現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] SQL Server 2005 でマージ エージェントを実行すると、ブロッキングの問題が発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:959023
現象
Microsoft SQL Server 2005 では、マージ パブリケーションを構成します。マージ エージェントを実行すると、ブロッキングの問題が発生します。ブロッキングの問題を監視すると、次の現象を検索します。
  • この問題を監視する作成したブロッキング スクリプトの出力では、レプリケーション ストアド プロシージャを実行しているスレッドはブロックされます。たとえば、次のレプリケーション ストアド プロシージャは、ブロックされたスレッドが実行されていることがあります。
    • Sp_MSinsertgenhistory のストアド プロシージャ
    • Sp_MSgetmakegenerationappl のストアド プロシージャ
    • Sp_MSenumgenerations のストアド プロシージャ
    メモ SQL Server Management Studio で、利用状況モニターを使用してブロックされているスレッドを確認することもできます。

    スクリプト ブロックを作成して、問題を監視する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    271509SQL Server 2000年および SQL Server 2005 でのブロッキングを監視する方法
  • Sp_mergemetadataretentioncleanup がストアド プロシージャを呼び出すストアド プロシージャが完了した場合でも、SQL Server トレースで sp_mergemetadataretentioncleanup が格納されているプロシージャから開かれているトランザクションが実行されています。さらに、そのトランザクションにアテンション イベントする場合があります。ストアド プロシージャ sp_mergemetadataretentioncleanup がストアド プロシージャを呼び出す、次のストアド プロシージャのいずれかがあります。
    • Sp_MSinsertgenhistory のストアド プロシージャ
    • Sp_MSgetmakegenerationappl のストアド プロシージャ
    • ストアド プロシージャを sp_MSenumgenerations。
    たとえば、SQL Server のトレースで、次のようなレコードもあります。
    イベント クラスTextDataオブジェクト名データベース IDTransactionIDホスト名ClientProcessIDApplicationNameSPID
    RPC: 完了exec sp_MSenumgenerations'9B9CC268-A43A-4736-9481-0B99227C3BF0'、1051201、1sp_Msenumgenerations5525491216ホスト名1896ApplicationName69
    イベント クラスTextDataオブジェクト名データベース IDTransactionIDホスト名ClientProcessIDApplicationNameSPID
    SP:StmtCompletedトランザクション開始sp_mergemetadataretentioncleanup5525491216ホスト名1896ApplicationName69
    SP:StmtStarting NULL の dbo を選択します。MSmerge_contents (TABLOCK、HOLDLOCK) を 1、2sp_mergemetadataretentioncleanup5525491216ホスト名1896ApplicationName69
    イベント クラスTextDataオブジェクト名データベース IDTransactionIDホスト名ClientProcessIDApplicationNameSPID
    注意5525491216ホスト名1896ApplicationName69
原因
この問題は、マージ メタデータのクリーンアップ プロセス、xact_abort ON オプション ON にトランザクション用に設定しないために発生します。場合、sp_mergemetadataretentioncleanup をストアド プロシージャが実行されている場合、予期しない例外は、ネットワークの問題が発生した場合など、トランザクションはロールバックされません。トランザクションがロールバックされていない場合は、トランザクションによって保持されているロックのリソースは解放されません。
解決方法

サービス パックの情報

この問題を解決するには、SQL Server 2005 の最新の service pack を入手します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は SQL Server 2005 Service Pack 3 で修正されました。
詳細
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:959023 - 最終更新日: 07/20/2011 11:28:00 - リビジョン: 3.0

  • kbtshoot kbbug kbfix kbexpertiseadvanced kbsql2005repl kbmt KB959023 KbMtja
フィードバック
/html>