現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Forefront Security for Exchange Server Service Pack 2 について

はじめに
この資料では、Microsoft Forefront Security for Exchange Server Service Pack 2 (SP2) で修正される Microsoft Forefront Security for Exchange Server のバグについて説明します。
詳細

Service Pack 2 の新機能

  • 次の新しいスキャン エンジンのパフォーマンス カウンターは、トランスポート、リアルタイム、およびマニュアル スキャン ジョブに追加されます。
    • すべてのエンジンで 1 秒ごとにスキャンされる平均メッセージ数
    • すべてのエンジンで 1 つのメッセージをスキャンするのにかかる時間の平均
  • Service Pack 2 には、Forefront Server Security (FSS) の更新機能を拡張することにより、マルウェアに対して最新の対策を講じる新しい機能があります。この機能は、新しい脅威の検索エンジンまたは既存のスキャン エンジンの計画された更新プログラムを使用できることをユーザーに迅速に通知します。このような通知は、更新プログラムを有効にする前に、製品の構成を適切に変更する方法について、管理者にアドバイスします。通知は FSS イベント ログ エントリのログに記録されます。また、ウイルス管理者の通知グループによる電子メール配信用に構成することもできます。この機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

修正される問題の一覧

この Service Pack を適用すると、以下の問題が修正されます。
961429 Forefront Security for Exchange Server でのフィルターを構成できない
961431 Forefront Security for Exchange Server のスキャン エンジンは更新されず、ProgramLog.txt ファイルにエラーのログが記録される
961929 GetEngineFiles.exe 手順では、Microsoft Forefront Security for Exchange Server を実行しているコンピューター上の一部ファイルが誤って削除される
961440 Forefront Security for Exchange Server Service Pack 2 の向上した Active Directory クエリのパフォーマンスについて
961926 Forefront Security for Exchange Server は Office 2007 ファイルで UnwritableCompressedFile ウイルスを検出することがある
961868 添付ファイルが Forefront Security for Exchange Server の .rar ファイルとして誤って検出される
961434 Forefront Security for Exchange Server のパブリック フォルダーをスキャンできないため、イベント ID 5014 がアプリケーション ログに記録される
961936 ユーザー定義のワーム駆除一覧を作成し、MaxCompressedFileInfections レジストリ値をゼロに設定すると、ワームが削除されて Forefront Security for Exchange Server から駆除される
967071 Forefront Security for Exchange Server における FSCStarter.exe 手順で、応答が停止され、バケット ID 1051284231 を参照するワトソン博士のクラッシュが発生する
967075 Forefront Security for Exchange Server の電子メール通知が誤ったアドレスから送信される
967051 Forefront Security for Exchange Server のスキャン エンジンは更新されず、ProgramLog.txt ファイルに "ファイルを抽出できませんでした" というエラーのログが記録される
967052 Forefront Security for Exchange Server における Getenginefiles.exe 手順で、応答が停止され、バケット ID 796835995 を参照するワトソン博士のクラッシュが発生する
967072 Forefront Security for Exchange Server における FSCStatsServ.exe 手順で、応答が停止され、バケット ID 1085186554 を参照するワトソン博士のクラッシュが発生する
967938 FSCController.exe 手順が停止してから再開され、電子メール通知で Forefront Security for Exchange Server の動作が停止する
971434 スキャン エンジンが Forefront Security for Exchange Server での更新に失敗した後、すべての電子メール メッセージがアーカイブされる
961385 Forefront Security for Exchange Server における一部の既定の検出メッセージにより、エラーが発生したか、ウイルスが検出されたとユーザーまたは管理者が誤解する可能性がある
961394 キーワード一覧に 32,767 個を超えるエントリが含まれていると、Forefront Security for Exchange Server のキーワード フィルターにより動作が停止する
961428 Microsoft Forefront Security for Exchange Server の管理者のクラッシュおよびバケット ID 604195725 のワトソン博士のエラーが発生する
961432 Forefront Security for Exchange Server によって大規模な LDAP クエリが生成されると、電子メール メッセージはキューに入る
961425 Microsoft Forefront Security for Exchange Server が応答を停止し、FSCController.exe 手順のクラッシュを参照するバケット ID 668683526 のワトソン博士のエラーが発生する
961397 Forefront Security for Exchange Server Service Pack 1 ロールアップ 3 で実装されている追加のログが原因で、Exchange の高メール フロー環境でキューが発生することがある
968253 Forefront Security for Exchange Server で起動時にリアルタイム スキャン ジョブを開始できないため、エラー コード "0x80030020" および "0x80030021" がログに記録される
968260 Forefront Security for Exchange Server Service Pack 2 のパフォーマンスを最適化するリソース使用量の向上について
961728 サーバーを起動した後に MSExchange トランスポートと MSExchangeIS サービスが開始されない
963029 選択したファイルの種類を使用してファイル フィルターを作成した後に、Forefront Security for Exchange Server では音楽ファイルが正常に検出されない

既知の問題

Database パスと Install パスが異なるサーバーに Forefront Security for Exchange Server 10.2.942.0 をアップグレードとしてインストールすると、以下のエラーが表示されます。
Licensing:Could not fine ELI at ELI path (%Databasepath%\Engines\).Using install path (%InstallPath%)
Error:SybLicense:Could not load the cab file:(%InstallPath%)\EngineInfo.cab
DatabasePath 設定と InstallPath 設定の値が異なるサーバーの場合は、インストールを実行する前に、EngineInfo.cab ファイルをインストール パッケージから手動で展開し、"%DatabasePath%\Engines" フォルダー内のサーバーにコピーする必要があります。Engineinfo.cab ファイルはインストール実行可能ファイルに埋め込まれているため、Setup.exe をディスクの一時的な場所にコピーし、以下の手順を実行して、コンテンツを展開する必要があります。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. Setup.exe /x」と入力し、Enter キーを押します。
  3. ファイルを展開するパスを要求されたら、そのパスを入力し、[OK] をクリックします。
  4. Engineinfo.cab ファイルを展開した後、それを適切なフォルダー %Database%\Engine にコピーします。%Database%\Engine フォルダーの既定の場所は次のとおりです。
    ドライブ名:\Program Files(x86)\Microsoft Forefront Security\Exchange Server\Data\Engines
注:
  • 既定の Database パスは次のとおりです。ドライブ名:\Program Files(x86)\Microsoft Forefront Security\Exchange Server\data
  • 既定の Install パスは次のとおりです。Drive:\ Program Files(x86)\Microsoft Forefront Security\Exchange Server
詳細

Service Pack 情報

Windows Server 2008 で Service Pack をインストールする方法の手順については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

インストールの手順

この更新プログラムは次の Microsoft ボリューム ライセンス サービス (MVLS) から入手できます。また、評価版は次の Microsoft TechNet から入手できます。

必要条件

この Service Pack をインストールするための必要条件はありません。

再起動に関する情報

この Service Pack の適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この Service Pack は、すべての以前の Service Pack および修正プログラムのロールアップに代わるものです。

レジストリ情報

この Service Pack を使用するには、レジストリを変更する必要がありません。
FSE SP2
プロパティ

文書番号:960465 - 最終更新日: 09/29/2011 18:22:00 - リビジョン: 3.0

  • kbinfo kbqfe kbexpertiseinter kbsurveynew fpe2010sweptdoesnotapply KB960465
フィードバック
/html>