現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SMTP サーバーに ISA Server への接続が終了すると ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 の接続、SMTP クライアントをリセットします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:959312
現象
次のシナリオを検討してください。
  • マイクロソフトのインターネット セキュリティとアクセラレータ (ISA) Server 2006 または Forefront TMG 2010 では、SMTP のフィルターを有効にします。
  • ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 を通じて SMTP サーバー、SMTP クライアントと通信します。
  • SMTP クライアントで、SMTP サーバーとの対話を次の動詞のいずれかを使用します。
    • TLS
    • STARTTLS
    • X AnonymousTLS
SMTP サーバーが TCP の FIN パケットが ISA Server または Forefront TMG 2010 への接続を終了したときこのシナリオでは、ISA Server 2006 または Forefront TMG 2010 の接続、SMTP クライアントをリセットします。この動作と、アプリケーションがメッセージを正しく送信するメッセージの配信が失敗したことを報告するがいくつか特定の SMTP クライアント可能性があります。

ISA のログは、次の結果コードをこの接続を参照してください。
0X80074E24 FWX_E_CONNECTION_KILLED
原因
SMTP サーバーが ISA Server または Forefront TMG 2010 への接続を閉じると仕様では、SMTP クライアントへの接続がリセットされます。これは、ISA Server または Forefront TMG 2010 SMTP トラフィックに対して、SMTP を検査できないためにです。終了トラフィックが暗号化されている場合にコマンドです。ただし、この現象は特定の SMTP クライアント アプリケーションにエラーを報告する可能性します。
解決方法
修正プログラムを不適切なエラー報告を回避するのにはようになりました。この修正プログラムに、既定の動作を SMTP サーバーが TCP の FIN パケットで TCP 接続を終了したとき ISA Server が TCP の FIN パケットを SMTP クライアントではなく、リセット パケットを返すように変更することができます。この修正プログラムをインストールした後、既定の動作を変更するには、ISA Server コンピューター上でスクリプトを実行することがあります。

この修正プログラムを適用するには、次の手順を実行します。
  1. ダウンロードし、以下のサポート技術情報の資料に記載されている修正プログラム パッケージをインストールします。
    959357ISA Server 2006 の修正プログラム パッケージの説明: 2008 年 10 月 29 日
    注: Forefront TMG 2010 を実行している場合は、手順 2 でメモ帳のファイルにスクリプトをコピーし、保存します。管理者特権でコマンド プロンプトを開き、(ie のスクリプトを実行: リソースの smtp.vbs を cscript).
  2. メモ帳を起動し、次のスクリプトをメモ帳ファイルにコピーします。
    Const SE_VPS_GUID = "{143F5698-103B-12D4-FF34-1F34767DEabc}"Const SE_VPS_NAME = "GracefulPassthroughServerShutdown"Const SE_VPS_VALUE = trueSub SetValue()    ' Create the root obect.    Dim root  ' The FPCLib.FPC root object    Set root = CreateObject("FPC.Root")    'Declare the other objects needed.    Dim array       ' An FPCArray object    Dim VendorSets  ' An FPCVendorParametersSets collection    Dim VendorSet   ' An FPCVendorParametersSet object    ' Get references to the array object    ' and the network rules collection.    Set array = root.GetContainingArray    Set VendorSets = array.VendorParametersSets    On Error Resume Next    Set VendorSet = VendorSets.Item( SE_VPS_GUID )    If Err.Number <> 0 Then        Err.Clear        ' Add the item        Set VendorSet = VendorSets.Add( SE_VPS_GUID )        CheckError        WScript.Echo "New VendorSet added... " & VendorSet.Name    Else        WScript.Echo "Existing VendorSet found... value- " &  VendorSet.Value(SE_VPS_NAME)    End If    if VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) <> SE_VPS_VALUE Then        Err.Clear        VendorSet.Value(SE_VPS_NAME) = SE_VPS_VALUE        If Err.Number <> 0 Then            CheckError        Else            VendorSets.Save false, true            CheckError            If Err.Number = 0 Then                WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", saved!"            End If        End If    Else        WScript.Echo "Done with " & SE_VPS_NAME & ", no change!"    End IfEnd SubSub CheckError()    If Err.Number <> 0 Then        WScript.Echo "An error occurred: 0x" & Hex(Err.Number) & " " & Err.Description        Err.Clear    End IfEnd SubSetValue
  3. .Vbs ファイル名の拡張子を使用して、Microsoft Visual Basic スクリプト ファイルとしてファイルを保存します。
  4. スクリプトを実行するために、.vbs ファイルをダブルクリックします。
メモ既定の動作に戻す場合は、スクリプトの次の行を変更します。
Const SE_VPS_VALUE = true

この行は次のように変更します。
Const SE_VPS_VALUE = false

次に、ISA Server または Forefront TMG コンピューター上のスクリプトを再実行してください。
状況
Microsoft この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認済みです。
関連情報
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するには、以下の「base をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明するために使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:959312 - 最終更新日: 02/12/2011 06:41:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB959312 KbMtja
フィードバック
script' src='" + (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");