Windows Server 2008 ベースのコンピューターをランダムに再起動すると、停止エラー メッセージが発生する: 「0x000000BE ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY」

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:959056
エラーの説明
Windows Server 2008 ベースのサーバーがランダムに再起動します。この問題が発生すると、次のような Stop エラー メッセージが表示されます。
0X000000BE (を停止します。 パラメーター 1, パラメーター 2, パラメーター 3, パラメーター 4 )
ATTEMPTED_WRITE_TO_READONLY_MEMORY
注:
  • この Stop エラー メッセージ内のパラメーターは、コンピューターの構成によって異なる場合があります。
  • すべて 0x000000BE の Stop エラー メッセージは、この問題が原因です。
この資料では、問題を解決できます。
原因
この問題は、Windows Server 2008 正しく同期しないメモリ保護の変更、システム レジストリ ハイブ ファイルを書き込むときのために発生します。
回避策
この問題を回避することがあるするには、「Fix it で解決するセクションに進んでください。使用することこの問題を自分で場合に、「手動で解決するセクションに進んでください。

Fix it で解決する

自動的にこの問題を回避するには、この問題を解決するリンクをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスでの実行] をクリックし、このウィザードの手順を実行します。



このウィザード可能性があります英語でのみ使用できます。ただし、この自動修正プログラムは、他言語バージョンの Windows でも動作します。

注: <b>この問題がないコンピューター上で自動修正プログラムをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、問題のあるコンピューターで実行することもできます。

現在では、「この問題は解決しましたですか?」セクション。

手動で解決する

重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SessionManager\Configuration Manager\
  3. 詳細ペインでは、ProtectedStorageを右クリックし、し、[変更] をクリックします。

    注: <b>ProtectedStorageregistry エントリが存在しない場合は、作成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    2. タイプ ProtectedStorage、し、ENTER キーを押します。
  4. [基点] ボックスで、[10 進] をクリックしての種類 0セグでボックスし、[ OK] をクリックします。
  5. レジストリ エディタを終了します。
  6. コンピューターを再起動します。

問題が解決されたかどうかの確認

この問題が再度発生しない場合は、この資料の作業は完了です。この問題が再び発生することができます。 サポートにお問い合わせください。.
ステータス
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
fixit を修正するコード 0 xbe 2008 サーバー、CmpFileWriteThroughCache

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:959056 - 最終更新日: 09/05/2015 07:39:00 - リビジョン: 6.0

Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard

  • kbmsifixme kbfixme kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb kbmt KB959056 KbMtja
フィードバック