Outlook 2003 迷惑メール フィルター更新プログラムの説明: 2009 年 3 月 10 日

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

962870
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
この更新プログラムの電子メール メッセージ迷惑メールとして見なされる必要があります、最新の定義を Microsoft Office Outlook 2003年で迷惑メール フィルターを提供します。この更新プログラムは、2009 年の 3 月にリリースされました。
詳細

更新プログラムの詳細

この更新プログラムは以下の以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられます。
959614 Outlook 2003 迷惑メール フィルター更新プログラムの説明: 2009 年 2 月 10 日

インストールの詳細

入手して、更新プログラムをインストールする方法

この更新プログラムを Microsoft ダウンロード センターから利用できます。この更新プログラムをダウンロードしてインストール手順と配布方法に関する情報を取得するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

この更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

この更新プログラムには、次の表に記載されているバージョンを持つファイルが含まれます。
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間
Outlfltr.dat1.4.7402.273,609,39202-2 月-200908: 39
コンピューターにインストールされているファイルのバージョンを確認するには、実行しているオペレーティング システムに応じて、以下の手順を実行します。
Windows Vista
  1. 開始をクリックします。 [スタート] ボタンをクリックし、[検索] をクリックします。
  2. 高度な検索] をクリックします。
  3. [場所] ボックスで、[ローカル ハード ドライブ] をクリックします。
  4. [名前] ボックスに、入力します。 Outlfltr.datをクリックし、[検索] をクリックします。
  5. ファイルの一覧で、[Outlfltr.dat] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  6. [全般] タブで、コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルのプロパティを確認します。
Windows XP
  1. 検索コンパニオンを起動します。これを行うには、[スタート] をクリックし、[検索] をクリックします。

    メモ Windows デスクトップ サーチが起動したらをクリックします。 ここをクリックします。 検索コンパニオンを使用します。
  2. [検索結果] ウィンドウで、[すべてのファイルとフォルダーに、検索コンパニオン ウィンドウ] をクリックします。
  3. 全部または一部、ファイル名ボックスに、入力します。 Outlfltr.datをクリックし、[検索] をクリックします。
  4. ファイルの一覧で、[Outlfltr.dat] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [全般] タブおよび [バージョン情報] タブには、コンピューターにインストールされている Outlfltr.dat ファイルのプロパティを確認します。

.Msp ファイルに関する管理者向け情報

この更新プログラムで管理者用 Microsoft Windows インストーラー (.msp) ファイルので構成されます。.Msp ファイルは自己解凍形式の実行可能なファイルにパッケージされています。以下の .msp ファイルは、この更新プログラムが配布されます。
Outlfltr.msp

特定のコンポーネントの再インストール方法に関する管理者向け情報

場合は、管理者用インストール ポイントを更新し、再キャッシュし、クライアント コンピューター上で Outlook 2003 を再インストールする場合を含むコマンド ライン コマンドを実行することができます、再インストール = [ 機能の一覧 ] [プロパティ] します。このプロパティは、管理者用イメージから Outlook 2003 の特定のコンポーネントを再インストールするかどうかを指定します。

この更新プログラムは、の値再インストール = [ 機能の一覧 ] 次のとおりです。
OUTLOOKFiles
または、置き換えることができます、再インストール = ALL クライアント コンピューター上のすべての Microsoft Office コンポーネントを再インストールするには、[パラメーター] をクリック。

管理者用イメージの更新方法およびクライアント コンピューターを更新する方法について説明する詳細な手順については、「Office 2003 製品アップデートの配布」のトピックの「パッチを適用した管理イメージからクライアントを更新」を参照してください。このトピックを表示するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Exchange Server や Outlook の迷惑メール フィルターでのメールの処理方法は、ポリシーの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
954199Exchange Server や Outlook の迷惑メール フィルターでのメールの処理方法は、ポリシーの説明
オフィス システムの TechCenter には、最新の管理者用更新プログラムおよび配布リソースのすべてのバージョンの Office が含まれます。オフィス システムの TechCenter の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
重要な office の Office Outlook 2003 更新プログラムのセキュリティの安定性の更新します。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:962870 - 最終更新日: 01/15/2015 19:28:43 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbsurveynew kbexpertisebeginner kbfix kbqfe atdownload kbmt KB962870 KbMtja
フィードバック