現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 では、Service Pack 2 ハーフ オープン TCP 接続限界を有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:969710
はじめに
既定では、半開状態の TCP 接続限界は、Service Pack 2 (SP2) の Windows Server 2008 および Windows Vista Service Pack 2 (SP2) では無効になります。この資料では、ハーフ オープン TCP 接続限界で Windows サーバー 2008 sp2 と Windows vista sp2 を適用する方法について説明します。制限は、10 個の接続です。

メモ システムを Windows Server 2008 および Windows Vista Service Pack 1 (SP1) では、いつでも 10 半開状態の TCP 接続の最大のことができます。
詳細

半開状態の TCP 接続の制限を有効にする方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
Windows Server 2008 sp2 または Windows Vista sp2 でハーフ オープン TCP 接続限界を有効にするには、EnableConnectionRateLimiting DWORD の値は 1 (0x00000001) レジストリ エントリを設定します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始[スタート] ボタン、タイプ レジストリ エディター で、 検索を開始します。 ボックスとクリック regedit.exe で、 プログラム リストです。
    ユーザー アカウント制御の許可 管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力またはをクリックしてください 続行.
  2. 見つけて、次のレジストリ キーをダブルクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters\EnableConnectionRateLimiting
  3. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
  4. レジストリ エディターを終了します。
  5. コンピューターを再起動します。
イベント id 4226 REG_DWORD P2P を課す開いている TCP 接続限界がセット制限最大の開いている TCP 接続 10 接続を接続、Windows Vista SP1 の動作に戻る

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:969710 - 最終更新日: 08/15/2011 01:57:00 - リビジョン: 3.0

  • kbhowto kbinfo kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB969710 KbMtja
フィードバック