グループ ポリシーの基本設定移行ツール (GPPMIG) の説明

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

959963
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
グループ ポリシーの基本設定移行ツール (GPPMIG) のバージョン 3.0 の開発は、コマンド ライン アプリケーションには。NET フレームワークです。ドメイン管理者の資格情報を持つユーザーは、同じグループ ポリシー オブジェクト (GPO) に、またはを別の GPO にグループ ポリシーの基本設定項目に PolicyMaker 項目を移行するのには GPPMIG を使用できます。
詳細

使用目的

GPPMIG は、1 つの GPO を移行するには、対象を指定するまたはを移行するのには、すべての Gpo を選択できます。GPPMIG には、手順に記載します。
  1. GPPMIG はユーザーのドメインにプライマリ ドメイン コント ローラー (PDC)、すべての Gpo の一覧を取得するのには、ページのライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) クエリを実行します。
  2. GPPMIG は PolicyMaker の項目で構成されていないリストのすべての GPO をフィルター処理します。
  3. GPPMIG は、PolicyMaker 固有のクライアント側拡張子では、各 GPO の各 GPO の最終的なリストを反復処理します。
  4. 全体の GPO は、次回 GPO に移動する前に評価されます。
  5. PolicyMaker の設定が、GPPMIG になる場合は、同等のグループ ポリシーの基本設定の構成はありません。
  6. 既存のグループ ポリシーの基本設定項目に PolicyMaker 項目と同等のグループ ポリシーの基本設定の構成を移行しません。
  7. GPPMIG は GPO 内の PolicyMaker の項目の検索が完了したら、グループ ポリシーの基本設定クライアント側拡張機能を含むように、グループ ポリシー オブジェクトを更新します。
  8. GPPMIG バージョン番号、ユーザー、コンピューター、または両方の PolicyMaker 項目によっては、移行します。移行、GPO の PolicyMaker のアイテムは変更されません。PolicyMaker のすべての項目は構成され、GPO のままです。
  9. GPPMIG は移行ログを実行したディレクトリに作成します。


メモ グループ ポリシーの基本設定クライアント側拡張機能はこれらの項目を含まないので GPPMIG は PolicyMaker アプリケーションやメール プロファイルのデータは移行されません。

重要なメモ: GPPMIG は、マイクロソフト テクニカル サポートではサポートされていません。その"として-は"ユーティリティ。すべての支援を必要がある場合は、メールをお送りください。 gppmsup@microsoft.com詳細については、readme.doc ファイルは GPPMIG をインストールした後を取得を参照してください。


使用法

GPPMIG を使用して段階的な方法でグループ ポリシーの基本設定に PolicyMaker 項目を移行することができますか、新しいグループ ポリシーの基本設定項目を保持し、新しい Gpo に PolicyMaker 項目を移行するのには、新しい Gpo を作成することができます。段階的なアプローチは、計画の移行戦略です。次のセクションでは、段階的な方法が記載されています。このドキュメントは、環境のニーズに最適計画の移行戦略を変更するのには、ことができます。PolicyMaker の項目 3 段階でグループ ポリシーの基本設定を移行します。
  1. ステージ 1: PolicyMaker の項目が含まれているし、GPMC 1.x を使用してその Gpo をバックアップする Gpo を特定します。
  2. ステージ 2: と同じ、または、新しい GPO のグループ ポリシーの基本設定項目に PolicyMaker 項目を移行します。
    • グループ ポリシーの基本設定クライアント側拡張機能 (Cse) がクライアント コンピューターに展開します。
  3. 段階 3: グループ ポリシーの基本設定項目がユーザーとコンピューターに適用したことを確認します。
    • GPMC 6.0.0.1 を使用して、Gpo をバックアップする (場所、さまざまなバックアップには、[ステージ 1 を実行するものです。
    • 必要に応じて、PolicyMaker のアイテムから Gpo を削除、

コマンド

GPPMIG には、次の 4 つの基本的なコマンドが含まれます。
  • Whatif: PolicyMaker の項目が含まれているすべてのグループ ポリシー オブジェクトを表示します。
  • 移行: と同じ GPO 内のグループ ポリシーの基本設定項目に PolicyMaker 項目を移行します。
  • MigrateTo: を別の GPO にグループ ポリシーの基本設定項目に PolicyMaker 項目を移行します。
  • 削除: PolicyMaker のアイテムから GPO を削除します。

要件

Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターでインストーラーを実行しなければなりません。Net 3.0。

GPPMIG は、オペレーティング システムをダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:959963 - 最終更新日: 01/16/2015 10:48:54 - リビジョン: 4.0

  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • kbnosurvey kbarchive kbexpertiseinter kbinfo kbsurveynew kbmt KB959963 KbMtja
フィードバック