Windows Server 2003 R2 の DFS レプリケーション グループにメンバー サーバーを再度追加した後は、メンバー サーバーでは、最初のレプリケーションは発生しませんし、レプリケート フォルダー内の変更は、他のレプリケーション パートナーに予期せずレプリケート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:961655
現象
次のシナリオを検討してください。Windows Server 2003 R2 を実行しているコンピューターで、分散ファイル システム (DFS) のレプリケーション グループからメンバー サーバーを削除します。イベント ID 4010 メンバー サーバー上の DFS レプリケーション ログにログに記録は、メンバー サーバー上のレプリケート フォルダーのコンテンツを変更します。メンバー サーバーは、同じレプリケートされたフォルダーを使用してに、DFS レプリケーション グループに追加します。このシナリオでは、レプリケート フォルダーに加えた変更は、他のメンバー サーバーに予期せずレプリケートされます。ただし、最初のレプリケーションのメンバー サーバーで発生するはずです。
回避策
この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: を削除せず、メンバー サーバーを無効にします。

DFS レプリケーション グループからのメンバー サーバーを一時的に除外する場合は、お勧め、DFS の管理スナップインで、[メンバーシップ] タブで、サーバーを無効にすることです。後での DFS レプリケーション グループにメンバー サーバーを含める場合は、メンバー サーバーを有効にせず、この資料に記載されている問題が発生するだけです。

メモ 方法 1 を使用することをお勧めします。

方法 2: メンバー サーバーの DFS レプリケーションの構成を追加する、60 日間以上を待つ

DFS レプリケーション グループからのメンバー サーバーを削除すると、メンバー サーバーは、DFS レプリケーション データベースに 60 日間の廃棄 (tombstone) フラグを使用してマークされます。メンバー サーバーをこの 60 日間の期間内に DFS レプリケーション グループに追加する場合、この廃棄 (tombstone) のフラグが削除され、DFS レプリケーション データベースにはこのメンバー サーバーを元のサーバー オブジェクトが使用されます。したがって、メンバー サーバーは、初期レプリケーションを実行しないと予期せずに、レプリケート フォルダー内のコンテンツがレプリケートされます。

方法 3: は、レプリケート フォルダーは変わりません。

メンバー サーバーを再度追加した後、予期せず他のレプリケーション パートナー上のデータよりも新しい場合は、レプリケート フォルダー内のコンテンツがレプリケートされます。そのため、メンバー サーバーを再度追加する前に、レプリケート フォルダー内のデータが他のレプリケーション パートナー上のデータよりも古いことを確認します。これを実現するのに再後で追加するメンバー サーバー上のレプリケート フォルダーを変更されません。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:961655 - 最終更新日: 02/27/2014 10:19:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition (32-Bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard x64 Edition, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Standard

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbinfo kbhowto kbmt KB961655 KbMtja
フィードバック