FSE の Exchange Server の起動時に、リアルタイム スキャン ジョブを開始できませんされ、"0x80030020"と"0x80030021"のエラー コードが記録されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

968253
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange Server のセキュリティで現在まで、リアルタイム スキャン ジョブが読み込めませんどおり。 また、次のエラーが、Programlog.txt ファイルまたは HRLog.txt ファイルに記録されます。
0x80030020 (STG_E_SHAREVIOLATION)
0x80030021 (STG_E_LOCKVIOLATION)
原因
サード パーティ製のパフォーマンス監視ソフトウェアは Exchange Server のパフォーマンス カウンターの Forefront Security へのアクセス FSCPerfMonitor.dll ファイルを読み込みます。 特定の状況は、例外が、FSCPerfMonitor.dll プロセスで発生します。 この例外は、Scanjobs.fdb ファイルへのハンドルを開いたままにソフトウェアの監視、サード パーティ製パフォーマンス原因となります。 後に Exchange Server の Scanjobs.fdb ファイルから読み取るしようとしました、Scanjobs.fdb ファイル自体にロックが。 したがって、Exchange Server の失敗、リアルタイム スキャン ジョブを開始します。
解決方法
この問題を解決をするには Service Pack 2 (SP2) の Microsoft Forefront Security をインストールします。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
960465Service Pack 2 での Exchange Server の現在までの説明
FSE SP2 FSE Forefront Exchange パフォーマンス カウンターをリアルタイム 0x80030020 0x80030021 STG_E_SHAREVIOLATION STG_E_LOCKVIOLATION

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:968253 - 最終更新日: 01/15/2015 16:39:15 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Forefront Security for Exchange Service Pack 1
  • Microsoft Forefront Security for Exchange Server
  • kbnosurvey kbarchive kbqfe kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB968253 KbMtja
フィードバック