現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows SteadyState 自動的に Windows XP ベースのコンピューター状況再起動可能性がありますいません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:960271
問題の説明
Windows SteadyState 自動的に Windows XP ベースのコンピューターは次の場合に再起動されません。
  • オフの場合は、ユーザー ログオン、 ログオフした後コンピューターを再起動します。 チェック ボックスをオンに、 全般 タブには ユーザー設定 ダイアログ ボックスです。
  • Windows SteadyState で選択されている、更新時間に達しました。
  • Windows SteadyState がダウンロードされ、更新プログラムをインストールします。
  • 指定された時間、 変更を一時的に保持します。 Windows ディスク保護のレベルに達する。
原因
次のシナリオではこの問題が発生することができます。

シナリオ 1

コンピューターをドメインから削除され、ワークグループ コンピューターようになりました。

シナリオ 2

ユーザーの既定以外の設定の組み合わせがワークグループ コンピューターにログオンしている、 対話型ログオン: CTRL + ALT + DEL を必要としません。 ローカル セキュリティ ポリシーの設定とは
DisableCAD
レジストリのエントリです。これらの設定は、ローカル セキュリティの設定ファイル (Secpol.msc) で指定されます。設定の組み合わせは、次の表に示します。

表に関する注意事項
  • は、 対話型ログオン: CTRL + ALT + DEL を必要としません。 「CTRL + ALT + DEL ◇ として」ローカル セキュリティ ポリシーの設定に呼ばれる
  • は、
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\Winlogon: DisableCAD
    レジストリの設定は"DisableCAD"と呼ばれます
ポリシーの設定[CTRL + ALT + DEL を必要としない"ポリシー"DisableCAD"のレジストリ設定エラーが再現されます。
1(既定値) が定義されていません(既定値) が存在しません。いいえ
2(既定値) が定義されていません0[はい]
3(既定値) が定義されていません1いいえ
4有効にします。(既定値) が存在しません。いいえ
5有効にします。0いいえ
6有効にします。1いいえ
7無効にします。(既定値) が存在しません。[はい]
8無効にします。0[はい]
9無効にします。1[はい]

シナリオ 3

ユーザーは、ワークグループ コンピューターにサービス、コンピューターを再起動しようとしています。 いずれかの次のポリシーが設定されている場合ログオンしていません。
  • ローカル ポリシーの設定 (Secpol.msc)、[ローカル セキュリティ設定ファイル内で、 対話型ログオン: CTRL + ALT + DEL を必要としません。 ポリシーを設定するのには 定義されていません。.

    メモ この設定は既定値です。この設定が無効になっている場合は、コンピューターを再起動できません。
  • Winlogon レジストリ エントリで、
    DisableCAD
    、次のレジストリ サブキーの下に表示されません。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\WindowsNT\CurrentVersion\Winlogon
    メモ このエントリを追加し、0 に設定する場合は、コンピューターを再起動できません。
メモ 最初のポリシーよりも優先されますがします。そのため、最初のポリシーが正しく設定されて場合は、2 つ目のポリシーの設定に関係なくは無視されます。Windows SteadyState で、このシナリオでは、エラー再現されません。
回避策
この問題を回避するには、デフォルトの設定に、対話型ログオン ポリシーと、Winlogon レジストリ エントリの値を返します。これらの手順、ワークグループのコンピューターまたはコンピューターをドメインから削除された終了日し、はワークグループのコンピューターを通常どおり再起動します。

既定値に、対話型ログオン ポリシーと、Winlogon レジストリ エントリの値を取得するを参照してください、 「を修正」 セクションです。むしろ自分ですると、ネットワークへの 「私自身で修正することができます" セクションです。

私の問題を修正します。

対話型ログオン ポリシーと、Winlogon レジストリ エントリの値が既定値に自動的に設定] をクリックしてに戻るには、 この問題を解決します。 リンクします。クリックして、 実行 で、 [ファイルのダウンロード ダイアログ ボックス、し、このウィザードの手順を実行します。



メモ このウィザード英語でのみ有効です。ただし、自動修正も他の言語バージョンの Windows 用に動作します。

メモ 問題のあるコンピューターにない場合、自動的な修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行できます。

今すぐに移動し、 「この問題は解決しましたか?」 セクションです。

自身で修正することができます。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

対話型ログオン ポリシー

対話型ログオン ポリシーを既定の設定に戻るには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ secpol.msc で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  2. 展開 ローカル ポリシー、し セキュリティ オプション.
  3. で、 ポリシー 列を右クリックして 対話型ログオン: CTRL + ALT + DEL を必要としません。、し プロパティ.
  4. で、 ローカル セキュリティの設定 タブで、クリックしてください 有効になっています。、し [OK].

Winlogon レジストリ エントリ

Winlogon レジストリ エントリのデフォルト設定に戻ります、以下の手順します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター で、 ファイルを開く ボックスとクリック [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを選択します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
  3. 右側のウィンドウで、右クリックします。 DisableCAD、し 削除.
  4. クリックしてください。 [はい] 次のメッセージがように求められます。
    この値を削除してもよろしいですか?
  5. で、 ファイル メニューをクリックして 終了 レジストリ エディターを閉じます。
この問題は解決しましたか。
この問題を解決するかどうかを確認してください。修正する場合は、この記事で完了です。固定されていない場合は、サポートに連絡することができます。
詳細
Windows SteadyState の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
fixit 修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:960271 - 最終更新日: 08/12/2011 13:21:00 - リビジョン: 5.0

  • kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbfixme kbsurveynew kbmsifixme KB960271 KbMtja
フィードバック