現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

Windows Server 2008 には、ドメイン コントローラーをアップグレードすると Office Communications Server または Live Communications Server 2005 が正しく動作しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:958980
現象
以下のシナリオを考えます:
  • 既存の Windows Server 2003 フォレストがあります。
  • Microsoft Office Communications Server または Microsoft Office Live Communications Server 2005 Service Pack 1 (SP1) は、Windows Server 2003 ベースのコンピューターにインストールされます。
  • Windows Server 2003 ベースのコンピューターが Windows Server 2003 フォレスト内のドメインのメンバーです。
  • フォレスト内のドメイン コントローラーを Windows Server 2008 にアップグレードします。
このシナリオでは、Office Communications Server または Live Communications Server 2005 SP1 を実行している Windows Server 2003 ベースのコンピューターが正常に動作しない場合があります。たとえば、Office Communications Server 2007 または Live Communications Server 2005 SP1 のユーザー インターフェイスの一部が表示しない場合があります。

さらに、新しい Office Communications Server のサーバーまたは Live Communications Server 2005 SP1 サーバーをフォレストに追加できない場合があります。新しい Office Communications Server または Live Communications Server 2005 SP1 のプールを追加できない場合があります。
原因
これらの問題は、Active Directory ディレクトリ サービスを Active Directory ドメイン サービス (AD DS) Windows Server 2008 で Windows Server 2003 からアップグレードする場合に発生します。 この状況では、Live Communications Server 固有の表示指定子は、Windows Server 2003 を再作成するのには、フォレストの準備操作を実行する必要があります。
解決方法
この問題を解決するのには、フォレストの準備のオプションは Communications Server で使用してデプロイメント ツールまたは [Live Communications Server 2005 の展開ツール。フォレストの準備のオプションが Windows Server 2008 フォレスト Communications Server または Live Communications Server 2005 のインストールを準備します。

Lcscmd.exe を使用することもできます Communications Server または Live Communications Server 2005 のインストールには、Windows Server 2008 フォレストを準備するのには、コマンド ライン ツール。Lcscmd.exe コマンド ライン ツールを使用してフォレストを準備するのには、コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
Lcscmd.exe/forest/action:ForestPrep
フォレストが正しく準備されることを確認するのには、コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
LcsCmd.exe/forest/action:CheckForestPrepState
詳細
通信サーバーと Live Communications Server 2005 は、表示指定子では、Active Directory フォレストを更新します。Windows Server 2008 Active Directory にアップグレードすると、2 つの新しいフォレストのロケールをフォレストに追加されます。したがって、2 つの新しい表示指定子も追加されます。

Live Communications Server 展開ツールで、フォレストの準備のオプションを実行すると、CheckForestPrepState アクションは、チェック Communications Server] タブまたは [Live Communications Server 2005 タブ上の各表示指定子が存在します。各タブで、表示指定子が存在しない場合は、CheckForestPrepState アクション フォレストを re-mapped 必要があることを報告します。
関連情報
Office Communications Server 2007 環境でサポートされている構成の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Live Communications Server 2005 の Active Directory を準備する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:958980 - 最終更新日: 10/31/2008 16:39:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Office Communications Server 2007 Standard Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Live Communications Server 2005 Service Pack 1
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition
  • kbtshoot kbprb kbmt KB958980 KbMtja
フィードバック
>