編集するために作成されたタスク シーケンスをマウスの右ボタンでクリックします。
  4. ローカルの状態のの場所の設定、] をクリックし、OSDStateStorePath 変数を指定します。この変数の既定値は _SMSTSUserStatePath % です。
  5. "c:\userdata"など、この変数の値を別の値を変更します。このディレクトリが存在することを確認してください。
  6. 変更内容を保存し、[新しいタスク シーケンスを実行します。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。これらのファイルの日時を世界協定時刻 (UTC) で示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Osdapplyos.exe4.0.6221.1129132,0962008 年 11 月 30 日21: 20x86
Osdapplyos.exe4.0.6221.1129688,1282008 年 11 月 30 日21: 20エ 64
Osdapplyos.exe4.0.6221.1129300,0322008 年 11 月 30 日21: 20x64

メモファイルの属性情報は、x86 プラットフォームに、x64 プラットフォーム、インターナショナル クライアント パック 1 (ICP1) および ICP2 を適用します。
回避策
この問題を回避するには、[ユーザー設定の状態の移行ポイントの保存 オプション] を選択します。
状況
マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:958808 - 最終更新日: 01/16/2015 02:44:30 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft System Center Configuration Manager 2007
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt KB958808 KbMtja
フィードバック