現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 2008 の最新の service pack の入手方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:968382
この資料で説明します。 Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 4 (SP4) は、SQL Server 2008 の最新のサービス パックです。またの情報を提供します。 Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3 (SP3) には、 Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) と Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1)。

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 4 (最新の service pack)
リリース日: 2014 年 9 月 30 日

ボックスの一覧をダウンロードします。

リリース情報

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 3
リリース日: 2011 年 10 月 6 日

ボックスの一覧をダウンロードします。


注: <b>のみクライアントのプロファイルがある場合は、SQL Server 2008 をホストしているマイクロソフトに.NET Framework 4.0 のシステムにインストールされているためを参照してください。SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) を適用するとエラー メッセージ「SQL Server 2008 のセットアップには、マイクロソフトに.NET Framework 4.0 をインストールするが必要です」service pack を適用する前にします。

セットアップのヘルプ

チェック アウトセットアップのヘルプ ファイル.

関連情報

Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 2
リリース日: 2010 年 9 月 29 日

ボックスの一覧をダウンロードします。


注: <b>のみクライアントのプロファイルがある場合は、SQL Server 2008 をホストしているマイクロソフトに.NET Framework 4.0 のシステムにインストールされているためを参照してください。SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) を適用するとエラー メッセージ「SQL Server 2008 のセットアップには、マイクロソフトに.NET Framework 4.0 をインストールするが必要です」service pack を適用する前にします。

関連情報


Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1
リリース日: 2009 年 4 月 7 日

ボックスの一覧をダウンロードします。


注: <b>のみクライアントのプロファイルがある場合は、SQL Server 2008 をホストしているマイクロソフトに.NET Framework 4.0 のシステムにインストールされているためを参照してください。SQL Server 2008 Service Pack 2 (SP2) を適用するとエラー メッセージ「SQL Server 2008 のセットアップには、マイクロソフトに.NET Framework 4.0 をインストールするが必要です」service pack を適用する前にします。

マイクロソフトの更新プログラムの使用に関する重要な注意事項

SQL Server のサービス パックを適用する Microsoft Update を使用する場合は、以下を考慮してください。
  • Service pack のインストールは、'自動' (非表示) になります。
  • Microsoft Updateターゲット コンピューターにインストールされている SQL Server のすべてのインスタンスに SQL Server の service pack が適用されます。
    注: <b>Service pack は、サービス パックの SQL Server のバージョンに一致する SQL Server のすべてのインスタンスに適用されます。

関連情報

SQL Server 2008 SP1 で修正されるバグの一覧

新しい機能と SQL Server 2008 sp1 の機能強化

SQL Server 2008 SP1 のリリース ノート ファイル
注: <b>この Readme ファイルには、SQL Server 2008 の Express に関する情報が含まれています。
SQL Server のサービス パックについて
マイクロソフトでは、サービス パックに含まれる修正プログラムを配布します。サービスパックは、製品を最新の状態に維持します。修正プログラムと Microsoft SQL Server コミュニティから報告された問題に対する修正プログラムが含まれます。Service pack が含まれる場合も、サポート組織の感覚の問題に対応する必要です。それらのアイテムのトリアージに適用される最も一般的なメトリックは、顧客と顧客満足度スコアです。これらの更新プログラムおよびコンポーネントをまとめて、簡単にダウンロードします。

サービス パックは累積されます。各新しいサービス パックには、すべての新しい修正プログラムと共に、以前の service pack に含まれるすべての修正プログラムが含まれています。最新の service pack をインストールする前に、以前の service pack をインストールする必要はありません。

関連情報
  • KB2958069 2014 の SQL Server service pack の入手方法
  • KB2755533 SQL Server 2012 service pack の入手方法
  • KB2527041 SQL Server 2008 R2 service pack の入手方法
  • Microsoft SQL Server のサポート ライフ サイクル
  • KB321185 SQL Server のバージョンとエディションとそのコンポーネントを確認する方法
  • KB957826 SQL Server のすべてのバージョンのビルド
  • KB822499 名前付けスキーマおよび SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの修正プログラムの領域の説明
  • KB824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:968382 - 最終更新日: 12/08/2015 07:32:00 - リビジョン: 13.0

Microsoft SQL Server 2008 Standard, Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Workgroup, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 Web, Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services, Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services

  • kbsqlsetup kbservicepack kbgetsp kbexpertiseinter kbtshoot kbsurveynew kbinfo kbquadranttechsupp kbconsumer kbmt KB968382 KbMtja
フィードバック
style="display:none;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">