Windows Vista または Windows 7 にログオンする使用されるものよりも別のユーザー名を使用して DFS 共有にネットワーク ドライブをマップしようとするとエラー メッセージ:「指定したログオン セッションは存在しません。既に終了している可能性があります。"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:968264
現象
通常のドメイン アカウントを使用して、Windows Vista または Windows 7 のデスクトップ コンピューターにログオンします。その他の資格情報を使用すると、分散ファイル システム (DFS) 共有にマップするのには、次のエラー メッセージが表示されます。
ERROR_NO_SUCH_LOGON_SESSION winerror。指定されたログオン セッションは存在しません。既に終了している可能性があります。
原因
この現象は、ネットワークへのアクセスの「資格情報または .net Passport ネットワーク認証のための記憶域を許可しない」ポリシーを有効にするとに発生します。
回避策
この現象を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 管理サーバーをクリックします。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] gpedit.mscプロパティ ].
  2. [コンピューターの構成] を展開します。 [Windows の設定を展開 セキュリティの設定を展開 ローカル ポリシー、し展開 セキュリティ オプション.
  3. で、 ポリシー ウィンドウを右クリックして ネットワーク アクセス: ネットワーク認証用の資格情報または .net Passport の記憶域を許可しない、プロパティをクリックします。[ 無効になっています。プロパティ ].
状況
この動作は仕様です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:968264 - 最終更新日: 09/04/2012 17:40:00 - リビジョン: 4.0

Windows Vista Enterprise 64-bit edition, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Service Pack 1, Windows Vista Service Pack 2, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Service Pack 1, Windows 7 Starter, Windows 7 Ultimate

  • kbsurveynew kbprb kbmt KB968264 KbMtja
フィードバック