Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 により、フォーム ベース認証モードの Windows SharePoint Services サイトが SharePoint Designer 2007 からの匿名アクセス要求に応答する方法が変更される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
はじめに
Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 (SP2) では、フォーム ベース認証 (FBA) モードになっている Windows SharePoint Services サイトが Microsoft Office SharePoint Designer 2007 からの匿名アクセス要求に応答する方法が変更されています。
詳細

Windows SharePoint Services 3.0 SP2 パッケージのインストール前の動作

SharePoint Designer 2007 を使用して、FBA モードになっている Windows SharePoint Services 3.0 Web サイトに匿名でアクセスすると、SharePoint Designer 2007 で次のようなエラー メッセージが表示されます。
アクセスが拒否されました。 この場所のファイルを開く前に、まず Web サイトを参照し、自動的にログインするオプションを選択してください。
: この動作は、Windows SharePoint Services 3.0 を任意のバージョンの SharePoint Designer 2007 と共に使用する場合と同じです。これには、SharePoint Designer 2007 SP2 も含まれます。

Windows SharePoint Services 3.0 SP2 のインストール後の動作

SharePoint Designer 2007 SP2 より前のバージョンでは、Windows SharePoint Services 3.0 SP2 をインストールした後も動作は同じです。

SharePoint Designer 2007 SP2 では、FBA モードになっている Windows SharePoint Services 3.0 SP2 Web サイトに匿名でアクセスしようとすると、ログオンするように求められます。
プロパティ

文書番号:968788 - 最終更新日: 02/10/2014 18:08:42 - リビジョン: 1.1

Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 1

  • kbnosurvey kbarchive kbhowto kbsurveynew kbexpertiseinter KB968788
フィードバック