Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラムについて

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS08-072 および MS08-074 を公開しました。これらのセキュリティ情報には、Microsoft Office 2008 for Mac セキュリティ更新プログラムの関連情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
更新プログラムの詳細
Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラムには、安全性、安定性、信頼性、およびパフォーマンスが向上する複数の変更が収められています。さらに、この更新プログラムを適用すると、攻撃者が悪質なコードでコンピュータのメモリの内容を上書きできる可能性があるという、脆弱性が修正されます。

更新プログラムに含まれる機能強化

Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラムでは、以下の点が強化されました。

Microsoft Office 2008 for Mac のすべてのアプリケーションに対する機能強化

  • セキュリティの強化
    この更新プログラムを適用すると、攻撃者が悪質なコードでコンピュータのメモリの内容を上書きできる可能性があるという、Office 2008 for Mac の脆弱性が修正されます。詳細については、この資料で前述のセキュリティ情報を参照してください。
  • 安定性が向上
    この更新プログラムを適用すると、Office 2008 アプリケーションを開くとき、または使用しているときに、Office 2008 アプリケーションが突然終了する問題が修正されます。
  • Excel および PowerPoint に入力するときのパフォーマンスが向上
    この更新プログラムを適用すると、ネットワーク共有から、または仮想マシン上の共有フォルダからのドキュメントが最近使用したファイルの一覧に表示される場合に、Excel および PowerPoint での入力のパフォーマンスが改善されます。

Microsoft Word 2008 for Mac の機能強化

  • Word 97-2004 形式で保存された文書で、書式設定が改善されています。この更新プログラムを適用すると、Word 文書を Word 97-2004 形式で保存し、Word 2003 for Windows でそれを再度開いた場合に書式設定の問題を起こす問題が修正されます。

Microsoft Excel 2008 for Mac の機能強化

  • 計算の信頼性が向上
    この更新プログラムを適用すると、次の計算の問題が修正されます。
    • SUMIFS および AVERAGEIFS 関数は、合計または平均範囲のセルにテキストに評価される数式が含まれる場合、正しくない結果を出す場合がある。
    • XIRR 関数は、計算されていないセルを参照する場合、正しくない計算を実行する場合がある。
    • AVERAGEIF および AVERAGEIFS 関数は、平均範囲の少なくとも 1 つのセルが数式の結果である場合、正しくない結果を出す。
    • ある種の Open XML 形式のファイルまたは Excel バイナリ ブック ファイルを開いた場合、計算の順序が正しく読み込まれない。これにより正しくない結果が出る場合がある。
    • BIN2OCTBIN2HEXOCT2BINOCT2HEXDEC2BINDEC2OCTDEC2HEXHEX2BIN、および HEX2OCT 関数は、ユーザーが数値引数として 0 を渡し、places 引数を提供しない場合、#NUM! エラーを返す。
  • Excel ワークシートから PowerPoint または Word ドキュメントに画像を貼り付けるときの信頼性が向上
    この更新プログラムを適用すると、[図としてペースト] または [PDF としてペースト] オプションを使用して Excel ワークシートを Word または PowerPoint に貼り付けようとする場合に、これらのオプションが失敗する問題が修正されます。また、Excel からデスクトップに画像のトリミングをドラッグするときに発生する問題も修正されます。
  • ピボットテーブル レポートでアイテムを並べ替えるときの安定性が向上
    この更新プログラムを適用すると、ピボットテーブル アイテムを昇順または降順で並び替えるときに Excel が突然終了する場合がある問題が修正されます。
  • 配列が入力された数式が含まれるワークブックから列または行を削除するときの安定性が向上
    この更新プログラムを適用すると、配列が入力された数式が含まれる Open XML 形式または Excel バイナリ ワークブック形式のワークブックで行または列を挿入または削除した後に、Excel がクラッシュまたは突然終了する場合がある問題が修正されます。

Microsoft Entourage 2008 for Mac の機能強化

  • タイム ゾーン情報の更新。
    この更新プログラムを適用すると、タイム ゾーン情報が更新されます。

この更新プログラムに含まれている、これまでにリリースされた機能強化

この更新プログラムには、Office 2008 for Mac 12.1.1 以降の更新プログラムでリリースされたすべての機能強化が含まれています。以前にリリースされた更新プログラムの機能強化の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
953822Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムについて
956344 Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.2 更新プログラムについて
958267 Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.3 更新プログラムについて
Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.4 更新プログラムの機能強化に関する詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
詳細

必要条件

Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラムをインストールする前に、コンピュータで Mac OS X 10.4.9 (Tiger) またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムが実行されていることを確認します。

コンピュータがこの必要条件を満たしていることを確認するには、アップル メニューの [この Mac について] をクリックします。

さらに、Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラムをインストールする前に、次のいずれかの更新プログラムをコンピュータにインストールする必要があります。
  • Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.0 更新プログラム
  • Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラム
  • Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.2 更新プログラム
  • Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.3 更新プログラム
  • Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.4 更新プログラム
これらの更新プログラムのいずれかがインストールされたことを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。
  2. Microsoft Office 2008 フォルダを開き、いずれかの Office アプリケーションを開きます (Word を開くなど)。
  3. [Word] メニューの [Word について] をクリックします。
  4. [Word について] ダイアログ ボックスで、[最新のインストール済み更新プログラム] に表示されるバージョン番号を比較します。

更新プログラムの入手方法

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

ダウンロードMicrosoft Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラム パッケージ

リリース日 : 2008 年 12 月 9 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新されたファイル

この更新プログラムによって追加または変更されるファイルの完全な一覧を参照するには、更新プログラム インストーラをダブルクリックし、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。

注意事項

  • Office 2008 for Mac 12.1.5 更新プログラムは、Microsoft AutoUpdate を使用して入手することもできます。AutoUpdate は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つためのプログラムです。

    AutoUpdate を使用するには、Microsoft Office プログラムを起動し、[ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] をクリックします。

    Office 2008 for Mac に関する資料の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
update security_patch security_update security bug flaw vulnerability malicious attacker exploit registry unauthenticated buffer overrun overflow specially-formed scope specially-crafted denial of service DoS TSE
プロパティ

文書番号:960401 - 最終更新日: 01/16/2015 17:57:54 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office for Mac 2008 Standard Edition
  • Microsoft Office 2008 for Mac (Home and Student Edition)
  • Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition
  • Microsoft Entourage 2008 for Mac
  • Microsoft Office Excel 2008 for Mac
  • Microsoft Office PowerPoint 2008 for Mac
  • Microsoft Office Word 2008 for Mac
  • kbnosurvey kbarchive kbsurveynew kbfix kbbug kbsecvulnerability kbsecbulletin kbsecurity kbqfe kbexpertiseinter KB960401
フィードバック