現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX、ランダムに Host Integration Server に含まれる、IP-DLC リンク サービスを使用している場合は、IBM ホスト システムとの通信の SNA アプリケーションの応答時間が低下します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:970202
現象
以下のシナリオを考えます:
  • 通信は、SNA アプリケーションを使用して、IBM ホスト システムを通じて、マイクロソフトの Host Integration Server ベースのシステムに接続します。
  • このシステムは、IP-DLC リンク サービスを使用するように構成されています。
このシナリオでは、SNA アプリケーションの応答時間でランダムな低下が発生することがあります。 アプリケーションの応答時間の増加もランダムです。

この問題は、Host Integration Server システムと IBM ホスト システムが高速ネットワーク接続を使用して接続されている場合に発生することが考えられます。
原因
IP-DLC リンク サービスの使用法が 8 KB のソケットに通信しているリモート IBM システムからユーザー データグラム プロトコル (UDP) のデータを格納するためにバッファーを受信します。IP-DLC リンク サービスは非常に短い間隔で大量のデータを受信した場合、一部 UDP データ IP-DLC リンク サービスによって削除されることが可能です。この現象が発生すると、IP-DLC リンク サービスにギャップ内のデータ ストリームが検出されたことを報告します。リモート システムに欠落が検出されたこと通知すると、IP-DLC リンク サービスによって承認されていないデータが再送信します。データの再送信のパフォーマンスの低下の可能性があります。
解決方法

Host Integration Server 2006 のサービス パックの情報

この問題を解決するのには、Host Integration Server 2006 の最新のサービス パックを取得します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
979497最新の Host Integration Server 2006 のサービス パックの入手方法

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。この資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。

メモ別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:メモ"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、Host Integration Server 2004 Service Pack インストール 1 (SP1) を持っている必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

英語版修正プログラムのファイル属性を持つ (またはそれ以降) は、次の表に一覧表示されます。世界標準時 (UTC) では、これらのファイルの日時を示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] ツールで タイム ゾーン] タブを使用します。
マイクロソフトの Host Integration Server 2004 の SP1
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性
Snaipdlc.dll6.0.2439.0965,4562009-年 4 月 29-23: 08x86sp2
Trcipdlc.dll6.0.2439.02,950,9922009-年 4 月 29-23: 08x86sp2

マイクロソフトの Host Integration Server 2006
修正プログラムが現在 Microsoft ホストを利用できない Server 2006 を統合します。 マイクロソフトの Host Integration Server 2009
修正プログラムが現在 Microsoft ホストを利用できない Integration Server 2009
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品のこの資料に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
この修正プログラムを適用すると、IP-DLC リンク サービスは、既定の UDP ソケットを使用するバッファー サイズは 32768 バイト (32 KB) が表示されます。 UDP ソケットを変更できる、次のレジストリ パラメーターを追加することによって、受信バッファー。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリ内の次のサブキーに移動します:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SNAIP1\Parameters\ExtraParameters
  3. ExtraParameters をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. SocketReceiveBufferSize を入力し、Enter キーを押します。
  5. SocketReceiveBufferSize をダブルクリックし、サイズ、ソケットの入力バッファーをバイト単位) を受信し、[OK] をクリックします。使用できる最小値は 8192 バイト (8 KB) です。 ソケットの受信の 8 KB の倍数でないバッファー値を入力すると、最も近い 8 KB に値が丸められます複数。

    メモDWORD 値を編集すると 基本 値当初 16 進数 に設定されています。したがって、値を追加する前に ベース10 進型 (Decimal) に変更することができます。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. 変更が有効になるまで IP-DLC リンク サービスを再起動する必要があります。これを行う最も簡単な方法は、SNA Server サービスまたは SnaBase サービスを再起動することです。これらのサービスを再起動現在 Host Integration Server に接続しているユーザーが切断されます。
高度なピア ツー ネットワーク ピア (APPN)、に関する高パフォーマンス ルーティング (HPR)、および RTP (高速転送プロトコル) 接続で APPN/HPR ネットワークについての詳細について 内部 APPN と HPR - 新しい SNA 一覧 (標準) ガイドを 次の IBM の Web サイトを参照してください。マイクロソフト テクニカル サポートを見つけられるように、サードパーティの連絡先情報を提供します。この連絡先の情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサードパーティの連絡先情報の正確性は保証されません。

メモRTP 接続および状態セグメント パラメーター RTP トランスポート ヘッダーの 内部 APPN と HPR - 新しい SNA [(標準ガイド の第 8 章で説明します。RTP 状態セグメントのデータが不足しているレポートのギャップをデータ ストリームで使用され、またデータを確認するために使用されます。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:970202 - 最終更新日: 02/04/2010 09:48:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Host Integration Server 2004 Enterprise Edition, Microsoft Host Integration Server 2004 Standard Edition, Microsoft Host Integration Server 2004 Service Pack 1, Microsoft Host Integration Server 2006 Enterprise Edition, Microsoft Host Integration Server 2006, Microsoft Host Integration Server 2009

  • kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB970202 KbMtja
フィードバック