Dsdbutil.exe ユーティリティや、Ntdsutil.exe ユーティリティを使用して Windows Server 2003 で権限を持つオブジェクトの復元を実行すると、エラー メッセージ:"無効なキー %s は DN に found"

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:961071
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Dsdbutil.exe ユーティリティや、Ntdsutil.exe ユーティリティを使用するには Windows Server 2003 では、オブジェクトの権限のある復元を実行するには、次のエラー メッセージが表示されます。
無効なキー %s の DN を記載します。
この問題は、オブジェクトの DN が、次に相対識別名 (RDNs とも呼ばれます) 以外の任意の文字列を含まれる場合に発生します。
  • 「ドメイン コントローラー」または"DomainComponent"
  • "CN"または"CommonName"
  • "OU"または"OrganizationalUnitName"
  • "O"または「会社名」
  • 「ストリート」または"StreetAddress"
  • "L"または"LocalityName"
  • 「短期」または"StateOrProvinceName"
  • "C"または"CountryName"
メモ DN はコンマで接続されている相対識別名のシーケンスです。

たとえば、Active Directory アプリケーション モード (ADAM) データベースにオブジェクトがあるし、このオブジェクトの DN UID 相対識別名を含みます。 このオブジェクトを権限のある復元を実行する、Dsdbutil.exe ユーティリティを使用して、次のエラー メッセージが表示されます。
無効なキー"uid"の DN を記載します。
権限のある復元できませんでした。
入力 - 無効な構文解析エラーです。
原因
この問題は、Dsdbutil.exe ユーティリティおよびは Ntdsutil.exe ユーティリティがのみ次相対識別名を認識できるために発生します。
  • 「ドメイン コントローラー」または"DomainComponent"
  • "CN"または"CommonName"
  • "OU"または"OrganizationalUnitName"
  • "O"または「会社名」
  • 「ストリート」または"StreetAddress"
  • "L"または"LocalityName"
  • 「短期」または"StateOrProvinceName"
  • "C"または"CountryName"
解決方法
サポートされている修正プログラムを Microsoft から入手可能なようになりました。 ただし、これはするためのもの、この資料に記載されている問題のみを修正です。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。 この修正プログラム テストを受ける可能性があります。 そのため場合この問題で深刻な影響を受けていないお勧めしますこの修正プログラムを含む、次回ソフトウェアの更新されるまで待つことです。

この問題を直ちに解決するには、顧客サポート マイクロソフトに連絡の修正プログラムを入手します。 カスタマー サポート サービスの電話番号およびサポートのコストに関する情報の完全な一覧、については、次の Web マイクロソフトを参照してください。 メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

実行してこの修正プログラムを適用している必要があります Windows Server 2003 Service Pack 1 </a0>] または [Windows Server 2003 サービス パック 2 コンピューターにします。

修正プログラム置き換えに関する情報

修正この修正プログラムはプログラム置き換えられることもほかありません。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [ 日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
Windows Server 2003 Service Pack 1、x86 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性
Ntdsutil.exe5.2.3790.3265312,8322008 年 12 月 18 日11: 25x86SP1
W03a2409.dll5.2.3790.326540,9602008 年 12 月 18 日11: 02x86SP1
Dsdbutil.exe1.1.3790.3265231,4242008 年 12 月 18 日11: 26x86SP1
Windows Server 2003 Service Pack 1、x64 ベース バージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性区分
Ntdsutil.exe5.2.3790.3265503,2962008 年 12 月 18 日22: 18x64SP1該当なし
W03a2409.dll5.2.3790.326541,4722008 年 12 月 18 日22: 18x64SP1該当なし
Dsdbutil.exe1.1.3790.3265336,3842008 年 12 月 18 日22: 18x64SP1該当なし
Wntdsutil.exe5.2.3790.3265312,8322008 年 12 月 18 日22: 18x86SP1おっと
Ww03a2409.dll5.2.3790.326540,9602008 年 12 月 18 日22: 18x86SP1おっと
Windows Server 2003 Service Pack 2、x86 ベースのバージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性
Ntdsutil.exe5.2.3790.4430312,8322008 年 12 月 18 日17: 10x86SP2
Dsdbutil.exe1.1.3790.4430231,4242008 年 12 月 18 日17: 11x86SP2
Windows Server 2003 Service Pack 2、x64 ベース バージョン x
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性区分
Ntdsutil.exe5.2.3790.4430503,2962008 年 12 月 18 日22: 24x64SP2該当なし
Dsdbutil.exe1.1.3790.4430336,3842008 年 12 月 18 日22: 24x64SP2該当なし
Wntdsutil.exe5.2.3790.4430312,8322008 年 12 月 18 日22: 24x86SP2おっと

この修正プログラムの詳細について

この修正プログラムは追加機能をオブジェクト GUID 属性を使用してオブジェクトを復元することを説明します。 非標準の DN を含むオブジェクトを正常に復元する場合は、objectGUID 属性をこれらのオブジェクトを復元する使わなければなりません。

オブジェクト GUID 属性をオブジェクトの復元を使用して、次の手順に従います。
  1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します:
    Repadmin/options serverName: port + DISABLE_INBOUND_REPLICATION
  2. [サービス] スナップインで、オブジェクトが含まれている ADAM インスタンスのサービスを停止します。
  3. ADAM インスタンスのデータベースを復元します。

    たとえば、NTBackup.exe ユーティリティを使用して、バックアップ操作を実行できます。
  4. ADAM インスタンスのサービスを開始します。
  5. Ldp.exe ユーティリティを使用して、ADAM インスタンスにバインドします。

    Ldp.exe ユーティリティを使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
  6. 復元し、オブジェクトの objectGUID 属性をコピーするオブジェクトを探します。
  7. ADAM インスタンスのサービスを再度停止します。
  8. Dsdbutil.exe ユーティリティを使用して、オブジェクトを復元します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始 ] をクリックして [ 実行 ] をクリックして、 %Windir%\ADAM\Dsdbutil と入力して [OK] をクリックします。
    2. Dsdbutil.exe: 、確認、ADAMinstanceName のインスタンスをアクティブ化 を、入力を Enter キーを押します。
    3. 権限のある復元 を入力して Enter を押します。
    4. 入力 復元オブジェクト < GUID =objectGUID > Enter キーを押します

      メモ ここでは、objectGUID は、手順 6 でコピーしたオブジェクトの objectGUID 属性を表します。 たとえば、<GUID=1212-1211-1212121-121212> 1212年-1211年-1212121-121212 が、オブジェクトの GUID であることを示します。
  9. ADAM インスタンスのサービスを開始します。
  10. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行して Enter キーを押します
    Repadmin/options serverName: port - DISABLE_INBOUND_REPLICATION
状況
マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。
詳細
ソフトウェア更新の用語の詳細についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照:-
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
関連情報
Dsdbutil.exe ユーティリティの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。 Ntdsutil.exe ユーティリティの詳細については参照の次のマイクロソフト Web サイトをしてください。
権限のある復元失敗した場合、無効なキー、DN を dsdbutil、adam の復元が見つかりました

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:961071 - 最終更新日: 01/16/2015 03:31:01 - リビジョン: 2.0

Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)

  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB961071 KbMtja
フィードバック