期末分析会計目的で Microsoft Dynamics GP でプロシージャを終了します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:960356
はじめに
分析会計の年度末決算手続き '別の' がありません。残高に転送 (BBF) エントリ AA 寸法を自動的に作成されます GL の年度末決算プロセスの一部としてある BBF エントリを作成するのには AA の分析コードの設定がある場合。この資料の手順は、GL の年度末を行う前に、データは、GL の年度末の実行中にエラー処理を終了する可能性のある AA データをチェックするプロセスを終了するかを確認するのに役立ちます。この資料が表示 残高に転送・ エントリーを持つディメンションごとに新しい年の作成が必要な場合に AA の分析コードを設定する方法。

手順は次のエラー メッセージを GL の年度末決算プロセス中に発生する可能性を解決するには、履歴に履歴データを移動する方法にも与えられます: を参照してください手順 3 にこのメッセージを解決します。

統合トランザクションを実行し、分析会計の残高に転送を再作成するのには終了年の履歴ユーティリティの詳細を転送します。


詳細
年度末を閉じると、Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳のプロセスを実行、自動的に分析会計トランザクション AAG30000 の履歴テーブルに移動 AAG40000 シリーズのテーブルです。(分析会計で実行する必要があります個別決算の手順はありません) です。期末処理中に統合する分析コードを選択することがあります。分析会計では、期末の処理の対象としてマークされている寸法の AAG30000 テーブルのバランスに前方のエントリを作成し、詳細を AAG40000 シリーズのテーブルに移動し、します。

<b>FRx のレポートを使用する場合は、FRx 6.7 SP12 にする必要があります (バージョン 6.7.12008) またはそれ以上です。FRx バージョンが 6.7.12008 よりも低い場合は、962862 の修正プログラム Microsoft FRx を AAG40000 シリーズのテーブル内の履歴データの分析会計を読み取ることができるために最初に適用する必要があります。



解決策


手順 1: は、財務報告書が AA テーブルを使用するかどうかを決定します。


GL を閉じるか、この資料の手順を実行すると、前に、正常に実行するのバランスをとる GL の試算表を財務レポートを実行します。見つかった問題点に基づき、適切な方法に従います。

-方法 1 の場合に正しい: 財務レポートが正しく、 2-8 では、この資料の手順に進みますが、完了する必要があることがありますし、GL に一致する場合はないエラーが発生した AA GL 年最後の終了処理中にします。

注: のみを (管理レポーターの GL 会社またはその他のレポート作成ツールからの読み取り時にレガシ プロバイダー) などの GL テーブルから直接読み取るレポート システムを使用するかどうか]、財務レポートの場合、し、続行できますが手順 2 に、財務報告に AA のデータは影響しませんので。


-- しない場合の正しい方法 2: AA テーブルを使用している可能性がありますがほとんどであると、AA のデータが、GL のデータと一致しません、財務レポートが正しくない場合は、ただし、します。AA データを確認するには、まずこの資料の手順の残りの部分だけでなく、KB 2910626 で提供される SQL スクリプトを実行してください。

管理 Reporter での注意点: データ マートから読み込み、AA (GL) のテーブル、または、管理 Reporter で使用される従来のプロバイダーは、AA の企業から読み取ることが。

方法 2 の手順を実行します。

a.) 最初に、GL の AA のデータを確認する KB 2910626 のすべての thescripts を実行します。

管理レポーターからの財務報告書では Microsoft Dynamics GP で全般的な元帳の試算表レポートが一致しません
http://support.microsoft.com/kb/2910626

b.) 場合は、KB 2910626 の手順を完了したら、次の手順の残りの部分でのこの KB andcontinue に返されます。(手順 2 と手順 4 にも KB 2910626、ですが、ことをお勧めこれをもう一度、再確認するのには既にこのデータを修正する場合の結果を返す必要がありますいないことに注意してください)。



手順 2: 重複している年の AA のデータを確認します。


年、AAG30000 テーブルを開くと AAG40000 の履歴テーブル内の重複がないかどうかを確認するのにはこれらのスクリプトを実行します。テーブルが 1 つまたは両方が、他の独立した各年しか存在しません。
select distinct(YEAR1) from AAG30000select distinct(YEAR1) from AAG40000
-検索する場合に問い合わせてサポート インシデントをオープンすることを推奨し、両方のテーブルでは、年をオーバー ラップします。サポート ・ リクエストは、通常、この問題は、レコードをインポートするため作成ために請求可能です。データ修正を行う必要がある場合この必要があること、コンサルティングに先に請求可能な経費になります注意してください。


手順 3: は、AA と GL の間で一致を開く/履歴テーブルの間の年を確認します。


次に、AA では、数年であることを確認同じ GL テーブルと開いているか閉じて数年では、テーブルです。AAG30000、GL20000 の開いているテーブルには、同じ年が必要です。AAG40000 と GL30000 の履歴テーブルが同じの終了年を含める必要があります。
select distinct(YEAR1) from AAG30000select distinct(OPENYEAR) from GL20000select distinct(YEAR1)from AAG40000 order by YEAR1select distinct(HSTYEAR) from GL30000 order by HSTYEAR
場合は、AAG30000 の年が終了する年の前にテーブルを開き、手順に移動データを履歴以下の履歴を過去の年度のデータを移動するもをも行う必要があります。AAG30000 テーブルのみがデータ/gl. で現在開かれている年は、長年GL の年を終了しようとする場合このメッセージが表示されます。

