Exchange Server の Getenginefiles.exe プロセスが応答を停止し、バケット ID 796835995 を参照する、ワトソン博士のクラッシュが発生しました。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

967052
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Exchange サーバーのインストールについて Microsoft Forefront Security を持つシステムで、Getenginefiles.exe プロセスが応答を停止します。 さらに、Exchange Server の生成、ワトソン博士のクラッシュ バケット ID 796835995 を参照するとします。 この問題が発生したと Exchange Server のスキャン エンジン更新を受け取ることはできません。
解決方法
この問題を解決をするには Service Pack 2 (SP2) の FSE をインストールします。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
960465Service Pack 2 での Exchange Server の現在までの説明
ハングがハングします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:967052 - 最終更新日: 01/15/2015 18:29:41 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Forefront Security for Exchange Service Pack 1
  • Microsoft Forefront Security for Exchange Server
  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB967052 KbMtja
フィードバック