現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows SharePoint Services 3.0 で特定のサイト コレクションを削除できない

現象
次のような状況で問題が発生することがあります。 特定の URL パスにサイト コレクションを含んでいるコンテンツ データベースがあります。 このコンテンツ データベースを Web アプリケーションに接続します。 Web アプリケーションが同じ URL パスに別のサイト コレクションを既に含んでいる場合、コンテンツ データベースは正常に接続されます。 ただし、そのコンテンツ データベース内のサイト コレクションにはアクセスできません。 そのため、サイト コレクションを削除してコンテンツ データベース内の空き領域を増やすことはできません。
原因
Web アプリケーションにある複数のサイト コレクションは、同じ URL パスを共有することはできません。 そのため、SharePoint は、SharePoint サイト マップに登録されている最初のサイト コレクションのみを認識します。 同じ URL パスを使用するその他のすべてのサイト コレクションは、サイト マップに登録できず、孤立していると見なされます。
回避策
孤立したサイト コレクション内のデータにアクセスできない場合でも、データは存在しています。 コンテンツ データベースを現在の Web アプリケーションから接続解除して、その URL パスに登録されているサイト コレクションを持たない別の Web アプリケーションに接続することができます。 これにより、サイト コレクションが利用できるようになります。
解決方法
Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (SP2) では、孤立したサイト コレクションおよびサイトを見つけてコンテンツ データベースから削除する新しいコマンドおよびパラメータが提供されているため、回避策を実行する必要はありません。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
953338 Windows SharePoint Services 3.0 SP2 および Windows SharePoint Services 3.0 Language Pack SP2 について
詳細
stsadm -o enumallwebs コマンドは、コンテンツ データベースのすべてのサイト コレクションを一覧表示し、これらが SharePoint サイト マップに登録されているかどうかを示します。 stsadm -o deletesite コマンドおよび stsadm -o deleteweb コマンドは、-force パラメータをサポートするようになりました。このパラメータを使用すると、SharePoint サイト マップに登録されていないサイト コレクションおよびサイトをそれらの ID に基づいて削除することができます。

これらのコマンドの詳細については、TechNet の以下の資料を参照してください。

deletesite
deleteweb
enumallwebs
プロパティ

文書番号:968787 - 最終更新日: 05/19/2009 04:10:01 - リビジョン: 1.3

Microsoft Windows SharePoint Services 3.0

  • kbtshoot kbexpertisebeginner kbsurveynew kbprb KB968787
フィードバック
html>ript>