Outlook 2007 で、アドレス帳内の列を非表示にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:970144
概要
この資料では、Microsoft Office Outlook 2007年で、アドレス帳内の列を非表示にする方法について説明します。たとえば、ツール] メニューの [アドレス帳] をクリックするときに表示される [別名] 列を非表示にする可能性があります。
詳細
重要: このセクション、方法、タスクには、レジストリを変更する方法の手順が含まれています。ただし、レジストリが正しく変更されないと、深刻な問題が発生することがあります。そのため、次の手順に慎重に従ってください。また、念のため、レジストリを変更する前に、レジストリをバックアップしておいてください。そうすることで、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法についての詳細は、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
アドレス帳を Outlook 2007 での 1 つまたは複数の列を非表示にするのには 2009 年 4 月 30 日の日付での適切な値を設定した Outlook 2007 修正プログラム パッケージを適用します
ABHiddenColumns
レジストリ エントリです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 日 April30、2009年は、Outlook 2007 修正プログラム パッケージを適用します。

    詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報を参照してください。
    968858 Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook.msp) の説明: 2009 年 4 月 30 日
  2. 値を設定します
    ABHiddenColumns
    レジストリ エントリです。、これを行うためには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
      • Windows Vista でをクリックしてを開始 [スタート] ボタン タイプ regedit検索の開始] ボックスで、ENTER キーを押します。

        ユーザー アカウント制御 管理者のパスワードまたは確認されたら、パスワードを入力または確認を提供します。
      • Windows XP で [スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditオープンでボックスし、[ OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Preferences
    3. [編集] メニューで、新規作成] をポイントし、[バイナリ値] をクリックします。
    4. タイプ ABHiddenColumns、し、ENTER キーを押します。
    5. ABHiddenColumnsを右クリックし、[変更] をクリックします。
    6. [値データ] ボックスで、「ABHiddenColumns の値の一覧表」の「ルールとガイドラインに従って値を入力とし、 OKをクリックしますします。
    7. レジストリ エディタを終了します。

ABHiddenColumns 値の一覧表

次の表から 1 つまたは複数の値を選択します。
見出し
タイトル1f 00 17 3a
勤務先電話番号1f 00 08 3a
場所1f 00 19 3a
電子メール アドレス1f 00 fe 39
会社1f 00 16 3a
エイリアス1f 00 00 3a
次の番号を持つこれらの値を結合します。
0# 00 00 00
注: <b>、 # プレース ホルダーは、1 から 6 を非表示にする列の数と等しい整数です。

たとえば、勤務先電話番号場所、およびエイリアスの列を非表示にした場合は、ABHiddenColumns 値の次のデータを使用します。
03 00 00 00 1f 00 08 3a 1f 00 19 3a 1f 00 00 3a
注: <b>アドレス帳の [名前] 列を非表示にすることはできません。
追加情報
のみ、修正プログラムとレジストリのデータを使用すると、アドレス帳のエイリアス列を非表示にできます。アドレス帳のエイリアス列を非表示にすると後、ユーザーのエイリアスがまだ利用可能なプロパティ] ダイアログ ボックスでします。プロパティ] ダイアログ ボックスを表示するには、アドレス帳でユーザーをダブルクリックします。

また場合は、[プロパティ] ダイアログ ボックスの [別名] 列を非表示にするには、Exchange システム マネージャーの詳細テンプレートを変更するのにはあります。詳細テンプレートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 「ABHiddenColumns の値の一覧表」に記載の値は次のプロパティのプロパティ IDの値とデータ型の値を使用して決定されます。

タイトル
2.1115 PidTagTitle
正規名: PidTagTitle
プロパティ ID: 0x3A17
データ型: PtypString、0x001F
勤務先電話番号
2.672 PidTagBusinessTelephoneNumber
正規名: PidTagBusinessTelephoneNumber
プロパティ ID: 0x3A08
データ型: PtypString、0x001F
場所
2.874 PidTagOfficeLocation
正規名: PidTagOfficeLocation
プロパティ ID: 0x3A19
データ型: PtypString、0x001F
電子メール アドレス
2.934 PidTagPrimarySmtpAddress
正規名: PidTagPrimarySmtpAddress
プロパティ ID: 0x39FE
データ型: PtypString、0x001F
会社
2.689 PidTagCompanyName
正規名: PidTagCompanyName
プロパティ ID: 0x3A16
データ型: PtypString、0x001F
エイリアス
2.570 PidTagAccount
正規名: PidTagAccount
プロパティ ID: 0x3A00
データ型: PtypString、0x001F
部署の列
2.663 PidTagDepartmentName
正規名: PidTagDepartmentName
プロパティ ID: 0x3A18
データ型: PtypString、0x001F

これらのプロパティは、[MS OXPROPS] に記載されて: Exchange Server プロトコル マスター プロパティ] ボックスの一覧の仕様書です。

次のファイルが Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

ダウンロード[MS OXPROPS] パッケージを今すぐダウンロードします。

Microsoft サポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報の資料をご参照ください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルへの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:970144 - 最終更新日: 07/24/2015 09:19:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Office Outlook 2007

  • kbdownload atdownload kbhowto kbexpertiseinter kbqfe kbsurveynew kbmt KB970144 KbMtja
フィードバック