統合トランザクションを実行し、分析会計の残高に転送を再作成するのには終了年の履歴ユーティリティの詳細を転送します。

上記のスクリプトを使用して、実行の手順に移動データを履歴GL の年度末の中に問題が起こらない上に、メッセージを防ぐことができますので、プロセスを終了する必要があるかどうかを判断します。


履歴データを移動する手順を実行するには:
初めての GP 10.0 SP2 よりも高いまたはそれ以降のバージョンでの GL を閉じる (AA がアクティブになる) と、システムを使用すると、GL の年度の決算前に、AA データを履歴に移動するように求められます。システムがあることを確認 AA データで開くと過去 AA テーブルでは、一連の対応するデータが/gl. で開くと履歴のテーブルでは、GL として大文字と小文字でない場合、GL の年度末決算を行う前に、AA の履歴ユーティリティに移動を実行するメッセージが表示されます。

忘れないでください (AA がアクティブになる) と、GL の年度が閉じられていない場合バージョン 10.0、GP の 2010年へのアップグレードの sp2 には、後で service pack をインストールした後「する必要がありますトランザクションを統合し、転送詳細履歴ユーティリティを閉じるには、1 年」を示すメッセージが表示される可能性があります。AA の年が会社の会計期間の設定で過去の年に対してテーブルを開くに決算処理を比較するコードが追加されました。AA データがあるテーブルの AAG3000X シリーズの過去 1 年間場合、エラーが表示されます。それらの年に統合する手順に従います。

1) Microsoft Dynamics GP ] メニューで、ツール、ユーティリティ] をポイントするポイントし、財務をポイントし、会計の分析] をポイントし、の履歴データを移動します

2) オープンの AAG3000x テーブルに、システムが検出されたという点で、最も古い年がデフォルトです。同時に 1 年間を移動することのみできます。

3.)、適切なオプションを選択します。

履歴トランザクションの詳細を転送する: このオプションは履歴テーブルを開いてから AA の詳細レコードを移動するが、BBF エントリは作成されません。AA テーブルには BBF エントリが含まれていないことを確認する必要がありますそれ以外の場合することはできませんこのオプションを選択します。このオプションはだけ、AAG40000 のテーブルに、AAG30000 テーブルからレコードを移動します。

統合トランザクションと履歴の転送の詳細: このオプションは、履歴テーブルに開いてから AA の詳細レコードを移動し、BBF エントリを作成します。オプションが記載されている必要がありますただし、BBF エントリを作成するために以前に選択します。このオプションは、トランザクション ディメンションのすべてのコード、終了年 (としてマークされている統合) の残高を統合し、履歴テーブルに AA の情報を転送します。

統合残高、新しい年に繰に注意してください。終了年の BBF エントリが作成されます。

転送プレビュー レポートの印刷のみ: このテンプレートを使用すると、実際にデータを移動せずに移動するトランザクションを表示します。レポートをプレビューでは、実行される連結を表示します。

このオプションはデータを変更していないに注意してください。

4.) をクリックしてOK です

'履歴' 毎年の繰り返しこのプロセス 5.)。(年は、AAG30000 の開いているテーブルが GL30000 履歴」テーブルにします。年する必要がある AA の履歴テーブルに一致するように移動します。)

注:「手順 3」の上で異なる年スクリプトを再度する場合は、AA と GL のテーブルを開く、および履歴の AA と GL テーブル間で一致するよう個別年が表示されます。



手順 4: 重複するヘッダーの AA テーブルを確認する ID


会社のデータベースに対してこのスクリプトは、同じヘッダーも ID のかどうかを参照してください。 実行は、テーブル間に存在します。
select * from AAG30000 where aaGLHdrId in (select aagLHDrId from AAG40000)
重複が見つかった場合、ヘッダーは、両方のテーブルを ID しに問い合わせてサポート インシデントをオープンすることをお勧めします。サポート案件は、請求可能です。データ修正を行う必要がある場合この必要があること、コンサルティングに先に請求可能な経費になります注意してください。

Dynamics データベース内の AAG00102 テーブルに格納されている次の使用可能な番号が戻さ、Dynamics データベース、現在の上に古い Dynamics データベースを復元した場合はこれが発生します。GP が既に使用されている、YEAR1 の別の値に使用される同じ aaGLHdrID 値になる場合でも、これらの値からインクリメントし続けます。


