現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

コンピューターのセキュリティを向上させる

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

969417
診断し、問題を自動的に修正します。
診断し、自動的に Windows のセキュリティ上の問題を修正 トラブルシューティングに自動的にこの資料に記載されている問題を解決する可能性があります。このトラブルシューティングは、多くの異なる問題を修正します。詳細します。今すぐ実行します。、 診断し、自動的に Windows のセキュリティ上の問題を修正 トラブルシューティングに自動的にこの資料に記載されている問題を解決する可能性があります。このトラブルシューティングは、多くの異なる問題を修正します。詳細します。今すぐ実行します。 はなくこの問題を自分で修正する場合は、 「自分で修正する" セクション。
この情報は役に立ちましたか。フィードバックを送信してください。
現象
Windows XP、Windows Vista、または Windows 7 を実行しているコンピューターでは、コンピューターのセキュリティを向上させるのには、次のセキュリティ機能を有効にすることができます。
  • Windows Internet Explorer のフィッシング詐欺で Internet Explorer 7 の場合) または SmartScreen フィルター (Internet Explorer 8 の Internet Explorer 9)
  • ユーザー アカウント制御 (UAC)
  • データ実行防止 (DEP)
  • Windows ファイアウォール
自分で解決する更新プログラムをインストールしたら、
重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


フィッシング詐欺検出機能] または [SmartScreen フィルターを有効にします。

Internet Explorer 7


フィッシング詐欺検出機能を有効にするには、次の方法のいずれかを使用します。
  • Internet Explorer 7 を起動します。で、 ツール メニューのポイント フィッシング詐欺検出機能[ 自動 web サイト チェックを有効にします。プロパティ ].
  • [設定を見つけて、 有効になっています。 次のレジストリ サブキーにレジストリの値 2:
    して Explorer\PhishingFilter
インターネット エクスプ ローラー 8


SmartScreen フィルター機能を有効にするには、次の方法のいずれかを使用します。
  • Internet Explorer 8 を起動します。で、 安全性 メニュー、コマンド バーのポイント SmartScreen フィルタープロパティ SmartScreen フィルター機能を有効にします。.で、 Microsoft SmartScreen フィルター ダイアログ ボックス、クリックして 有効にするのに (推奨) 照らしてプロパティ ].
  • [設定を見つけて、 Enabled8 次のレジストリ サブキーにレジストリの値 1:
    して Explorer\PhishingFilter
Internet Explorer 9


SmartScreen フィルター機能を有効にするには、次の方法のいずれかを使用します。
  • Internet Explorer 9 を起動します。で、 安全性 メニュー、コマンド バーのポイント SmartScreen フィルタープロパティ SmartScreen フィルター機能を有効にします。.で、 Microsoft SmartScreen フィルター ダイアログ ボックス、クリックして (推奨)、SmartScreen フィルターを有効にします。プロパティ ].
  • [設定を見つけて、 Enabled9 次のレジストリ サブキーにレジストリの値 1:
    して Explorer\PhishingFilter

[ユーザー アカウント制御を有効にします。

Windows vista または Windows 7 の UAC を有効にするには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1: ユーザー アカウントを使用して UAC を有効にするのには


Windows Vista
  1. クリック ボタンをクリックし、] ユーザー アカウント 続いて 検索を開始します。 [ ユーザー アカウント 続いて プログラム リストです。
  2. クリック [ユーザー アカウント制御をオンまたはオフに.

    管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  3. オンにし、 ユーザー アカウント制御 (UAC) を使用してコンピューターを保護するために チェック ボックスをオンにしをクリックしてください ].
  4. 変更を適用するには、コンピューターを再起動します。


Windows 7
  1. クリック ボタンをクリックし、] ユーザー アカウント 続いて 検索プログラムおよびファイル [ ユーザー アカウント ボックスの一覧でします。
  2. クリック ユーザー アカウント制御の設定を変更します。.
  3. UAC 設定を変更するブロックをスライドさせます。

    4 つのオプション、コントロールにどのように場合は、行ったとき Windows 設定に変更が通知されます。


方法 2: システム構成ユーティリティ UAC を有効にする. します。


Windows Vista
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] msconfig ENTER キーを押します。
  2. で、 ツール タブで、クリックしてください UAC を有効にします。プロパティ 起動.
  3. [システム構成] ウィンドウを閉じるし、コンピューターを再起動します。


Windows 7
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] msconfig ENTER キーを押します。
  2. で、 ツール タブで、クリックしてください UAC の設定の変更プロパティ 起動.
  3. [システム構成] ウィンドウを閉じるし、コンピューターを再起動します。


方法 3: レジストリ エディターを使用して UAC を有効にするのには
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、 ENTER キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
  3. Usbehci.sys EnableLUAプロパティ 変更.
  4. で、 [値のデータ ボックス、入力 1プロパティ ].
  5. レジストリ エディターを終了します。

DEP を有効にします。

DEP を有効にするには、オペレーティング システムに対して適切なコマンドを実行し、[コンピューターの再起動] 通知が表示されたら、コンピューターを再起動します。
Windows XP
bootcfg/raw"/fastdetect 表示 AlwaysOn ="/id 1
Windows Vista または Windows 7
bcdedit.exe/set {現在の} nx OptIn

Windows ファイアウォールを有効にします。

サード パーティ製のファイアウォール サービスを実行していない場合は、Windows ファイアウォールを有効にするのには、オペレーティング システムの適切な手順を実行します。
Windows XP
設定、 EnableFirewall 次のレジストリ サブキーにあるレジストリ値 1 レジストリ値が存在する場合。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\DomainProfile
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\StandardProfile
次に、Windows ファイアウォールは、既定の設定とルールを復元するのには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
netsh ファイアウォールのリセット
Windows Vista と Windows 7


設定、 EnableFirewall 次のレジストリ サブキーにあるレジストリ値 1 レジストリ値が存在する場合。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\DomainProfile
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\PublicProfile
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\SharedAccess\Parameters\FirewallPolicy\StandardProfile
次に、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。このコマンドは、現在のファイアウォール設定をバックアップし、Windows ファイアウォールの既定の設定とルールを復元します。
netsh advfirewall ファイアウォール リセット エクスポート Temp\MATS_Temp\Results\wfas.wfw
この情報は役に立ちましたか。フィードバックを送信してください。
この問題を解決する台紙のパッケージの動作方法
  1. 台紙のパッケージでは、コンピューターをスキャンし、コンピューター Windows XP、Windows Vista または Windows 7 を実行しているかどうかを検出します。
  2. 台紙パッケージのセキュリティ機能が無効になっている場合は、ことができます。

    このプロセスでは、ダイアログ ボックスが表示されます。これは、問題が検出された場合を修正するには、個々 の問題を手動で選択するオプションを示します。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:969417 - 最終更新日: 03/06/2012 04:48:00 - リビジョン: 9.0

  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
  • kbexpertisebeginner kbsurveynew kbmatsfixme kbexpertiseinter kbtshoot kbprb kbmt KB969417 KbMtja
フィードバック