現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

いくつか既定の削除メッセージで Exchange サーバーにユーザーまたは管理者は、エラーが発生したことや、ウイルスが見つかったことを前提としています誤る場合があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:961385
現象
Microsoft Forefront Security for Exchange Server 現在次の既定の削除メッセージを使用します。
  • CorruptedCompressedFile
  • CorruptedCompressedUuencodeFile
  • EncryptedCompressedFile
  • 大幅に圧縮されたサイズ
  • ExceedinglyInfected
  • ExceedinglyNested
  • 非常に入れ子になったフォルダー構造
  • LargeInfectedContainerFile
  • UnReadableCompressedFile
  • UnWritableCompressedFile
Exchange サーバーの FSE では、これらデフォルトの削除メッセージを使用して圧縮特徴を Exchange サーバーに役割を果たすに見つかったファイルの種類について説明します。これらデフォルトの削除メッセージは、ユーザーまたは管理者は、エラーが発生したことや、ウイルスが見つかったことを前提としています誤る可能性があります。
解決方法
この問題を解決するのには、Exchange サーバーに Service Pack 2 の Forefront Security をインストールします。この Service Pack は、管理者は、レジストリを使用して既定の削除メッセージをカスタマイズできます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
960465Exchange サーバーに Service Pack 2 の Forefront Security の説明
重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する可能性があります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下サポート技術情報をクリックしてください:
322756バックアップし、では、Windows レジストリを復元する方法
Forefront Security を Exchange Server の Service Pack 2 をインストールした後、次の文字列のレジストリ エントリを手動で作成することによって、メッセージをカスタマイズできます。
  • OverrideCorruptedCompressedFile
  • OverrideCorruptedCompressedUuencodeFile
  • OverrideCorruptedCompressedFile
  • OverrideEncyptedCompressedFile
  • OverrideExceedinglyInfected
  • OverrideExceedinglyNested
  • OverrideFragmentedMessage
  • OverrideLargeInfectedContainerFile
  • OverrideScanTimeExceeded
  • OverrideUnReadableCompressedFile
  • OverrideUnWritableCompressedFile
  • OverrideIllegalMimeHeader
次のレジストリ サブキーには、これら文字列のレジストリ エントリを作成できます。
  • の 32 ビット コンピューター:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Forefront Server Security\Exchange Server
  • 64 ビット コンピューター用
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Forefront Server Security\Exchange Server
レジストリ エントリを作成した後、必要なメッセージを格納する値を編集します。 作成し、これらのレジストリ エントリを編集した後、サービスを再起動する必要はありません。
状況
マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
削除テキスト、Forefront、圧縮、変更、レジストリ、UnwriteableCompressed

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:961385 - 最終更新日: 03/23/2010 09:04:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Forefront Security for Exchange Server, Microsoft Forefront Security for Exchange Service Pack 1

  • kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB961385 KbMtja
フィードバック
rClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("