Exchange 2007 ユーザーが Outlook 以外の POP3 クライアントまたは IMAP4 クライアントを使用して Exchange Server 2007 から高い重要度のメッセージまたは低い重要度のメッセージにアクセスすると、メッセージの重要度属性が失われる

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange 2007 ユーザーが Outlook Express や Windows メールなどの Outlook 以外の POP3 クライアントまたは IMAP4 クライアントを使用して Exchange Server 2007 から高い重要度または低い重要度のメッセージにアクセスすると、importance 属性が失われます。そのため、メッセージは通常のメッセージとして認識されます。ただし、Microsoft Office Outlook または Outlook Web Access (OWA) では、重要度属性は "高" または "低" として表示されます。
原因
RFC 4021 で定義されているように、重要度は登録されているヘッダーです。"重要度" ヘッダー以外の多くのさまざまなヘッダーを使用して、電子メール メッセージのエンドツーエンドの重要度を表すことができます。それらの中には、"X-Priority" (1-5) ヘッダーや "X-MSMail-Priority" (High、Low、および Normal) ヘッダーがあります。ただし、現在 Exchange Server 2007 では、送信 MIME メッセージ (POP/IMAP) 用の "重要度" ヘッダーのみが提供されています。そのため、クライアントが "重要度" ヘッダーを認識せず、メッセージが重要であるかどうかを判断するために "X-Priority" フィールドまたは "X-MSMail-Priority" フィールドを使用することが予想される場合、問題が発生します。
解決方法
この問題を解決するには、Exchange 2007 Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 8 をインストールします。
Exchange 2007 Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 8 の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
968012Exchange Server 2007 Service Pack 1 用の更新プログラムのロールアップ 8 の説明
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
RFC 4021 の詳細については、以下の Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:958938 - 最終更新日: 01/15/2015 18:10:49 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1
  • kbnosurvey kbarchive kbexpertiseadvanced kbqfe kbhotfixrollup KB958938
フィードバック