FIX SQL Server 2005 でインデックス付きビュー上のインデックスの 1 つのパーティションを再構築しようとするとエラー メッセージ:"システム アサーション チェックが失敗しました。SQL Server のエラー ログの詳細を確認してください。"

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:970726
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server の 2005 年には、複数のパーティションが含まれているテーブルがあります。
  • このテーブルにインデックス付きのビューを作成します。
  • 1 つのパーティションのインデックス付きビュー上のインデックスを再構築しようとしています。たとえば、次のようなコマンドを実行します。
    ALTER INDEX <index name> on <indexed view> REBUILD PARTITION=<Partition Number>
このシナリオでは、次のアサーションが表示されます。
場所: xisort.cpp":305"
式:!(0 pvrPartition = =) | |(1 m_cFgidSort = =)
SPID: 60
プロセス ID: 2308年
メッセージ 3624、レベル 20、状態 1、行 1
システム アサーション チェックが失敗しました。SQL Server のエラー ログの詳細を確認してください。通常、アサーション エラーは、ソフトウェアのバグやデータの破損によって発生します。データベースの破損を確認するには、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。セットアップ中にダンプをマイクロソフトに送信することに同意する場合は、ミニ ダンプがマイクロソフトに送信されます。更新は、マイクロソフトの最新の Service Pack または QFE からのテクニカル サポートから利用可能な場合があります。
メッセージ 0、レベル 20、状態 0、行 0
重大なエラーには、現在のコマンドでが発生しました。場合は、結果を破棄しなければなりません。

この問題が発生すると、最小ダンプ ファイル、SQL Server ログ フォルダーで生成されます。さらに、次のエラー メッセージが SQL Server のエラー ログ ファイルに記録されます。
<date><time>spid65 エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1。</time></date>
<date><time>spid65 SQL Server のアサート: ファイル:<"xisort.cpp">、行 305 失敗したアサーション = = '! (0 pvrPartition = =) | |(1 m_cFgidSort = =)'。このエラーはタイミング関連にあります。ステートメントを再実行した後、エラーを解決できない場合は、DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造の整合性を確認するのにはまたは、インメモリ データ構造が破損していることを確認するのには、サーバーを再起動します。</"xisort.cpp"></time></date>
<date><time>spid65 エラー: 3624、レベル: 20、状態: 1。</time></date>
<date><time>spid65 システム アサーション チェックが失敗しました。SQL Server のエラー ログの詳細を確認してください。通常、アサーション エラーは、ソフトウェアのバグやデータの破損によって発生します。データベースの破損を確認するには、DBCC CHECKDB の実行を検討してください。セットアップ中にダンプをマイクロソフトに送信することに同意する場合は、ミニ ダンプがマイクロソフトに送信されます。更新は、マイクロソフトの最新の Service Pack または QFE からのテクニカル サポートから利用可能な場合があります。</time></date>
<date><time>spid53 'dbghelp.dll' バージョン '4.0.5' を使用します。</time></date>
<date><time>spid53 ** スレッド - spid をダンプ 53、PSS = 0x00000001AC205BF0、EC = 0x00000001AC205C00 =</time></date>
<date><time>spid53 *** C:\Program ただし SQL の Server\MSSQL.1\MSSQL\LOG\SQLDump0009.txt に送信されるスタック ダンプ</time></date>
<date><time>spid53 *<b00></b00></time></date>
*******************************************************************************
<date><time>spid53 *</time></date>
<date><time>spid53 * 開始スタックをダンプします。</time></date>
<date><time>spid53 * 09/04/18 10時 41分: 16 spid 53</time></date>
<date><time>spid53 *</time></date>
<date><time>spid53 * 場所:"xisort.cpp":305</time></date>
<date><time>spid53 * 式:!(0 pvrPartition = =) | |(1 m_cFgidSort = =)</time></date>
<date><time>spid53 * SPID: 53</time></date>
<date><time>spid53 * プロセス ID: 1488年</time></date>
<date><time>spid53 *</time></date>
<date><time>spid53 * 入力バッファー 228 バイト-</time></date>
<date><time>spid53 *<alter index="" statement=""></alter></time></date>
原因
サーバーがインデックスを再構築すると、オプティマイザーは内部的に一貫性のないプランを生成します。オプティマイザーは、ビューを再計算しようとすると、一貫性のないプランが生成されます。この現象は、「現象」に記載されている問題が発生します。
解決方法
この問題に対する修正は SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
972511 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 5
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。
回避策
この問題を回避するには、すべてのパーティションに対して reindex 操作を実行します。
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) での新機能および機能強化では、SQL Server 2005 SP3 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:970726 - 最終更新日: 01/15/2015 23:10:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition for Itanium Based Systems, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition for Itanium Based Systems

  • kbnosurvey kbarchive kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbqfe kbfix kbmt KB970726 KbMtja
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)