手順 5: AACOPYSTATUS の値の更新

次は、AAG40001 テーブル内の無効な aacopystatus 値を確認します。このスクリプトを実行します。

select count(*) from AAG40001 where aaCopyStatus<>8 

GL の年度の終了を実行する前に '8' に aaCopyStatus を更新するとしては上記のスクリプトには、結果が返された場合: ('8' の値とは、年度末決算プロセスを許可する値のことです)。

update AAG40001 set aaCopyStatus=8


手順 6: 会計年度末に含まれる分析コードの設定を確認します。

オプションをオンに、会社、年度末に AA ディメンションを含むように閉じる、次の 2 つの手順を使用して、マークを年度末に含まれる個々 の寸法を閉じます。AAG30000/AAG30001/AAG30002 テーブル内の BBF エントリと同じ aaGLHdrID を持つ AAG30003 テーブル内のエントリが発生します。これは、2 段階の処理としては、次のようにします。

総勘定元帳、まだ決済していない場合は、決算プロセスに含まれるディメンションが正しくマークされているかどうかを確認するのには次の手順に従います。
  1. マーク分析会計、会計年度末には、セットアップ オプションを次のように終了します。
    1. [スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GPツール] をポイント設定] をポイントし、ポイント会社に、会計の分析] をポイントして、オプション] をクリックします。
    2. 年終了閉じるに含める] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

      <b>このオプションは、寸法のバランスに前方のエントリを作成する機能を有効にするだけです。分析会計データは、このオプションが設定されているかどうかに関係なく、総勘定元帳を閉じたときにまだ AAG40000 シリーズのテーブルに移動されます。
  2. 次のように年度末に含まれるディメンションを個別にマークします。
    1. カード] メニューの [財務] をポイントし、会計の分析] をポイントおよびトランザクションの分析コード] をクリックします。
    2. トランザクション ・ ディメンション] ボックスの一覧では、年度末決算プロセスに追加するディメンションをクリックします。
    3. 年終了閉じる] 領域で、年終了閉じるに含める] チェック ボックスをオンにし、[保存] をクリックします。
    4. B と c を年度末決算プロセスに含める各ディメンションに対して手順を繰り返します。


ステップ 7 - を AA 会計マスターを確認します。

常に AA 会計マスター テーブル (AAG00200) と一致している GL アカウントのマスター テーブル (GL00100)、年度末決算を処理する前に確認することをお勧めします。アカウントが存在しない場合は、不適切な AA の BBF エントリを同じです。すべての GL アカウントのマスター、GL アカウントのインデックスのマスター、および AA 会計マスター テーブルのレコード数が同じであることを確認するのには会社のデータベースに対して、次のスクリプトを実行します。
-------------------------------------------------select count(*) from GL00100select count(*) from GL00105select count(*) from AAG00200-------------------------------------------------

• AA 会計マスター テーブルに、GL00100 テーブルよりも少ないレコードがある場合は、不足している GL 勘定を挿入するのには次のスクリプトを使用します。
-------------------------------------------------insert into aag00200 ACTINDX, aaAcctClassID,aaChangeDate,aaChangeTime)select ACTINDX, 0, convert(char(10),getdate(),111), convert(char(12),getdate(),114)from GL00100 where ACTINDX not in (select ACTINDX from aag00200)-------------------------------------------------
• AA 会計マスター テーブルに、GL00100 テーブルより多くのレコードがある場合は、余分なレコードを削除するのには次のスクリプトを使用します。
-------------------------------------------------Delete AAG00200 where ACTINDX not in (Select ACTINDX from GL00100)-------------------------------------------------

• GL00105 テーブルが一致しない場合を参照してください。 KB 855963(GL00105) アカウントのマスター インデックス テーブルを再作成する方法について。


ステップ 8 - 実行のテストを終了


常にバックアップを作成、現在の GL の年度末決算プロセスを開始する前にします。エラーが表示されないことを確認するには、最初のテストの会社の GL の年度末決算を実行してテストすることをお勧めします。GL の年度末決算プロセスでは、繰上仕訳帳のエントリ (BBF) のバランスを実際に作成内容は、し、総勘定元帳と会計の分析の両方のテーブルでは、終了する年のレコードを移動します。BBF エントリは、GL と AA の両方のテーブルに作成されます。総勘定元帳の年度末決算手続きの KB 888003 でに記載された手順を参照してください。

詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
888003 Microsoft Dynamics GP で総勘定元帳の年度末の決算手続き


手順 9-では、貸借対照表レポートを確認します。

アカウントの差引残高を新しい年に繰上が正しいことを確認するのには、Microsoft Dynamics GP の全般的な元帳の試算表レポートを管理 Reporter に貸借対照表レポートを比較することをお勧めします。これらの残数が一致しない場合、バックアップを復元し、マイクロソフトのサポート用のサポート インシデントを開くには Dynamics GP サポートにお問い合わせください。


大草原地帯年終了移動期間の期末分析会計年度末

警告: この記事は自動翻訳されています

속성

문서 ID: 960356 - 마지막 검토: 09/18/2016 14:38:00 - 수정: 0.18

Microsoft Dynamics GP 2016, Microsoft Dynamics GP 2015, Microsoft Dynamics GP 2013, Microsoft Dynamics GP 2010, Microsoft Dynamics GP 10.0

  • kbsurveynew kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbmbsmigrate kbexpertisebeginner kbmt KB960356 KbMtja
피드백