現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

FIX 大きなフルテキスト インデックスを SQL Server 2008 または SQL Server 2008 R2 では、カタログ作成を実行すると、エラー メッセージが表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:963659
マイクロソフト Microsoft SQL Server 2008年修正プログラム 1 のダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
現象 1

大きなフルテキスト インデックスまたは Microsoft SQL Server 2008 Microsoft SQL Server 2008 R2 では、カタログ作成を実行すると、フルテキスト ログ ファイルにエラー メッセージが表示される可能性があります。このエラー メッセージがログに記録される時間の数から 1 を引いたバッチ サイズによって異なります。たとえば、999 回エラーがログに記録されるため、32 ビット コンピューターでは、バッチ サイズ 1,000 です。エラー メッセージには、次のようになります。
エラー ' 0x8004cb04: メモリ内のワードリストが破損しています。これは間違ったフィルター、ワード ブレーカー、またはその他のインデックスのコンポーネント。 ためです 'テーブルの全文検索用インデックス作成の実行中に発生またはインデックス付きビュー' [smarsh]。[dbo].[ArchiveMsgs]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID '160719625'、データベースの ID' 7')、フルテキスト キー値 '291484087'。インデックスを再作成するために試行されます。
このエラー メッセージが表示されたらから 1 を引いたバッチ サイズは、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
<Date> <Time>spid28s のエラー '0x80040e28' テーブルの全文検索用インデックス作成の実行中に発生またはインデックス付きビュー ' [smarsh]。[dbo].[ArchiveMsgs]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID '160719625'、データベースの ID' 7')、フルテキスト キー値 '199598211'。インデックスを再作成するために試行されます。</Time></Date>
このエラー メッセージが表示されたらから 1 を引いたバッチ サイズは、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
<Date> <Time>spid26s のエラー ' 0x80043630: フィルター デーモン プロセス MSFTEFD が原因不明でタイムアウトしました。これは、フィルター、ワード ブレーカー、またはプロトコル ハンドラーします。 問題がある可能性があります 'テーブルの全文検索用インデックス作成の実行中に発生またはインデックス付きビュー' [smarsh]。[dbo].[ArchiveMsgs]' (テーブルまたはインデックス付きのビュー ID '160719625'、データベースの ID' 7')、フルテキスト キー値 '14304130'。インデックスを再作成するために試行されます。 </Time></Date>
現象 2

さらに、FDHOST.exe プロセスが故障していることがあります。フルテキスト クエリを実行またはフルテキスト カタログの作成を実行するときに、クライアントに次のメッセージが表示されます。
30053 のメッセージ、レベル 16、状態 102、行 1
ワード区切りのフル テキスト クエリ文字列をタイムアウトしました。これは、ワード ブレーカーはフル テキスト クエリ文字列の処理には時間がかかりましたの場合、またはクエリの数が多いをサーバー上で実行されている場合に発生します。軽いから、クエリを実行してください。
カタログの SQLFT * ログを調べると、このエラー メッセージに注意してください。
エラー '0x80004005' テーブルの全文検索用インデックス作成の実行中に発生またはインデックス付きビュー ' [DBNAME]。[dbo].[テーブル名]' (テーブルまたはインデックス付きビューの ID '1204001724'、データベース ID' 5 の ')、フルテキスト キー値 '4'。インデックスを再作成するために試行されます。
SQL のエラー ログを調べると、このエラー メッセージに注意してください。
エラー: 30089、レベル: 17、状態: 1。
フルテキスト フィルター デーモン ホスト (FDHost) プロセスが異常停止しました。正しく構成されていないか、正常に機能しない言語コンポーネント、ワード ブレーカー、ステマー、フィルターなどがフル テキストのインデックス作成やクエリの処理中に回復不可能なエラーが発生した場合に発生することができます。プロセスは自動的に再起動されます。
原因
この問題が原因で、Sqlservr.exe プロセスおよび Fdhost.exe プロセス間の通信に発生します。共有メモリ Sqlservr.exe からに、Fdhost.exe 送信共有メモリ (OSM) のバッチは、Sqlservr.exe プロセスの Fdhost.exe プロセスに送信すると、文書の次の列に合うように十分な領域があります。この現象が発生する場合は、Sqlservr.exe プロセス、Fdhost.exe プロセスを通知するメッセージは、既存のすべてのデータ、OSM の送信します。Fdhost.exe プロセス データを処理しているときに、共有メモリ Fdhost.exe から Sqlservr.exe をであり、受信共有メモリ (ISM) がいっぱいになる可能性があります。このような状況では、Fdhost.exe プロセス、Sqlservr.exe プロセスを「巻き戻し」メッセージを送信します。このメッセージは、Sqlservr.exe プロセスの最初の列から最後のドキュメントの再送信を要求します。ただし、ドキュメントを再送信するのには、sqlservr.exe を起動すると、1 列目ではなく列 2 から開始します。これは、資料の「現象」に記載されているエラー メッセージがされます。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

SQL Server 2008 R2 Service Pack 2

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージを SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
2754552 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 用の累積的な更新パッケージ 3
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2730301 SQL Server 2008 R2 Service Pack 2 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 R2 を作成します。

SQL Server 2008

この問題に対する修正は SQL Server 2008 のリリース バージョンの累積的な更新 4 で最初リリースされました。SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
963036 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 4
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
956909 SQL Server 2008 SQL Server 2008 のリリース後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 サービス パック 1

この問題に対する修正は SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新 1 でまずリリースされました。SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
969099 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムが含まれている最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、以下の記事番号 をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
970365 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされた SQL Server 2008 のビルド
回避策
この問題を回避するには、ISM サイズを大ききます。これを行うには、 sp_fulltext_serviceのストアド プロシージャを使用して、ISM_Size 変数を構成します。

現在の値を表示するには。
sp_fulltext_service 'ism_size'

16 個の値を変更するには。
sp_fulltext_service ' ism_size',@value=16

メモ: この変更を有効にするのには、SQL Server サービスを再起動する必要があります。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この問題は人口を完了できなくなります。フルテキスト インデックスは、成功するまで、障害のあるエントリを再試行し続ける組み込みの再試行ロジックがあります。したがって、エラー メッセージは無視できます。だけ既知潜在的な負副作用を完了するのには、カタログの作成を通常よりも長い時間がかかることがあり、エラーの報告をフルテキスト ログの増加率は大幅に増加されます。

ソース コードに再試行ロジックは、最終的に正常に作成せずに破損の可能性を示す、エラー メッセージにかかわらず、インデックスが破損が発生します。

問題 #2に前述のよう、次のフルテキストを実行している場合は、検索クエリや母、FDHOST コンポーネント関数が正しい状態でないため、この累積的な更新プログラムを適用する必要があります動作しません。

SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 4 の詳細について

関連情報については、どのファイルが変更され、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、前提条件の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
963036 SQL Server 2008 の累積的な更新プログラム パッケージ 4

SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 の詳細について

関連情報については、どのファイルが変更され、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するには、前提条件の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
969099 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
関連情報
SQL Server 2008 のリリース後に可能なビルドの一覧の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
956909SQL Server 2008 SQL Server 2008 のリリース後にリリースされたビルドします。
SQL Server は、増分サービス モデルの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
935897増分サービス モデルが報告された問題に対する修正プログラムを提供するには、SQL Server チームから入手可能です。
SQL Server の更新プログラムの命名方式は、の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、以下の「base をクリックします。
822499Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:963659 - 最終更新日: 10/15/2012 17:34:00 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbqfe kbfix kbmt KB963659 KbMtja
フィードバック
"); >n.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");